Il Gattopardo (山猫)

私のAlain Delonお気に入り度 ★★★★☆(99点)

e0059574_1504167.jpg
イタリア統一戦争の時代に、没落する貴族と新しい時代へ向かう若者の姿を描いた一大叙事詩。統一戦争に揺れるイタリア。シチリア島に暮らす山猫の紋章の名門貴族Prince Don Fabrizio Salina公爵(Burt Lancaster)は、新時代の幕開けを前に輝かしい未来を甥のTancredi(Alain Delon)とその平民の娘でありながら非常に気品のある婚約者のAngelica(Claudia Cardinale)に託すべく、身分の違う2人の婚約を認めるが…。



e0059574_151795.jpg
この映画が忘れられない理由はただ1つ。187分という長編にも拘らず、美貌のAlain Delonを見たくて、入れ替え制の岩波ホールで10回以上観たから。舞踏会のシーンではリアリズムに拘るVisconti監督が、毎朝サンレモから大量の生花を送らせ、酷暑のシチリアロケでは出演者の誰もがあの暑さとホコリに喘いだという。

マッチョでいささか粗野な前歴とは裏腹に、Burt Lancasterが由緒ある名門貴族の頭首として、圧倒的な存在感を屹立させていたのには驚いた。下品なほどの若さや美しさをもつAngelicaの、動物的な魅力に引かれていくSalina公爵が、完全には枯れていない男としての残り火を感じつつ、しかしこれから冬が訪れるように確かに老いがやってくることを、痛いほどに理解している公爵の姿を描き出した監督の手腕と、それに応えたBurt Lancasterの演技はもうお見事としかいいようがない。どさくさに紛れて愛人のもとに通う公爵には、人間味溢れた一人の男として好感が持てるのだわぁ(*^^*)



e0059574_1512778.jpg
華やかな舞踏会が終わった後、公爵は一人でふらりと会場を後にする。滅びゆくものの悲しみとも当主としての勤めを全うした充足感ともつかない、複雑で大きくうねる感情。そして自分にひっそり忍び寄る重く荘厳な死の影が、動かし難い説得力をもって観るものの胸に迫る。豪華絢爛たる世界とその落日終焉。その一方でAngelica&Tancrediという新しい世代のカップルに、一族の存続を託し未来への希望をつなげようとする。悲しみだけではないのだ。

若い頃のAlain Delonは、本当に美しく格好良かった!ちょい役で出ているTerence HillやGiuliano Gemmaも若い。しかし現在の3人を比べてみると、Giuliano Gemmaが一番きれいに歳を重ねている。Alain Delonは往年の美貌がウソのように老醜が激しく、ますます頑固になってきて、ロケ地やスタジオのスタッフとよく揉めるらしい。うぅぅ。

製作国:Italy, U.S.A.
初公開年:1963年
監督:Luchino Visconti
原作:Giuseppe Tomasi Di Lampedusa
キャスト:Burt Lancaster, Claudia Cardinale, Alain Delon, Paolo Stoppa, Rina Morelli, Terence Hill, Giuliano Gemma, Ottavia Piccolo ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-09-22 01:51 | Alain Delon | Comments(6)
Commented by ymomen at 2009-09-22 10:15
こういうのがいかにもヴィスコンティらしい作品だという観念がありました
アラン・ドロンって、わたしはちっとも魅力的だと思ったことがないのですが、自分が歳をとってからその魅力がわかるという場合もありますね
わたしにとってそのひとは、マルチェロ・マストヤニです
アラン・ドロン、いまどんな老人になったのでしょう・・・
Googleしてみます
Commented by マダムS at 2009-09-22 10:20 x
えーっ!! 10回も御覧になったんですかっ!
しかも、あの岩波ホールで・・。 す、すごすぎます。。

確かにこの頃の(20代)ドロン様は美しいですよね~ヴィスコンティはやはり美男好きですよね(ーー;) 私は30代になってから(冒険者たちぐらいの時)のドロンが好きでした。
うーむ、「山猫」はあもーれさんの記事を読ませていただいて、これはやっぱりリベンジしないといけない作品だとつくづく思います。 今度家でゆっくり再鑑賞しますね。 来年あたり、シチリアへ行きたいと思っているんですヨ(^^) 最近「ゴッド・ファーザー」の3作入りBOX購入して、益々気持ちを募らせておりまする。。
Commented by s_fiorenzo at 2009-09-22 23:12
これは本当に俳優、セットから小物にいたるまで豪華な映画ですよね~
アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレの美しさ、バート・ランカスターの重厚さ、ストーリーが退屈(笑)でも大好きな映画です。
DVDも買ったし、デジタルリマスター版を劇場でやった時も観にいきました。
大画面で観ると映画ならではの画像が映えるというか、10回観にいくのもわかります。
Commented by amore_spacey at 2009-09-23 01:58
☆ もめんさんへ。
私もこれがVisconti監督作品の鑑賞第一号だったので、これが
Viscontワールド!と刻印されたので、『若者のすべて』や『ベリッシマ』の
ようなネオ・レアリズモの色合いが強い作品には、最初の頃は違和感が
ありました。今何回か観ると、どちらも好きですが、より身近に感じるのは
やはり庶民の生活を描いた作品ですね。
Mastroianniもいいですね。母はAlain DelonとMastroianniのファン
なんですョ。
Commented by amore_spacey at 2009-09-23 02:02
☆ マダムSさんへ。
3回めまでは友人が付き合ってくれましたが、それ以上は無理だ!と
4回目からは一人で行きました。そうそう、ちょうどAlainがダーバンのCMで
日本のお茶の間に登場した70~80年代の頃の彼は、俳優としての
キャリアを積み、男としての脂がのって、ぴっかぴかに光ってましたね。
ファンレターを書いたら、大きなポスターと一緒に返事が来ました(*^^*)
『シシリアン』や『ボルサリーノ』を観ていないので、これらは今後の課題です。

わぁ、私もシチリア島に行きたくて行きたくて仕方がないんです。
来年はあちらで待ち合わせして、オフ会しませんか~?って、結構コレ
本気だったりしますョ。前回のイタリア旅行では素通りでしたもんねぇ。
Commented by amore_spacey at 2009-09-23 02:04
☆ ACCOさんへ。
でもやっぱり1入れ替え制のホールで10回も観るのはアホですね、苦笑。
当時はAlainばかり観ていたので、細かいところまでよく覚えていなかった
のだけれど、今じっくり観直してみると(しかし長編ですなぁ)
Burt Lancasterの渋さにドキドキ(*^^*) どーもワタクシはおじさま好みの
ようデス。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Gruppo di famig... Il diavolo vest... >>