Inception (インセプション)

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_0294971.jpg
【あらすじ】 人がもっとも無防備になる夢を見ている間に、潜在意識の奥深くに入り込んで貴重な情報を盗むエクストラクト。この危険な技術で世界最高の腕を持つ産業スパイのDom Cobb(Leonardo DiCaprio)は、日本人実業家のサイトー(渡辺謙)から情報を潜在意識に植え付けるインセプションという任務の依頼を受ける。ほぼ不可能とされるこの任務を成功させるため、Cobbは世界中からメンバーを厳選し最強のプロフェッショナル集団を結成する。しかしその過程でCobbの前にしばしば現れ、任務を妨害する彼の妻Mal(Marion Cotillard)の存在が浮上するのである。



e0059574_030261.jpg
久し振りに大スクリーンで観るSF的サスペンス&アクション映画に、エンドロールまで時間を忘れて見入った。パリの街がぐにゃりと曲がったり、エッシャーの騙し絵よろしく階段がエンドレスで繋がっていたり、無重力空間でプロフェッショナル集団が浮遊したり…という視覚的な効果から、実際に起きる出来事(ってあの中で一体どれが現実?)に対応しレベルを変えつつ夢を構築しながら任務を果たす、という入り組んだ潜在意識の描写まで、色々な意味でスゴかった。しかもCGを駆使したSFスペクタクルに終わらず、登場人物にも細かな人間味を与え(特にCobbと妻の謎の関係)、クスッと笑えるシーンも織り込まれて、2時間30分はあっと言う間。1つ1つの夢のシーンがどのレベルなのか、未だによく分からない。どこまでが夢なのか?果たしてCobbは現実に戻ったのか?謎だらけ。しばしば登場する妻や金属のコマに謎を解く鍵がありそうだが、6割程度のぼんやりした理解でもこの作品は充分に楽しめる。2度観た娘は、「繰り返し観たほうが、面白さ倍増だよ」と。

覚醒の合図として流れるEdeith Piaf の♪ Non je ne regrette rien (←音が出ます!) ♪ が、モノクロ映画にほんのり色を添えるような効果があり、心に残る。鈴が転がるような彼女の声が耳に心地よく、ちょっぴり感傷的な晩秋にはこんなBGMに浸ってみたい♪

製作国:U.S.A.
初公開年:2010年
監督:Christopher Nolan
音楽:Hans Zimmer
キャスト:Leonardo DiCaprio, Joseph Gordon-Levitt, Ellen Page, Tom Hardy, 渡辺謙, Dileep Rao, Marion Cotillard, Cillian Murphy, Michael Caine ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-10-23 00:30 | - Other film | Comments(4)
Commented by naotomo at 2010-10-23 19:18 x
はじめまして。

インセプション、確かにすごい映画でした。

夢の中に夢があって、深い夢ほど時間がゆっくり進んでいって、夢を見ている人の状況に応じて重力の方向が変化して...

とまあ、これでもかぁ!って感じのアイディアでした。

最後のところは、やはり現実に戻ったのだと思います。例えば、夢の中では子供たちの顔を、最後の場面では見ることができたり、いろいろ現実に戻ってきた証拠みたいなものがあります。
Commented by 紫香楽 早和子 at 2010-10-24 02:16 x
こんにちは、この映画日本でも公開されたとき見に行きたいなぁと思いつつ終わってしまっていました。 
レンタルには、ちょっとまだみたいな感じですが、ぜひ見たいと思います。 映画館は、大画面で見てこそ! というものならなるべく見たいですが、レディスディの水曜日に行ったりします。イタリアでは、いかがですか?  最近、アバターの3Dを見ましたが、自分も一緒にアバター星の生き物の上にまたがって飛んでいる気分が少し味わえて良かったです。
夢の中の世界 大画面で見てみたかったです。又 ピアフの歌が
すごくこの作品に 花を添えているみたいですね。 (^ ^)/
Commented by amore_spacey at 2010-10-25 01:44
☆ naotomoさんへ。
いらっしゃいませ~♪&初コメありがとうございます。予備知識なしで観たので、ついていくのがやっと(というか、付いて行けません)でした。あのCGには軽い眩暈を覚えましたが、よく出来ていましたね。私も最後は現実に戻ったと思うのですが、金属のコマが回り続けるのは夢が続いていることを暗示していると聞けば、そうなのかなぁと思ったり。妻との関係に苦悩するCobb演ずるDiCaprioは、素晴らしい役者に成長しましたね。機会があればまた観て、謎解きをしたいなと思っています。
Commented by amore_spacey at 2010-10-25 01:47
☆ 紫香楽 早和子さんへ。
この作品を大スクリーンで観たのは正解でした。あのBGMといい迫力といい、DVDでは物足りないかも。でも骨太でしっかりしたストーリーなのので、物足りなさを補って余りあるほど楽しめます(入り組んでいるので、途中から???になりますが、それに拘らなくても大丈夫です。) ピアフの歌は絶妙で、思わずノスタルジーに浸ってしまいました。ぜひぜひレンタルでご覧下さいね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Nueve Reinas (華... Come l'acqu... >>