Il diario di Bridget Jones (ブリジット・ジョーンズの日記)

私のお気に入り度 ★★★★☆(94点)

e0059574_1224268.jpg
ロンドン。出版社に勤める32歳の独身女性Bridget(Renée Zellweger)は、ダイエットと恋愛が目下の関心事。そんな彼女が出版記念パーティーの夜、セクシーな上司Daniel(Hugh Grant)に急接近。しかし彼はとんだ浮気男で、その浮気相手であるアメリカ人の同僚と婚約してしまった。傷心のBridgetは会社をやめ、リポーターに転職する。やがて友人夫妻に呼ばれた夕食会で、Bridgetは以前紹介されたバツイチの弁護士Mark(Colin Firth)に再会。彼は恋人連れだったが、Bridgetに好意を示した。そしてBridgetの33歳の誕生日の夜、彼女の家に祝いに来てくれたMarkといいムードになるのだが…。



e0059574_123197.jpg
映画館で観てDVDでも繰り返し観ている大好きな作品。Xmasシーズンになるとつい観たくなっちゃうんだな。2004年に公開された続編もそれなりに楽しいが、いやぁ、この作品はインパクトが強かった。Renéeが役作りのために増量したり、そんな女の子が2人のいい男に挟まれたり。コミカルに話が進んでいくのですね。

Colin Firth扮するMark Darcyは、『高慢と偏見』のFitzwilliam Darcyが下地にあったとは聞いていたけれど、『高慢…』を観た後この作品を観直してみると、気難しさと誇り高さから鼻持ちならない男と誤解されがちなキャラに深く頷いて笑えました。でも中身は非常にナイーブで誠実な人だから、そこに女性が気づけばハッピーエンドになるんですね。現実の生活では必ずしもそうではなくて、要領のいいヤツがおいしいところをかっさらって行くケースが多かったりしますが。 『高慢…』のBennet夫人もけたたましかったけれど、Bridgetのママも負けちゃいません。トナカイ模様のセーターや雪だるま模様のネクタイを息子に着せちゃうDarcyのママのセンスも凄い(爆) それに比べると2人のパパはゆったりマイペース♪ これって世界共通ですかね?あ、わがやもそうだな(汗)



e0059574_1231977.jpg
このときのHugh Grant、嫌な上司役なんだけどイケてるんだなぁ。Bridgetの恋を応援する3人の友だちがいいね。DarcyとDanielが殴り合いの喧嘩を始めると、友人の1人が「喧嘩だ!」「本物の喧嘩だぜ!」って触れ回るとこなんて、野次馬根性丸出し!サントラの選曲も素晴らしい。とくにHave You Met Miss Jones? (Robbie Williams 音が出ます★)とAll By Myself (Jamie O'Neal 音★)とIt's raining men (Geri Halliwell 音★)の3曲が好き。3曲目はノリノリ元気が出て最高~♪^^ 

製作国:U.S.A.
初公開年:2001年
監督:Sharon Maguire
キャスト:Renée Zellweger, Colin Firth, Hugh Grant, Jim Broadbent, Gemma Jones, Felicity Montagu, Shirley Henderson, Sally Phillips, James Callis


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-12-03 01:23 | - Other film | Comments(4)
Commented by ヒマワリ at 2009-12-03 05:49 x
私のこの映画大好き!!です。
最初は、原書が出版されてすぐ読んで、そのときからお気に入りだったのですが、映画化されるときいて楽しみして、映画を見たら、本に負けず良い作品になっていて、その後は、DVDでも何回か見てます。私は、この1作目のストーリーの方が2作目よりも好きです。Colin Firthは,このときは、細身でステキと思いましたが(トナカイセーターの姿はちょっといけてませんが)、マーマミーアでは、中年体型になっていてショックでした。
Commented by kchan0221 at 2009-12-03 17:55
こんちはー。
これ私も1作目の方がより好きです。
そしてヒュー様大好きです!<これ筋金入り。かれこれもう15年くらい?
この人、ダメ男やらせたら最高!ですー。(笑)
このトナカイのセーター出てきたときには、もう大笑いしましたよ。
ブリジットジョーンズはDVDを買いそびれていたのですが、この間友人が
2枚あるから1枚あげるーと言ってくれたので、手元に来るのが楽しみです。;D
Commented by amore_spacey at 2009-12-05 01:14
☆ ヒマワリさんへ。
あの頃は原作と一緒に映画も大ブレイクしてましたよね。私もこれ大好き(^^) Colin Firthは今イタリアで公開中の『ドリアン・グレイ』にも出ていますが、『マンマ・ミア』からまた体重増量?ってか、シャープな顔の輪郭が徐々に失われつつありますね(涙) 彼の奥さんはイタリア人プロデューサーなので、ローマ&ロンドンを行ったり来たりの生活で、もちろんイタリア語もバッチリ話せるんだそうですョ♪
Commented by amore_spacey at 2009-12-05 01:17
☆ kchanさんへ。
そうそう、ダメ男(でも憎めないんだなぁ)をやらせたらヒュー様の右に出る人はいませんよね。彼って独特のヘアースタイルをキープしてましたよね。サイドというのか前髪というのか?全体にセミロングで、それをかきあげる仕草や、髪がはらりと落ちるさまがとってもよかったのに、確か『アバウト・ア・ボーイ』でヴェリー・ショートにしちゃった時には、似合わねーっ!って思わず映画館で叫びそうになりました。何で切っちゃったんでしょうか?イメチェン狙い?DVDが手元に来たら、もう直ぐに観るしかありませんね(^^)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Gran Torino (グラ... Orgoglio e Preg... >>