ディア・ドクター

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_0135638.jpg
【あらすじ】 山間の小さな村のただ一人の(笑福亭鶴瓶)が失踪した。村人たちに全幅の信頼を寄せられていた伊野だったが、彼の背景を知るものは誰一人としていなかった。やがて刑事が二人(松重豊・岩松了)やってきて彼の身辺を洗い始める。失踪の2か月前、東京の医大を出たばかりの研修医・相馬(瑛太)が村にやってくる。看護師の朱美(余貴美子)と3人での診察の日々。そんなある日一人暮らしの未亡人かづ子(八千草薫)が倒れたとの一報が入る。



e0059574_0142716.jpg
白黒はっきりつけられないことや善か悪か一刀両断に裁けないことが、世の中には山ほどある。そしてこの灰色の部分というのが、なかなかの曲者で、言葉や映像にするのが難しい。本作品では忽然と姿を消した医師・伊野の姿を借りて、この灰色の部分や行間に潜む呼吸を、可能な限り緩やかに描き出すことに成功したのではないかな。医師制度や医療行政を声高に批判するのではなく、医師とはどういう立場の人間なのかじわっと考える機会を与えてくれた。じわーっとした笑福亭鶴瓶さんの口調や表情に、知らず知らずのうちに引き込まれていました。西川監督の前作『ゆれる』を観て衝撃を受け、香川氏の大ファンになったのであります。監督にお礼を言わなくちゃ(^^)



e0059574_015525.jpg
松重豊は『不毛地帯』でかなり強烈な印象があったので、今回もまたゾクッと来るような表情を見せてくれるかなと期待していたら、香川照之氏の意外なワザにやられた、あははっ。喫茶店での事情聴取で、香川氏ったら座ったままいきなり仰向けに倒れちゃうんだもん。人生の疲れを漂わせる余貴美子、いつ見てもいいね。小料理屋の女将さんをやらせたら、ハマりすぎかな?初めてオダジョーを見た時、すんげぇ髪っ!って思ったけど、瑛太も負けちゃいないね。

製作国:Japan
初公開年:2009年
監督:西川美和
キャスト:笑福亭鶴瓶, 瑛太, 松重豊, 笹野高史, 余貴美子, 井川遥, 香川照之, 八千草薫 ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-08-24 00:17 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by lifeis4989 at 2010-08-27 01:01
この映画、何度か観ているんですが、観るほどに味が出ます^^
最初は「ゆれる」ほどインパクトがないかなぁ、と思っていたんですが、あやしい薬屋の照兄も何ともいえない演技で、みるほどにいい毒を花っているなぁ、と^^ 悪人が誰もいない、ある意味とても良心な映画だと思います。次は、瑛太の髪に、着目しています~^^
Commented by amore_spacey at 2010-08-28 01:16
☆ lifeis4989さんへ。
そう、この作品は繰り返し観たいですね。『ゆれる』の香川氏は、オダジョーとの対比においても、強烈なインパクトを残してくれました。目や手の表情、静の中にある押し殺された憎しみや哀しみの感情…、唸りましたよ。瑛太ってふだんからあんな髪型なんですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ゴールデン・スランバー (Go... カイジ 人生逆転ゲーム >>