Diario di uno scandalo (あるスキャンダルの覚え書き)

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_2355795.jpg
ロンドン郊外の中等学校で歴史を教える孤独な初老の女教師Barbara Covett(Judi Dench)と、赴任してきたばかりの家庭を持つ美人教師Sheba Hart(Cate Blanchett)が育んでいた友情が、ある出来事により徐々に崩壊していく。



e0059574_23553283.jpg
Barbaraは社会から孤立している初老の独身女性。唯一の楽しみであり心の支えとなっているのは、心惹かれる女性を見つけると、そっと近づいては友情を築き、その一部始終を日記に書き留めることと、飼っている一匹の猫。メイクや髪型で女は変わると言うが、Judi Denchの守備範囲は広すぎてカメレオンです。あんな嫌な女になるなんて、めっちゃショック。表情の豹変振りも凄い。ってか、怖い。少しずつ壊れていく様子が、手にとるように分かるんですもの。人間って些細なことで、よくも悪くもなれるもんだけど、あれは、かなり怖い。

家事も育児も仕事も完璧な上に超美人なSheba。ところが、ちょっと掘り下げると、誰しも色んなことがあるわけです。旦那Richard Hart(Bill Nighy)はじーさんと見間違えるくらい歳とってるし、2人の子どもの1人はダウン症。クールで悩みなんかこれっぽちもありませんの、に見える彼女の精神状態は、いつもギリギリの崖っぷちのところで、なんとか踏み留まっているのだ。そんなところへ15歳の青いツバメAndrew Simpson(Steven Connolly)が迷い込めば、生々しいことになってしまうんです。それが悲劇の始まり。

Cate Blanchettは相変わらず美しい。Nicole Kidomanがほんのりピンク色を帯びた陶磁器だとすれば、Cateは青味がかった陶磁器でしょうか?彼女もメイクと演技で、聖女も悪女もできちゃう女優ですね。この作品はベテラン女優2人の独壇場でした。『ラブ・アクチュアリー』でぶっ飛んだキャラを演じた(もしかして、地?)Bill Nighyが、夫役で脇をしっかり固めている。彼がいるとなぜか安心できます。でも彼っていつも何かしら動いてるような気がする。じっとできない体質なのかしら?



e0059574_23555774.jpg
Andrew Simpson、ううぅ、キモイ。あんなタイプの男子生徒がいいの?若けりゃいいってもんじゃないと思うんだけど。それほどShebaの心は、危うい常態だったンですかね。まともだったら、あんなガキの言いなりにはならんでしょ?

製作国:USA
初公開年:2006年
監督:Richard Eyre
キャスト:Judi Dench, Cate Blanchett, Tom Georgeson, Andrew Simpson, Bill Nighy, Juno Temple ...


[PR]
by amore_spacey | 2009-08-28 00:00 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Morte a Venezia... Maledetto il gi... >>