Wild Target (ワイルド・ターゲット)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_117308.jpg
【あらすじ】 一流の殺し屋Victor Maynard(Bill Nighy)は引退前に最後の仕事をするが、殺しの現場を配達少年のTony(Rupert Grint)に見られてしまう。正体がばれることを恐れたMaynardはTonyを殺そうとするが可哀想になり、彼を自分の弟子にして後継者として育てようと考える。やる気のないTonyは殺しの要領をちっとも得ない。そんな中Hector Dixon(Martin Freeman)から女詐欺師のRose(Emily Blunt)暗殺の仕事が舞い込む。案の定2人は暗殺に失敗。怒ったHectorは新たに殺し屋Ferguson(Rupert Everett)を雇い、Victor・Tony・Roseの3人を始末しようと企てる。



e0059574_1174685.jpg
『ラブ・アクチュアリー』の3枚目キャラから『あるスキャンダルの覚え書き』のシリアス静寂キャラまで、Bill Nighyが持つキャラの奥行きには唸る。あれだけスリム&地味な顔立ちで、一歩間違えば全く印象に残らない人になってしまうのに、抜群の目の動きや軽やかなフットワークでぐいぐい惹きつける。



e0059574_118970.jpg
一流の殺し屋なのにフランス語を勉強したりママ(Eileen Atkins)には全く頭が上がらないというありがちな設定も、Bill NighyとEileen Atkinsだったから、見せ場がたくさんあった(^^) ママの目ぢからは凄い。さすが舞台女優だわぁ。さらっと楽しめる作品です。

製作国:UK & France
初公開年:2010年
監督:Jonathan Lynn
キャスト:Bill Nighy, Emily Blunt, Rupert Grint, Rupert Everett, Eileen Atkins, Martin Freeman ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-11-29 01:18 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< El aura (オーラ) I saw the devil... >>