Un giorno perfetto (完璧な一日)

私のやりきれなさ度 ★★★★☆(98点)

ネタばれありありあり。

e0059574_22281451.jpg
夫が元妻やその両親や子どもたちを殺したあと自殺。元妻への腹いせに子どもたちを殺す。妻が元夫の新しい伴侶を殺す。鬱気味の母親が赤子を殺す。金欲しさに孫が祖父母を殺す…。家族内での血生臭い事件はあとを絶たない。この作品は別居した一家族のある一日を軸に、交差したさまざまな人間のエピソードが、美しくも虚しいローマの風景の中で展開する。Andrea Guerraの音楽が、家族や人間の悲哀を否応なく高めていく。



e0059574_22283458.jpg
Emma(Isabella Ferrari)は夫Antonio(Valerio Mastandrea)と別れて、母(Stefania Sandrelli)と小学生のKevinと中学生のCamillaと一緒に暮している。普段は少々気弱で優しいAntonioは妻と寄りを戻したいが、頑として聞き入れない妻に逆上し、暴力亭主と豹変する。その執拗さはストーカー的で、Emmaの心をますます凍りつかせるのだ。飄々としていつも曖昧な世界に生きているようなValerio Mastandreaが、元夫Antonioを好演。Saturno contro (対角に土星)にも登場した味のあるSerra Yilmazが、ジェラテリアの店主としてちらっと出てくる。同郷のよしみということで、Ozpetekごひいきの役者なのだろう。

多くの人物が脈絡なく登場するので、人間関係がなかなかつかめない。Antonioが警備する政治家(Valerio Binasco)、その政治家と若い美しい妻(Nicole Grimaudo)、政治家の息子(Federico Costantini)の生活、Emmaの職場、小学生Kevinの学校生活、中学生Camillaの初恋など、この家族を取り巻く人物が徐々に浮き彫りになって来たところで、はっと気づく。世間は狭いと言うが、この作品を見れば、なるほど!本当にそうである。誰かとどこかで細く繋がっている、すれ違っている、言葉を交わしている。そして…  完璧な一日、どころか最悪の一日が間もなく終わろうとするその夜。「パパ、どうして?」 娘の絶叫のあとに続く銃声。クモの糸のように細く危うい家族の繋がりを、Antonioはバッサリ断ち切った。心臓を錐で突かれたような衝撃と激痛が走る。やるせない。ずずーんと撃沈。



e0059574_0471348.jpg
1つだけ救いがあるとすれば…、政治家の息子を演じたFederico Costantiniの超甘い&クールな存在かしら、ぐふふっ(*^^*) まだ20歳なのか、若けぇな。このまま安っぽいB級ソープオペラ路線に走らないことを祈ります。

製作国:Italy
初公開年:2008年
監督:Ferzan Ozpetek
音楽:Andrea Guerra
キャスト:Isabella Ferrari, Valerio Mastandrea, Valerio Binasco, Monica Guerritore, Nicole Grimaudo, Federico Costantini, Angela Finocchiaro, Stefania Sandrelli, Serra Yilmaz ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-07-30 00:11 | - Italian film | Comments(2)
Commented by 松たけ子 at 2009-07-31 20:39 x
Buona sera!またまたお邪魔します♪

すんごく衝撃的そうな映画ですね!み、観たい!
日本だけじゃなく、人間関係や金銭関係のもつれで陰惨な事件が後を絶たない世界。つながるなら、優しく幸せな糸でつながりたいですよね。
Federico Costantiniに、my イケメンレーダーがビビビ!カッコカワイいですね~!20歳か~ほんと若ぇな。かつての伊映画の定番、青い性系の映画なら、ぜひ出演してほしいかも♪今後も、彼の情報よろしくお願いします!
Commented by amore_spacey at 2009-08-01 21:51
☆ 松たけ子さんへ。
タイトルだけ読んだら、最高にいい一日!な気がするし、ポスターを見ても
何だか幸せそうな家族に見えるじゃないですか~。それなのに、それなのに、、、
ガツンとやられました。思いっきりネタばれでごめんなさい!
暗いムードが流れているからよけいに、Federico Costantiniくんの
初々しさが映えました。これからもイケメン青田刈りに精進しますので
見守っていて下さいね(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 子ぎつねヘレン 西の魔女が死んだ >>