The Boys Are Back

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_004748.jpg
【あらすじ】 舞台はオーストラリア。妻を病気でなくしたスポーツライターJoe Warr(Clive Owen)は、妻Katy(Laura Fraser)との間の6歳になる息子Artie(Nicholas McAnulty)を育てながら、前妻Flick(Natasha Little)の連れ子で反抗的なティーンエイジャーHarry(George MacKay)を休暇中にイギリスから呼び寄せることになった。世代の違う2人の子供を相手に、四苦八苦するJoeだが、やがてその型破りな彼独特の子育てが、家族の絆の強さとなって実を結ぶのだった。英国のスポーツ記者Simon Carrの自伝的小説The boys are back in townを映画化。



e0059574_025329.jpg
あのClive Owenがシングル・ファーザーを演じると聞いて意外な気がした。私の中に彼は女っ気のない男、感情を押し殺したロボットとインプットされているので、世代の違う2人の子どもを相手にどう演じるのかとても興味があったんだな。まぁ、地味ながら彼のストイックなキャラがよい意味で生かされていたのじゃないかな?6歳の息子の真っ直ぐな気持ちを、懸命に受け止めようとする姿に顔がほころびました(^^)

製作国:Australia U.K.
初公開年:2010年
監督:Scott Hicks
キャスト:Clive Owen, Emma Booth, Laura Fraser, George MacKay, Nicholas McAnulty, Julia Blake ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-06-24 00:03 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Madeo (母なる証明) Fuori dal mondo... >>