ルージュの手紙 (Sage femme)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_2326880.jpg
【あらすじ】 セーヌ川流れるパリ郊外に暮らす助産婦Claire (Catherine Frot)の元に、30年間姿を消していた血のつながらない義理の母Béatrice (Catherine Deneuve)から電話があり、「会いたい!」と言われる。Claireはずっと、大事な父を捨てた彼女のことを許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるClaireと自由奔放に人生を謳歌しているBéatrice 。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、Béatriceの古い秘密が明らかになることによって、失われた年月が埋まっていく。いつしかClaireはBéatriceの生き方に影響され、人生の扉を少しずつ開きはじめる。(作品の詳細はこちら


e0059574_23265967.jpg
e0059574_23264748.jpg
機内上映第5弾。実直で生真面目なClaireにFrot、人生を謳歌する自由奔放な義母Béatrice にDeneuveを配するなんて、これは適材適所の見本です。ストーリーや人間関係は全く違うが、『歓びのトスカーナ』で描かれた人のぬくもりに通じるものがあった。心を通わせることができる相手が、そばにいる。そして傷ついた心を癒してくれる。それが親子であろうと友人であろうと血の繋がらない母娘であろうと、支えがあるというのは、心強いパワーになるってもんです。


e0059574_23271246.jpg
e0059574_23272575.jpg
年齢を重ねたからこそできる会話がある。辛口のユーモアも、笑い流すことができる。一生許せないほど憎んでいたはずなのに、その感情がいつの間にか消滅する。そして母娘の関係をこえた、人間同士の絆が芽生えていくのだ。フランスを代表する女優の競演は、大袈裟にならず落ち着いていて期待通りでした。が、Claire付き合い始めたPaul Baron(Olivier Gourmet)の存在が中途半端で、ちょっぴりもやもやが残りました。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-09-20 23:27 | - Other film | Comments(0)

昼顔 (Belle de jour)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_1243496.jpg
【あらすじ】 Séverine(Catherine Deneuve)と若い外科医Pierre(Jean Sorel)は、仲の良い幸せそのものの若夫婦だ。しかし幼い頃、野卑な鉛管工に抱きすくめられたことのあるSeveineは、それがトラウマとなって不感症になり、Pierreとベッドを共にできない。が、その一方でしばしば、淫らな妄想に駆られる。
 ある時彼女は友人のRenee(Macha Méril)から、良家の夫人たちが、夫には内証で売春をしているという話を聞き、大きな衝撃を受ける。しかし意を決してその高級娼館を訪れたSéverineは、女主人Anais(Geneviève Page)から「昼顔」という源氏名をもらった。こうして貞淑な妻だった彼女は、昼間だけ娼婦として欲望に身をまかせるようになる。第28回ヴェネツィア国際映画祭で、金獅子賞を受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_1244990.jpg
e0059574_126592.png
e0059574_1271771.jpg
シャンシャンシャンシャンと鈴を鳴らした馬車が、夫婦を乗せて森の小径を走ってくる。執拗なこの音がサンタクロースを乗せたソリのようで、冒頭から大爆笑してしまった。そして真っ赤なコートを着たDeneuveがアップになる。ポーセリンのような肌に美しいブロンドの髪。清楚で気品に満ちた振る舞い。このとき23歳。彼女の美しさの前では、全てが色褪せる。何不自由なく大切に育てられ、殆どの男性にとっては高嶺の花のような存在。フランスのGrace Kellyだ。


e0059574_1272815.jpg
e0059574_1274142.jpg
しかしだからこそ、手の届かない女を、卑猥な言葉で蔑(さげす)んでみたい。縄で縛り上げムチを打ち付けて、悶(もだ)え苦しむ姿を見てみたい。というサディスティックな感情も芽生えてくる。貞淑な妻Séverineの淫らな妄想ということになっているが、実は若くて美しいDeneuveを、傷つけ痛めつけてみたいという監督の欲望が抑え切れず、映像化したんじゃないか?と勘繰ってしまう。女性も想像力に富んでいるから、色々と妄想するが、これは男性の目線で描かれた作品に違いない。とにかく、監督業って美味しすぎるわ、うふふっ。


e0059574_1275821.jpg
e0059574_128747.jpg
e0059574_1283254.jpg
e0059574_1285146.jpg
客としてくるのが、風変わりな男ばかり。美しく清楚なDeneuveだからこそ、変な男たちに弄(もてあそ)ばれるエピソードは、より官能的で男たちの妄想を膨らませるのにうってつけなのだ。現実と妄想の世界を行き来しているかのようにみえるが、実は最初から最後まで監督(=世の中の大部分の男性)の妄想だったのかもね。しかしDeneuveは、こんな役をよく引き受けたものです。脚本を何度か読むうちに、彼女の中に潜んでいたMな部分が刺激されて、演じてみたくなったのかしら?何だこりゃ?なシーンがてんこ盛りで、面白おかしく楽しめました。また当時流行ったサンローランの服を纏い、色々なヘアスタイルのDeneuveを堪能できたのも、目の保養になりました。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-09-18 01:29 | - Other film | Comments(2)

ドリーム (Hidden Figures)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (77点)

e0059574_2402418.jpg
【あらすじ】 1960年代の初め、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたアメリカは、国家の威信をかけて有人宇宙飛行計画に乗り出す。NASAのKatherine G. Johnson(Taraji P. Henson)、Dorothy Vaughan(Octavia Spencer)、Mary Jackson(Janelle Monáe)は、差別や偏見と闘いながら、宇宙飛行士John Glenn(Glen Powell)の地球周回軌道飛行を成功させるため奔走する。人種差別が横行していた1960年代初頭のアメリカで、初の有人宇宙飛行計画を陰で支えたNASAの黒人女性スタッフの知られざる功績を描く伝記ドラマ。(作品の詳細はこちら


e0059574_2403718.jpg
e0059574_2405391.jpg
e0059574_2413249.jpg
機内上映第4弾。久しぶりに見るKevin Costnerを楽しみにしていたんだけど、数字の天才Katherineや冷静沈着なDorothy Vaughan、そしてちょっぴりお転婆なMary、個性的な3人にすっかり魅せられ、作品にぐいぐい引き込まれた。差別や偏見に、どう立ち向かっていくのか?そこが見所だ。


e0059574_241237.jpg
e0059574_2415550.jpg
あまりにも理不尽な状況に、Katherineがたった一度だけ我を忘れて怒りを剥き出しにするシーンがある。が、瞬時にして取り戻す自制心や理性や冷静さには、数学の天才とか栄光あるNASAの職員とかいう肩書きなんぞ吹っ飛ばす、猛烈に強い説得力があった。Katherineは、まさに神対応をみせてくれた。正当であること、その表現の仕方がスマートでエレガントなのだ。人々が狼狽するのも無理はない。


e0059574_2421099.jpg
e0059574_2422076.jpg
e0059574_2423024.jpg
それにしても、どこをどうすると、『Hidden Figures』が『ドリーム』(邦題)になっちゃうんだろう?興行成績を優先する、耳に心地よい言葉に置き換えただけでは、この映画の真意は伝わりませんでしょ?


[PR]
# by amore_spacey | 2017-09-17 02:42 | - Other film | Comments(2)

マスター (Master/ Ma-seu-teo)

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (75点)


e0059574_0184534.jpg
【あらすじ】 金融投資会社の会長をつとめるJin(Lee Byung-hun)は華麗なテクニックで多額の投資金を集めて裏金を増やし、権力者たちに賄賂をばらまいてビジネスを拡大してきた。会長の悪行を追う知能犯罪捜査班のKim Jae Myung刑事(Gang Dong-won)は、Jinの側近である天才ハッカーPark Jang Goon(Kim Woo-bin)に司法取引を持ちかける。
 しかし裏切り者の存在を察知したJin会長は、大金を持って行方をくらませてしまった。1年後、Jin会長の遺体が海外で発見されたというニュースが報道されるが…。韓国犯罪史上最大規模の金融投資詐欺事件と言われる、実在の「チョ・ヒパル詐欺事件」を題材にしている。(作品の詳細はこちら


e0059574_0185537.jpg
e0059574_0191194.jpg
e0059574_0192685.jpg
機内上映第3弾。詐欺師に扮する白髪のビョン吉と彼の頭脳として活躍する天才ハッカーWoo-bin、そして彼ら2人を追うDong-won。とびっきり個性的な3人の華麗なる競演から、片時も目が離せませんでした。まずビョン吉の登場が、芝居がかっていて、まるで新興宗教の大集会に現れる教主だ。美しい彼に見とれ、彼の言葉に洗脳された庶民たちが、催眠術にかかったかのように挙(こぞ)って彼に投資する。Jinにしてみれば、笑いが止まらない。それが彼の狙いだから。

カッコイイだけの役者はもういい。今回のビョン吉は、悪に徹しております。詐欺師の強欲な嫌らしさや、傲慢な成金趣味を、隠そうともしない。この潔さは、成熟した役者魂でしょう。ええ、ビョン吉は悪役を演じると、水を得た魚のように生き生きしてくる。それほど濃い顔立ちではないのに、ど派手なファッションが憎らしいくらい似合う。衣装の下に隠れている、鍛え抜かれたナイス・バディの賜物だ。サングラスや携帯などの小物も、身体の一部のように馴染んでいる。彼のような詐欺師になら、騙されてもいいな。いえ、騙して下さい!しかし会長、やりすぎましたな。韓国でがっぽり巻き上げてマニラに高飛びし、今度はマニラ政府を相手に詐欺ですか。韓国内でやめておけばよかったんだよ。


e0059574_022016.jpg
e0059574_0194187.jpg
クールで冷静沈着な刑事。只者ではない。彼はJinの頭脳として働いている天才ハッカーに目をつける。彼をモグラにして、ワンネットワークのシステムを解明し、Jinが経営する投資会社や汚職にまみれた政財界を一網打尽にしようと画策するのだ。いいね、クールな彼もタイプです。


e0059574_02092.jpg
e0059574_0202396.jpg
主役3人の中では、2枚目半的な存在だったKim Woo-bin。好みの顔ではないが、ここぞと言うときに、ちゃんと決めてくれる頼もしいヤツだ。見応えのあるカーチェイスや銃撃戦あり、アップ・テンポでアクションも満載。妥当な結末で、もやもやが残らないのもいい。終わっても席に座って、エンドロールまでちゃんと観てね。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-09-15 00:23 | - Asian film | Comments(0)

タクシー・ドライバー (Taxi Driver)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_0134140.jpg
【あらすじ】 ベトナム帰りの元海兵隊員Travis Bickle(Robert De Niro)は夜のニューヨークをタクシーで流しながら、腐敗しきった世の中に苛立ちを感じていた。大統領候補の選挙事務所に勤めるBetsy(Cybill Shepherd)と親しくなるが、彼女をポルノ映画館に誘ったことで絶交されてしまう。Travisの不眠症はますますひどくなり、心は荒んでいく一方であった。そんな中、彼のタクシーに突如13歳の少女Iris(Jodie Foster)が逃げ込んできた。ヒモらしい男Sport(Harvey Keitel)が彼女を連れ戻す。やがて闇ルートから銃を手に入れ 、自己鍛錬を始めたTravisに、ひとつの計画が沸き上がった。第29回カンヌ国際映画祭で、Palme d'Orを受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_0135759.jpg
e0059574_0141048.jpg
e0059574_0142620.jpg
機内上映第2弾。ベトナム戦争によるトラウマから、重度の不眠症に陥り、社会に順応出来ずに、孤独や絶望に苦しんでいるTravisに、カチッとスイッチが入った。彼の中に芽生えた独りよがりで狂気に満ちた正義感は、もはや誰にも止めることができない。


e0059574_0143849.jpg
e0059574_0144876.jpg
自分の正義を貫き浄化作戦を完了したあと、Travisは何事もなかったかのように再びタクシーのハンドルを握る。そのシーンは冒頭に繋がり、負のスパイラルの中で回り続ける。出口が見えない、やりきれなさ。ひとときだけ英雄扱いされてチヤホヤされようが、彼の暮らしは変わらない。虚しさが残るだけ。


e0059574_0151987.jpg
e0059574_0153018.jpg
実はこの作品を初めて観た。そして暴力への厭世感や矛盾に満ちた現実への、やり切れなさや絶望。殺伐とした街や人間の心情を、ここまでクールに淡々と演じたDe NiroやMartin Scorsese監督の優れた演出に、大きく揺さぶられた。暴走するTravisを批判しながらも、ある部分で共感している自分にハッとした。13歳のJodei Fosterの妖艶な美しさが印象的。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-09-14 00:15 | - Other film | Comments(2)