江~姫たちの戦国~ 第1話

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_0473560.jpg
【あらすじ】 永禄11年(1568)初夏。上洛をもくろむ信長の命で、妹の市(鈴木保奈美)は北近江小谷の浅井家に嫁ぐ。そんな市への恋心を露骨に語る秀吉(岸谷五朗)に、妻・おね(大竹しのぶ)はあきれるが、愛する兄のため捨て石となる市の覚悟に心を痛めるのだった。初めは望まぬ婚姻だったが、琵琶湖を望む美しき小谷の地で、市は不思議な魅力を放つ名将・浅井長政(時任三郎)と恋に落ち、長女・茶々(宮沢りえ)、次女・初(水川あさみ)、そして三女・江(上野樹里)を授かる。しかし江には父の記憶がない。父・長政は、秀吉率いる織田軍に包囲された小谷城で自害したのであった。


e0059574_0474980.jpg
江は「ごう」、浅井は「あざい」と濁るのね。龍馬の次は一転してオンナが火花を散らすって訳か。撮影現場は新旧女優が演技を競う戦場と化しているらしい。リカは相変わらず声は可愛いんだけれど、岩下志麻のような貫禄が…。3人のおかんだもんね。下から見上げる時の三白眼もかなりコワイ。豊悦も声はいいんだけど、『弁護士のくず』を観ちゃってるせいか?べらんめえ調に聞こえて品がない。カマキリやバッタのような、昆虫系の顔がいけないのかも。チョンマゲやサムライ装束がこれまた似合わないんだよね。どう見てもモンゴル帝国とか高麗王国の大将…(≧∇≦)

ところで時任三郎の登場って第1話限り?(泣) それとも回想シーンでこれから何度も登場するの?『ふぞろいの林檎たち』から随分月日が経ったけれど、少年のような面影がなかなかいいね。北大路欣也も若々しい。それにしても豊悦や時任や岸谷の早口が気になる。ドラマとは言え時代モノは舞台劇に限りなく近いんだから、北大路くんのように一語一語ゆっくり喋って欲しい。茶々の幼児期を演ずる芦田愛菜が笑うと、かつて子役№1だった斉藤こずえにそっくり。ってことで、日本史の中でも好きな時代なので、今年の大河ドラマにも期待しております。

製作国:Japan
公開年:2011年1月9日
演出:伊勢田雅也 他
キャスト:豊川悦司, 鈴木保奈美(ナレーションも兼任), 上野樹里, 宮沢りえ, 水川あさみ, 岸谷五朗, 大竹しのぶ, 時任三郎, 芦田愛菜, 左時枝, 大竹しのぶ, 北大路欣也 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-01-26 00:49 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by horaice at 2011-01-29 00:54
こんばんは☆そちらでも見られるのですね!大河ドラマ!
江、中々面白いですね。時任三郎、第一回で終わりでしたが、存在感ありましたねぇ。あまり芸能人には興味ないのですが、ふぞろいのリンゴたちのときの彼がとても好きです♪豊悦のコメントおもしろすぎです、amoreさん。モンゴル帝国の大将!なるほどっと思いました。笑
Commented by amore_spacey at 2011-01-29 01:54
☆ horaiceさんへ。
いらっしゃいませ~♪&初コメ(ですよね???)ありがとうございます。豊悦@信長は、私がイメージしている信長とかけ離れていたので、初回に登場したときには、「この人、カマキリ?」 イメージぶち壊しで大ショックでした。でも見慣れると不思議なもので、豊悦@信長もそれなりにいいかも? 樹里ちゃんとあさみちゃんが絡むシーンは、嫌でものだめを彷彿♪ 玉木くんにも出演してもらえばよかったのに(笑) ふぞろい…の頃の時任三郎をご存知だなんて、嬉しいです(^^)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Grey's Anat... TRICK >>