ロングバケーション

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)
竹野内豊を見直した度 ★★★★☆(87点)

e0059574_123411.jpg
結婚式当日に男に逃げられた強気な葉山南(山口智子)と、男のルームメイトでシャイな心をもつ冴えないピアニスト瀬名秀俊(木村拓哉)の奇妙な同居生活を描いたラブコメディ。当初、南と瀬名は別々な人を好きになるが、次第に互いの気持ちに気づき始める…。



e0059574_1271412.jpg
キムタクも松たか子も『HERO』の頃に比べると若いな。若いと言えば広末涼子!ひーーっ、幼ぇーっ★ 山口智子はウザかった。女が白無垢着て走る姿って怖いね。最近は20~30代の男子もクッションを抱っこするものなのかー?かなり気になりました。

これを観ていた時に来ていた娘の友だちに、キムタクと竹野内と豊原功補の中で好きなタイプは?と聞いてみたら、キムタク1名に竹野内が5名。「キムタクは猿、豊原は論外」と言うことらしい、苦笑。因みに13歳の彼女たちが夢中になっているのは、『ニュー・ムーン』のRobert PattinsonやTaylor Lautnerや『ハイスクール・ミュージカル』のZac Efronだったりする。う~ん、アタシは3人まとめて苦手。
 
『あの空をおぼえている』の竹野内は演技が最悪だった。うちのハムスターのほうが何倍もマシと思ったけれど、ロンバケの彼、いいじゃーん。彼はシリアスな役よりアウトローが絶対にはまり役だと思う。私がキャスティング・ディレクターだったら、高校中退した売れないロッカーとか、水商売を渡り歩く男とか、結婚詐欺師とか、ちょっぴり胡散臭い役に起用するんだけど。あ、妄想入ってマス(^^;)

稲森いずみがV字にした両手の中に顔を入れて言う「ももちゃん、でーす」が娘のツボにハマッて、真似してます(汗) 小意地の悪い女が定着しつつあったけれど、今回の彼女はJoan Cusack的なキャラで和みました(^^)



e0059574_12429100.jpg
トレンディードラマで必ず登場するのが、主人公たち行きつけの店。『のだめ』の中華料理屋「裏軒」や『HERO』のバー「St.George's Tavern」や『ロンバケ』の中華そば屋「萬金」…、なんだかいいんだよね。出来立ての中華そばがテーブルにぽんと置かれた瞬間、一緒に観ていた家人たちと、「うぉーーっ、喰いてぇよぉ」って、のたうち回りますた。

製作国:Japan
初公開年:1996年
監督:永山耕三, 鈴木雅之
キャスト:木村拓哉, 山口智子, 竹野内豊, 松たか子, 稲森いずみ, りょう, 広末涼子, 豊原功補, 小林すすむ, 森本レオ, 津嘉山正種 ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-11-26 01:30 | - Japanese film | Comments(8)
Commented by マダムS at 2009-11-26 10:35 x
ロンバケ、今?再放送してますね(あ、終わったかな?)
私の好きな竹野内クンの名が出たので寄らせて頂きますっ(笑)
彼はおっしゃる通り、アウトローの方が似合いますね。 一時期姿が見えないと思ってたら、最近また結構露出度高まってきてます。 TVでは刑事役だった『BOSS』、今は『不毛地帯』 などなど。。 映画は『さまよう刃』。 私が一番気に入ってるのが何年か前に放送されたTVドラマ版の『人間の証明』での一匹狼の刑事役。 そう、松田優作が映画版で演じた役です~。 私はこのTV版の方が好き。 あもーれさんの苦手な3人は私もどーも苦手です(^^;)
なーんて、一人で語ちゃってスイマセン!
Commented by s_fiorenzo at 2009-11-26 17:32
おおっ!萬金!!
この番組を放送していた頃、勤めていた会社が萬金のそばにあったんですよ~。
安くてボリュームたっぷりだからそうでなくても並ぶ店だったのに、ドラマのせいで全然入れない店になってしまったのを思い出します。
懐かしいなぁ~
Commented by 小夏 at 2009-11-26 19:51 x
うっわっ!すごい偶然!これ、うちの方で一昨日から再放送されてるんですよ。
んで、律儀に録画して毎日見てるんですけど、当時は山口智子にめちゃくちゃ共感して見ていたはずなのに、十ウン年経って改めて見たら確かにウザイんですよねぇ。
こんな図々しい女、フツーの男は惚れないだろ、と冷静に思ってしまった・・
それだけ自分も年取ったのかな。(^^;

竹野内クンは、良くも悪くも俳優としての方向性が今ひとつ定まってない気がするんですよね。それだけいろんな役にチャレンジできるとも言えるけど、最近の彼の出演作とか見てもイマイチ作品に恵まれてないし、なんか勿体ないんですよね。もっと大きなフィールドで活躍できる人だと思うんだけどなぁ。
Commented by kchan0221 at 2009-11-26 22:04
こんにちは。
あらー70点でしたか!(笑)
とはいえ、竹野内さまへの高評価、ありがとうございまーす。:D
若かりし頃の竹野内さまは、ああいうかんじの役の時の方が生き生きと
してましたねぇ。
あ、最近はね、結構シリアスな役をやっても素敵なんですよ。なーんて。
ところで、HEROのスペシャルは見つかりましたか?
2006年の夏に初めて放送されて、その後何回か再放送されているみたいですー。
(うちにある録画したDVDあさってたら出てきました。^^;)
Commented by amore_spacey at 2009-11-27 00:58
☆ マダムSさんへ。
竹野内豊に反応して下さってとっても嬉しいですぅ(^^) だって『あの空をおぼえている』ではあまりにもイイ人すぎて、平凡すぎるというのか、演技の余地がなかったのかもしれませんが、わたし的にあまりにも酷かったので、毒吐きながら観ていたんですョ。何とかならんのかーって。それが『ロンバケ』では、同一人物か?と思うほど生き生きしていた。ってか、こっちの作品のほうが古いんですよねぇ。そーですか、また最近あちこちで活躍してるんですね。また作品を探して観てみま~す(^^)
Commented by amore_spacey at 2009-11-27 01:01
☆ ACCOさんへ。
うわっ、萬金が勤め先の近くだなんて、メッチャリアルな話になってきましたぁ(^^) だって私にとってはTVの世界を通じて見る中華そば屋なんだもん。あれは外観だけロケしたのかしら?中はスタジオ?ま、いいんだけど、「この椅子にキムタクが座ったんですよぉ」「松たか子さんが座った椅子に腰掛けるなら、通常の中華そば+1000円」な~んてね(^^) 
Commented by amore_spacey at 2009-11-27 01:06
☆ 小夏さんへ。
13年前のTVドラマがまた再放送って凄いですね。人気の度合いが分かります。リアルタイムで観ていたら山口智子扮する南への感情移入は今よりずっと簡単にできたと思うのですが、ワタクシも歳とったから、あの反応がちょっぴり鬱陶しく感じました。ふっと現実に戻ったときの冷静な南は可愛いですよね。

竹野内っていつ頃だったか?あちこちで名前を見た時期があるんだけど、今も自分の路線を暗中模索なのかしら?ルックスにもキャラクターにも恵まれているのに、このまま終わっちゃうんじゃ勿体無い役者さんですよね。ここは私が一肌脱いで、彼のために一本作品を撮りますか~(爆)
Commented by amore_spacey at 2009-11-27 01:10
☆ kchanさんへ。
多分今の私が求めているのは、こういうロマンス路線ではなくて、『のだめ』や『HERO』のような、どっちかと言うとおバカ路線なんだと思うの。だから『ロンバケ』のように煮え切らない関係がずるずる続くのは、ダメなんです。「さっさと決着つけなさいっ!」って仁王立ちになっちゃう(笑)

竹野内、決して嫌いな役者さんじゃないんです。どころか、結構タイプだったりするのですが、『あの空を…』のようなごくごく普通の人をやらせると、水面下に沈んじゃうというのか、持ち味がちっとも活かされないような気がしたんですよ。頑張れ、竹野内~♪
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Shinjuku incide... Il clan dei sic... >>