2017年いい男に囲まれた暮らし Matt Damon その2

e0059574_18433550.jpg
わがやの家庭菜園では、夫(Matt)が栽培した大根や白菜やブロッコリーが、収穫真っ盛り。季節の野菜を育てるのが、とても上手い。農家の次男坊だから、当然なんだけどね。自分で育てたじゃがいもを食べる夫に、「うわぁ、共食いしてる!」なんて言っても、ニコニコ。


e0059574_18434678.jpg
役者になりたかった彼は、学生時代、俳優養成所に通っていた。けっきょく豆腐屋のオヤジになってしまったが、役者の夢が捨てきれず、この商店街の夏祭りや新年会の出し物には、嬉々として参加、脚本からキャスティングまで、彼が仕切っている。この間の新年会は、オネエ役だった。


e0059574_1844565.jpg
こういうノリが好きで、子どもたちが小さかった頃は、それぞれの友だちを呼んだ誕生日会に、自分で作った着ぐるみを着て、盛り上げてくれたものだった。


e0059574_18442172.jpg
次男が小学生の時、PTAの役員だった彼は、打ち上げの飲み会でヅラを被って、コントをやった。それが馬鹿ウケで、今でも飲み会の席に呼ばれる。

昨日のトランプ氏の大統領就任のパーティーでも、余興をやるはずだったが、時間切れで出られず、温厚なMattが珍しく切れて、まわりを凍りつかせてしまった。出たかったのよね、本業そちのけで、張り切って余興の練習をしてたから。2020年の東京オリンピックの開会式には、出られるといいね。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-01-21 18:47 | My talk | Comments(0)

シャーロック シーズン4 第3話 (Sherlock season4 episode3)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (83点)

e0059574_124419.jpg
【あらすじ】 Sherlock(Benedict Cumberbatch)は飛行中の飛行機に搭乗する少女から、「機長も乗員乗客も、みんなぐっすり眠って様子がおかしい。助けて欲しい」という電話を受け取った。一方Eurus(Sian Brooke)はドローンを使って、Baker StreetのSherlockのアパートを爆破。Eurusの仕業と気づいたSherlockやJohn(Martin Freeman)やMycroft(Mark Gatiss)は、Eurusを収容する厳重な警備が布かれた精神医学施設Sherrinfordに向かった。
  しかしそこで捕まった3人は、人間性を問われる恐ろしいゲームを、Eurusに突きつけられる。ゲームを続ける中で、Sherlockは封印していた過去の辛い記憶が蘇り、さらにその真実を知るのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_124359.jpg
うははーっ、80年代のアクション映画を思わせる、かなり派手な演出がウケました。Sherlockら3人が緊迫した空気に包まれているっていうのに、階下のHudson夫人(Una Stubbs)ったら、暢気に掃除機かけちゃってるし。


e0059574_1245770.jpg
あら、MycroftとEurusが繋がっていたなんて…。Mycroftに協力したEurusが、その見返りにJim Moriarty(Andrew Scott)と会わせて欲しいって、Mycroftは危険を百も承知で会わせたのかしら?いやいや、Eurusに操られたに違いありません。彼女は人の心を操る天才だもん。飛行機から電話をかけてきたのも、結局彼女だった。


e0059574_1251274.jpg
e0059574_126448.jpg
収容されていた彼女の部屋が、Hannibalの独房に似ていたんだけど、この手の施設ってこんなにスタイリッシュなの?プライバシー無視の構造ではあるけど(苦笑)

さて蓋を開けてみれば、Sherlockが可愛がっていた犬の赤ひげなどこの世には存在せず、実は彼の友だちのVictorだった。そのVictorの心をEurusが操作して、自分から?井戸に飛び込ませたらしい。だってVictorが邪魔だったんだもん。彼のせいでSherlockは、アタシと遊んでくれなかったのよ。アタシには友だちが1人もいなくて、とても寂しかったのに。嗚呼、人の心を操る能力を、ポジティブな方向に使えたらよかったのに。

ここでSherlockは、Eurusの寂しさにようやく気づく。壁の向こうとこっちで姉弟のヴァイオリン二重奏なんて、ちょっぴりジーンと来ました。シーズン1の頃に比べると人間的に成長したSherlockが、眩しくすら見えます。


e0059574_1262224.jpg
そんなSherlockがまたしても大暴れ。Molly(Louise Brealey)が入るはずの棺桶を、全力でバッキバキに叩き壊した。淡い友情を抱いていたとはいえ、Mollyを救うために嘘をつかざるをえなかったから。Mollyが真相を知ったら…。兎にも角にも、一途で健気な彼女が生きててくれてよかった。


e0059574_126496.jpg
e0059574_1265970.jpg
はい、そして毎度お騒がせのJim。緊迫した状況の中で、突然Queenのメロディー(←音が出ます!)にのって、ヘリコプターから登場(爆) 紅白歌合戦のノリ?彼ってば、カッコつけの目立ちたがり屋なんだから。Moriartyの大ファンだったので、もっと登場させて欲しかった。もう少しSherlockと絡ませたエピソードを観たかったなぁ。時計のチクタクや扇動する表情は、コメディレベルで笑えました。


e0059574_1271974.jpg
今のところこのシリーズは、これで終わりともシーズン5があるとも発表されていない。また2014年にBenedict Cumberbatchは、シーズン5までの出演契約にサインしている。(詳細はこちら) だからこれで終わりってことはないでしょう。単発でもいいので、面白いエピソードをぜひ作って下さい。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-01-18 01:38 | - TV series | Comments(0)

2017年いい男に囲まれた暮らし Matt Damon その1

このシリーズも恒例になってきましたが、今年のニューエントリーはMatt Damon。これから書くことは、全て妄想の世界です。

e0059574_361747.jpg
Mattと出会ったのは、真夏のある暑い土曜日。当時大学生だった私は、冷奴が食べたくて近所の豆腐屋に行った。そしたらバイトしていた彼が、器用な手つきで豆腐をすくい出し、容器に入れてくれたっけ。味が濃くておいしかったなぁ。豆腐が取り持つ縁でお互いに一目惚れ、出会って3ヶ月でスピード結婚した。あれから25年が経ち、私たちには4人の子がいる。


e0059574_363752.jpg
小4の4男。末っ子というのもあるけれど、いつも笑顔で本当に気立てが良く、みんなに可愛がられる。パパの手伝いも進んでやってくれるので、豆腐屋を継いでくれるのは、ひょっとしたらこの子かしら?


e0059574_364966.jpg
中2の3男。最近彼女が出来たらしく、洗面所にいる時間がやたら長い。家族が6人もいるんだから、朝のバタバタしている時ぐらい、気をきかせてチャチャッと済ませてくれればいいのに。そのうち彼女を連れてきてよ。かあさん、会ってみたいから。


e0059574_37458.jpg
高校3年の次男。友だちと組んだバンドでは、ベースを担当している。受験勉強そっちのけで、バンドとバイトばかりやってるから、浪人確定ね。


e0059574_371525.jpg
去年大学を卒業した長男。4人の子どもたちの中では、彼の顔立ちが一番夫に似ていると思うが…。豆腐屋を継ぐ気はさらさらなくて、結局大学院に進んだ。いまどき大学院を出ても、仕事が見つかるかどうか? 本当は彼に家業を継いで欲しいんですけどねェ。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-01-16 03:14 | My talk | Comments(2)

シャーロック シーズン4 第2話 (Sherlock season4 episode2)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_1363678.jpg
【あらすじ】 Sherlock(Benedict Cumberbatch)は、Faithという女性から実業家の父Culverton Smith(Toby Jones)の調査を依頼された。父親が誰か殺そうとしているのは確かだが、彼女は記憶を消す麻薬の入った点滴をされ、細かい部分をはっきり思い出せないという。一方妻Mary (Amanda Abbington)を亡くしたJohn Watson(Martin Freeman)は、そのショックと悲しみから立ち直ることができず、セラピストの元に通っていた。(作品の詳細はこちら))


e0059574_137550.jpg
口を開けばCerealにかけてSerial killerだの、Sherlockの死ぬ瞬間が見たいだの、博愛主義者と言いつつ子どもたちの前でどす黒い発言をへらへら続けるCulvertonの狂いっぷりが半端なくて、超イライラ。一時はどうなることかと思ったが、崖っぷちのところでSherlockが仕留めてくれてよかった。


e0059574_1374297.jpg
今回は重大な事実が明らかに!第1話の最後にJohnがバスの中で、「偶然」出会った女性Elizabeth(Sian Brooke)が、何とJohnのセラピストでありCulvertonの娘Faithもなりすまし、実はMycroft の妹でありSherlockの姉になるEurosだった。


e0059574_1375841.jpg
前回あっという間に退場したMaryだけど、実は彼女のことがホントに苦手。もう少し若くてスリムなタイプが、Johnの奥さんのイメージとしてあったから、どこかのおばさんがいきなり土足で家の中に上がり込んで来たような雰囲気が、どうにも受け入れられなかった。なのにまたしつこく登場して、もういい加減にして欲しい!と思ったら、仲違(たが)いしていたSherlockとJohnの仲直りに一役買った重要な役で、今回は平穏な気持ちで観ることができた。


e0059574_1381066.jpg
SherlockとJohnの仲直りに一役買うと言えば、肝っ玉かーさん的なHudson夫人(Una Stubbs)のことも忘れちゃいけません。Sherlockの手からピストルを奪うためにわざと紅茶(コーヒー?)の入ったカップを落としてみたり、F1レーサーも凍りつく運転で乗りつけた、真っ赤な愛車のトランクにSherlockを詰め込んでみたり…。2人にとって彼女は、お母さんのような叔母のような存在。こんなに気にかけてくれる人って、そんなにいませんから。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-01-12 01:40 | - TV series | Comments(0)

若者のすべて (Rocco e I suoi fratelli)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_024973.jpg
【あらすじ】 父を失い南部で貧窮にあえいでいたParondi一家は、北部の大都市ミラノに出稼ぎに来ていた長兄Vincenzo(Spiros Focás)を頼って、老いた母Rosaria(Katina Paxinou)と兄弟4人が一縷の望みを繋いでやって来る。
  しかし田舎者の彼らに都会の風は冷たかった。ボクサーとして頭角をあらわしはじめた次男のSimone(Renato Salvatori)は娼婦Nadia(Annie Girardot)にのめり込むが、実は彼女が弟のRocco(Alain Delon)に思いを寄せていると知った瞬間から、この兄弟や一家の運命の歯車はさらに狂い始める。(作品の詳細はこちら


e0059574_0242980.jpg
e0059574_024445.jpg
この作品については以前にも書きましたが、久しぶりに観直した今、もう少し立ち入って書いてみたくなりました。何回も言いますが、Alain Delonが神懸り的な美しさで、ため息が出ます。どう表現していいのか、適切な言葉が見つかりません。彼が出てくると画面に釘付けで、他のものが全く目に入ってこない。初めてこの作品を観た時には、ストーリーそっちのけで、彼ばかり観ていました。


e0059574_025993.jpg
e0059574_0245662.jpg
e0059574_0252484.jpg
e0059574_0315765.jpg
そこへSimoneが出てくると、もういけませんねぇ。どす黒い感情に包まれ、心がざわざわして、とても嫌な気持ちになる。人間のクズのような兄を、Roccoはなぜあそこまでかばい続けたのでしょうか?Roccoは純真無垢で、心優しく繊細な青年だが、兄にあんな目に遭わされながら、一度としてその悔しさや憎しみをぶつけられなかったのは、Roccoの中の何かが強く引き止めていたからに違いない。ここで一線をこえたら、兄も家族もダメになってしまう。だから自分が犠牲になって我慢すればいい。そんなRoccoも、「家族の基礎を築くためには、生贄が必要なんだ」とつい本音をもらす。しかし皮肉なことに、Roccoの優しさが兄をさらに堕落させ、破滅に導いてしまうのです。


e0059574_1154848.jpg
e0059574_116150.jpg
一家が崩壊した原因は、貧困やイタリア南北の経済格差や文化の違いや、時代の流れに乗り切れなかったばかりでなく、病的なまでに息子たちに執着し溺愛するだけで、一人前の人間に育てようとしない母親にもある。自己中心的な母親と息子たちの間に築かれた、常軌を逸脱した歪んだ家族の絆が、崩壊を加速させた。この作品を日本で観た時には、家族のあり方や母親の姿が、大袈裟過ぎるんじゃないか?と思ったが、こちらに暮らすようになり・・・うーむ、多少の差はあれど、あれは今も続く歴然とした現実の姿だったのか、と納得すると同時に、「このままでいいの? イタリア!!!」と、もどかしく思うのでした。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-01-09 02:20 | Alain Delon | Comments(0)