Cuore cattivo

Kim様の人質になりたい度 ★★★★☆(90点)

窃盗の前科がある覚せい剤中毒のClaudio(Kim Rossi Stuart)は、タバコ屋の殺人容疑で警察に追われる。逃げ込んだ先には、交通事故で下半身麻痺になったEsther(Cecilia Genovesi)がいた。彼女を人質にして立てこもるClaudioの弁護士か刑事裁判官に会わせろ!という要求に、Commissario(Massimo Ghini)は対応するが、一向に進展しなかった。

そうこうするうちに事件を嗅ぎつけたTV局が集まってくる。近所の連中もベランダや庭や通りから野次馬。覚せい剤による幻覚と8月の暑さにむしゃくしゃして、車椅子のEstherに当たりまくるClaudioに、彼女はあることを提案する。Salvadori(Massimo Wertmüller)というTV界でも有名なジャーナリストとカメラマンをここに呼び、一問一答という形で本音を語るClaudioの姿を実況放送すれば、世間への心象がよくなり刑が軽くなるのではないかと。彼女の提案は実行に移され、状況は好転するかに見えたが…。



e0059574_0141731.jpg
クスッと笑えるイタリアならでは?のシーンを盛り込みながら、小気味のよいテンポで話が展開する。どーしちゃったんですか、Kim様ァ?ガラが悪過ぎですぜ!!! 若い頃ユスリをやってましたァ?なくらい板についていたわぁ(爆) 長身&手足が長いからちょっとしたリアクションが大きく見える。こんなに五月蝿いKim様を見るのは初めて。最初から最後まで怒鳴り散らしてたからねぇ。「黙らっしゃい!」耳をふさぎたくなる。Estherの髪をつかんでぶん回したり平手打ち食らわせたり、車椅子に蹴りを入れたり白い粉を吸ったり…、まぁ忙しいこと。あれだけ野獣のように吠えまくって、声帯やられなかったのかな?

それに追い討ちをかけるようにKim様の口から出てくるのが、濃厚なローマ訛りで、激高した時には何喋ってるんだか?字幕をつけてくれよぉ。『野良犬たちの掟』もそうだった。Totti王子が出したBarzelletteの本で、ローマ訛りを多少は勉強したんだけど、機関銃のような速さになると、もうお手上げ。
'Namo? (=Andiamo? 行くか?)
'Ndo sti? (=Dove sei? どこにいる?)
Aho', Ste! Cia'i rotti cojoni!
(=Stefano! Ci hai rotti cogli*ni! ステファノ、お前ってうざいぜ。)これ、イタリア語じゃないよぉ。
Estherの家の中をぶんぶん飛び回っていたあの一匹の蝿は、まさしくClaudioそのものだった。それに気付いた彼は、一度はガラスのコップの中に閉じ込めるが、また逃がしてやる。Claudioの中にある純粋で汚れのない部分とEstherの頑なで孤独な部分を双方が感じ取り、容疑者vs人質という立場ながら、ほんのひと時心を通わせるのだ。「お前って可愛いヤツだよ」な感じで、Estherの鼻を指でつまんだあと軽くウィンクするKim様に、萌え~~~(*^^*) かと思えば、駆けつけた刑事裁判官!!! コイツは全く空気が読めないヤツなんだ。てやんでぇな雰囲気の中、天皇陛下に話しかけるようなバカ丁寧な喋り方でKim様に呼びかけるってあるかい?警察連中が引いてたじゃないか。国民の税金を無駄遣いするこういうヤツらを、真っ先にバッサリ切り捨てて欲しい。と、今日は鼻息荒いレビューになりますた…(汗)

製作国:Italy
初公開年:1995年
監督:Umberto Marino
キャスト:Kim Rossi Stuart, Cecilia Genovesi, Massimo Ghini, Massimo Wertmüller, Ludovica Modugno, Clarita Gatto, Valerio Mastandrea ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-09-26 00:14 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Senza pelle (アパ... 食事のシーン ベスト3 >>