Inglourious Basterds (イングロリアス・バスターズ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_3122222.jpg
【あらすじ】 1941年、第二次世界大戦中のナチス・ドイツ占領下のフランス。家族を虐殺されたユダヤ人Shosanna(Mélanie Laurent)は、「ユダヤ・ハンター」の異名をとるナチス親衛隊SSのHans Landa大佐(Christoph Waltz)の追跡を逃れる。一方Aldo Raine中尉(Brad Pitt)率いるイングロリアス・バスターズと呼ばれるアメリカの秘密特殊部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげ、Raineの先祖のアパッチ族に倣って頭皮を剥いでいた。4年後。1944年映画館主となったShosannaは、パリでナチス首脳部の集まるドイツ国策映画特集の企画を組み、その裏で復讐の牙を剥く。そしてバスターズもまたその劇場でのテロ作戦を練る。しかしバスターズの作戦の情報を掴み捕らえたLandaは、Raineに密かにある取引を持ちかける。

Hans Landa大佐を演じたChristoph Waltzは、第62回カンヌ国際映画祭&第67回ゴールデングローブ賞&第82回アカデミー賞…などなど、あらゆる映画祭で助演男優賞を受賞。えっ?彼が主演じゃなかったの?^^



e0059574_3124089.jpg
決して忘れてはならない重苦しい歴史を、ここまでおかしくバカバカしく痛快な復讐劇に仕立てられたんじゃ、ケチのつけようがない。お見事。ナチスへの復讐を企むShosannaやテロ作戦を練るRaine中尉に気持ちを重ねながら、「やれ、やれ、やっちまえ~~!!!」と思った人は少なくないはず。郷愁をかき立てるBGMが、これまた泣かせる♪ ちらっと登場するヒステリックで子ども染みたHitler(Martin Wuttke)や、真面目なのかふざけているのかよく分からないEd Fenech将軍(Mike Myers)など、脇役たちのバカバカしさも見逃せない。



e0059574_3125419.jpg
Christoph Waltz扮するLanda大佐はまったく嫌な奴で、相手を油断させながらゆるゆると外堀を埋め、三ノ丸→二ノ丸→本丸→天守閣に迫る話術や、本意がどこにあるのかよく分からない台詞回しは、さすがユダヤ・ハンターと呼ばれるだけのことはある。どこか憎めない阿呆ヅラなのに、時折見せる冷酷で残忍な目や口元がヘビのように粘っこい。こういう輩は、見るからにコワモテな奴らより遥かに始末が悪い。

『耳のないうさぎ』でぬいぐるみまで作ったTil Schweigerが、本作では黙々とナイフを研ぐ硬派な男に変身。殆ど台詞がないまま、スクリーンから突然退場しちゃったのは悲しかったわぁ。こういう男たちの中にあって、麗しいだけでなく聡明な2人の女性は否応なく際立ちますね。凛として男に媚びたりしないMélanie Laurentの、微妙な心の彩を映し出した表情や仕草に惚れた。ワザと?歪ませたブラピの表情が、妙におかしかった。

製作国:U.S.A., Germany
初公開年:2009年
監督:Quentin Tarantino
キャスト:Brad Pitt, Christoph Waltz, Mélanie Laurent, Diane Kruger, Eli Roth, Michael Fassbender, Daniel Brühl, Til Schweiger, Mike Myers, Samuel L. Jackson(Narrator) ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-10-15 03:13 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Io sono l'a... Chloe (クロエ) >>