L'immortel (22 Bullets)

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_083431.jpg
【あらすじ】 マルセイユ。ギャングの世界から足を洗って、妻(Fani Kolarova)と2人の子どもに囲まれた堅気の暮らしを送るCharly Matteï(Jean Reno)。しかしある日ギャング団に襲われ、22発の銃弾を身体に受けたCharlyは、瀕死の重傷を負いながらも奇跡の生還を果たす。彼は復讐のために、再び闇の世界に舞い戻ることを決意した。



e0059574_084749.jpg
これぞ21世紀のフイルム・ノワール!Jean Renoが渋い。口数が少なければ少ないほど、魅力増大。そんな彼のぽろっとこぼすギャグが、おかしいんだなぁ(^^) 復讐モノだけど、『ボルサリーノ』『ボルサリーノ2』とは、テンポも緊迫感も全く違う。主役は見映えのしないくたびれた男だし、銃弾を受ければスクリーンは血の海になる。美しいシーンは殆どない。それが冷酷非情なギャングの世界というものなのだ。それにしてもKad Meradというのは、何て狡猾で嫌な奴なんだ!『プチ・ニコラ』『シュティの国へようこそ』の好々爺なキャラクターを観て、【彼はいいおじさん】と私の中にインプットされていただけに、騙まし討ちに遭った気分だわぁ。おとぼけ人間から凶悪犯まで、演技キャパが無限にありそうで凄い。でも…ちょっと怖い。こんな人が隣人だったら、うっかり騙されそうョ。



e0059574_08586.jpg
女刑事を演じたMarina Foïs、カッコイイねぇ。乃南アサの作品に出てくる音道貴子のフランス版ってとこかしら?納得いかない上司に平手打ちを食わせるなんて、見ていて溜飲下がりましたわよ。こんな素敵な女性に憧れるなぁ。

製作国:France
初公開年:2010年
監督:Richard Berry
キャスト:Jean Reno, Kad Merad, Marina Foïs, Jean-Pierre Darroussin, Gabriella Wright, Richard Berry, Fani Kolarova, Joséphine Berry ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-10-08 00:12 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< MISSHAのビョン吉!(Le... La nostra vita ... >>