Maledetto il giorno che t'ho incontrato

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_1721309.jpg
Bernardo Arbusti(Carlo Verdone)は鬱気味のロック音楽評論家でJimi Hendrixをこよなく愛している。Camilla Landolfi(Margherita Buy)は精神不安定な駆け出し舞台女優。2人は同じ精神分析医のところで偶然出会ったことが縁で顔見知りになり、同じ船に乗った物同士としての友情を育んでいく。大喧嘩して別れた何年かのち、2人はロンドンでパッタリ再会。この2人の行方はどうなる?



e0059574_17221292.jpg
15年前イタリアに来たばかりの頃に初めて見た時には、機関銃のごとく話す2人の会話がよく分からなかったが、見直してみると彼らの滑稽さが伝わりより面白かった。陽気で楽天的なイタリア人、というイメージが強いけれど、こういう人たちが私のまわりにもいるんです。健康そのものなのに病院のはしごをする人、家庭の救急箱に薬と言う薬をずらりと揃えている人、閉所恐怖症、高所恐怖症…。そんな人たちをほんの少々デフォルメしたのがこの作品ですね。

成熟した大人の女に見えるMargherita Buyが切れると、怖~い!!!喋り始めると止まらないし。誰か彼女を黙らせてくれー。しっちゃかめっちゃかな中に、ふっとローマの夜のシーン、いいですなぁ。あんな素敵なところでデートしたら、ブチャイクな男(自分のことは棚に…)と一緒にいても、それなりに楽しめちゃいそう?!当時はまだまだCarlo Verdoneの頭髪もふっさふさ(^^)

製作国:Italy
初公開年:1992年
監督:Carlo Verdone
キャスト:Carlo Verdone, Margherita Buy, Elisabetta Pozzi, Giancarlo Dettori, Stefania Casini, Erika Blanc, Andrea Renzi ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-08-27 17:23 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Diario di uno s... Fringe (フリンジ) >>