カイジ 人生逆転ゲーム

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0475618.jpg
【あらすじ】 伊藤カイジ(藤原竜也)はだらだらと無為の日々を送る26歳のフリーター。そんな彼に悪徳金融会社の社長・遠藤(天海祐希)が近づく。友人の借金を肩代わりさせられ、知らないうちに負債額202万円を抱え込んだカイジに、たった一夜で借金を帳消しにできて、さらに大金を手にするチャンスを提示する。半ば脅されるように乗り込んだ豪華客船エスポーワールでは、人生の負け犬たちが一発逆転のゲーム〈限定ジャンケン〉に挑もうとしていた。


e0059574_048983.jpg
藤原竜也くんはものすごく苦手な役者なんだけど、世紀末的な最後の表情に彼の役者魂を感じた。あそこまで目ぇ見開けるなんてすごいよ。香川照之氏の般若顔に負けてません。『アマルフィ 女神の報酬』の天海祐希はキャスティング・ミスで散々だったけれど、男性的な役柄ならお任せね。やっぱり毒を吐いたり啖呵を切る天海姐でなくちゃ。

製作国:Japan
初公開年:2009年
監督:佐藤東弥
原作: 福本伸行
キャスト:藤原竜也, 天海祐希, 香川照之, 山本太郎, 光石研, 松山ケンイチ, 松尾スズキ, 佐藤慶 ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-08-22 00:49 | - Japanese film | Comments(6)
Commented by kchan0221 at 2010-08-22 01:19
こんにちは。
これ・・・。実はうちにDVDあるんですよ。でもまだ見てない。(笑)
78点ですかー!いつみるんでしょうか・・・。私。
アマルフィ、原作は面白かったし、映画のイタリアの風景はとってもよかったんですよねー。(以下省略^^;)
Commented by amore_spacey at 2010-08-24 00:27
☆ kchanさんへ。
数年前の大河ドラマで見た藤原竜也くん(確か沖田総司を演じていたはず)が、どーも好きになれず、この作品では主役で頑張ってはいたのですが、やっぱりダメでした。香川氏が出演している、というので観たんです(*^^*) 小さなどんでん返しがあったりして、そこそこ楽しめるので、よかったら観て下さいね。
Commented by sandonomeshi at 2010-10-06 02:16
初めて“エミリアからの便り”にお邪魔した時、こちらにも寄らせてもらってたんですが、読みた〜い記事がいっぱいで、とりあえずJapaneseFIlmの記事に全部目を通してから・・・と思っていたらこんなに遅くなってしまいました。^^;
海外にお住まいとは信じられないくらいたくさんの邦画をご覧で・・・、びっくり!^^
私も一言言いたい!っていう記事もいっぱいで、でも一つ一つにコメントしていくととんでもないことになりそうなので、代表してここに書かせていただくことに。   つづく・・・
Commented by sandonomeshi at 2010-10-06 02:16
あも〜れさんのケヴィ様に対する情熱には足元にも及びませんが、実は私も竜也君の公演をロンドンまで観に行ったりしてるのです。いえいえ、あも〜れさんが「ものすごく苦手」とおっしゃるのは全く気にしてないんですが、彼って映画やドラマと舞台ではぜ〜んぜん違うんですよね。私はそれこそ沖田総司で初めて知って「かわいいじゃん、この子。」とか思って色々観てみたのですが、蜷川さんの舞台“天保十二年のシェイクスピア”の彼に完全ノックアウトされました。
苦手で見たくもなければスルーしていただいて全然構わないのですが、かの「赤い疑惑」(ご存知ですよね、百恵ちゃんと友和さんの)のリメイクを石原さとみとかいう子と一緒にやってるんですよね。藤原竜也を抜きにしても、ノスタルジーでそれなりに楽しんでいただけるかも・・・。^^
Commented by amore_spacey at 2010-10-08 00:21
☆ 三度の飯さんへ。
裏ブログまで足を運んで下さってありがとうございます。表とは若干口調が違うので、戸惑われたかも?! 某サイトでガンガンDL出来るので、評判になった作品はとりあえず観てみましょうというわけです。映画って観なけりゃ観ないでどうってことないし、日々の暮らしに支障を来たす訳でもありませんが、一旦観始めるとズルズルはまります(私の場合)
日本にいた頃邦画には無関心でしたが、離れてみると日本の景色や言葉への郷愁も伴って、じーんと心に残るものが多いな、なんて贔屓目になってきました。若手の役者さんがこれまた素晴らしいんですよね。
Commented by amore_spacey at 2010-10-08 00:26
☆ 三度の飯さんへ。
竜也くんが苦手…で思い出したのですが、NHKの大河ドラマで共演した堺雅人くんも苦手だったんです。ところが一時帰国中に見たトーク番組で彼の意外な素顔に近づくことができたのがきっかけで、今密かにファンだったりします(^^) 根が単純なので…。『赤い疑惑』のリメイクなんてのがあるんですね。舞台の役者さんは生き生きしていて、彼らの体温がじかに伝わってきますね。めろめろになっちゃうの、分かります。と言いつつ、最近ケヴィ様熱が冷めつつある私ですが…。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ディア・ドクター 龍馬伝 第1~26話 >>