Lo spazio bianco (まっさらな光のもとで)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0202759.jpg
【あらすじ】 離婚後は教師として働き、独立して暮らしてきた30代後半のMaria(Margherita Buy)。期せずして妊娠するが、彼は出産を望まないので、シングルマザーとして生きていくことを決意する。しかし妊娠6ヶ月で出産。Mariaに出来るのは、保育器の中に入った赤ちゃんを毎日見守ることだけだった。



e0059574_0203866.jpg
未熟児室の真っ白な部屋に座るMariaの脳裏には、出産前後の出来事がフラッシュバックする。あの時も1人で不安を抱えていた。そしてこの世に赤ちゃんを送り出したら、今度は別の不安や苛立ちや妙な嫉妬が彼女を苦しめる。同じ未熟児室に通う仲間の中には、赤ちゃんが自力で呼吸出来るようになり、保育器から出して抱きしめているママがいる。自分は一体いつになったら、あの幸せに浸ることができるんだろう。そういった気持ちを閉じ込めて、職場では健気に頑張る。むしろ生徒を励ます母親的な存在ですらある。そんな1人の女の姿が、絵のように現実味のない、幾分美化されすぎた映像で描かれているため、未熟児室の部屋の白さがやけに強烈に残った作品であった。

製作国:Italy
初公開年:2009年
監督:Francesca Comencini
キャスト:Margherita Buy, Gaetano Bruno, Giovanni Ludeno, Antonia Truppo, Guido Caprino ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-09-26 00:20 | - Italian film | Comments(2)
Commented by s_fiorenzo at 2010-09-29 00:33
白い壁に白いカーテンに蛍光灯の白い光…とにかく白い印象の映画でしたね。
マルゲリータ・ブイ、結構好きかもです。
Commented by amore_spacey at 2010-09-30 00:29
☆ ACCOさんへ。
Margherita Buy、私も好きな女優さんです。しっとりとした大人の女性のオーラがあるのに、映画ではパニクって煮詰まっちゃう役柄が何故か多いですよね。本作は言葉が少ない代わりに、彼女の内面がじわっと滲み出ていたかなと思いました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Grey's Anat... Borsalino (ボルサリーノ) >>