新参者 全10話

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_111964.jpg
【あらすじ】 日本橋人形町で、三井峯子(原田美枝子)が絞殺された。この事件を担当することになったのが、日本橋署に異動してきたばかりの加賀恭一郎(阿部寛)だった。捜査線上に浮かび上がった容疑者は、なんと人形町の商店街住民全員。人形町の人々の「心の謎」を、抜群の洞察力と推理力で紐解いていく加賀恭一郎。複雑に入り組んだ人間関係をひとつひとつ解き明かし、最後に浮かび上がった容疑者とは?加賀恭一郎によって紐解かれていく「なぜ?」の連鎖。そして全ての謎が解き明かされたとき、そこに人間の「真の心」が見えてくる。


e0059574_115754.jpg
毎回家族をテーマにしたエピソードに、心がヒリヒリ痛んだりほろりと涙した。今回の阿部ちゃんは刑事という職業柄、『Dr.House』のHouse医師と『Lie to me』のLightman博士を足して2で割ったキャラに、阿部ちゃんカラーが加味されて、最高によかった。エキセントリックな阿部ちゃんも好きだけど、こういう鋭い阿部ちゃんも好き。素晴らしい脇役(泉谷しげるがじわっといい)に恵まれたことも、阿部ちゃんにとっては幸運だったね。どんなに通い詰めても、「本日売り切れ」の看板をつきつけられる阿部ちゃん。毎回犯人と思われる人間の背後から、鋭い視線を送る阿部ちゃん。その阿部ちゃんが木村祐一や溝端淳平と、トイレで繰り広げるコントには笑った。オープニングもエンディングに流れる達郎の『街物語』もよかった。全部よかった。人形焼や行列のできる鯛焼きのお店や水天宮には、一時帰国の時絶対に行こう!と心に決めたァ。

胡散臭い役をやらせると、三浦友和や香川照之氏や谷原章介は、憎々しいくらい上手いです。香川氏のやや大袈裟なところが鼻につくけれど、三浦や谷原にはぞっとする冷ややかさが底にあって怖い。しかし笹野高史には恐れ入りました。食えない奴ってああいう人のコトね。

製作国:Japan(TBS)
公開年:2010年4月18日~6月20日
演出:山室大輔
原作:東野圭吾
レギュラーキャスト:阿部寛, 黒田メイサ, 溝端淳平, 向井理, 木村祐一, 泉谷しげる, 原田美枝子, 三浦友和, マイコ, 笹野高史 ...

【第一章・煎餅屋の娘】 市原悦子, 杏, 麻生祐未, 香川照之
【第二章・料亭の小僧】 石黒英雄, 夏川結衣, 寺島進
【第三章・瀬戸物屋の嫁】 柴本幸, 大倉孝二, 倍賞美津子, 前川清
【第四章・時計屋の犬】 原田芳雄, 恵俊彰 (父娘モノに弱くて、原田芳雄が出産した娘に会いに病院へ行くシーンには、ボロボロ泣いちゃった。)
【第五章・洋菓子屋の店員】 紺野まひる
【第六章・翻訳家の友】 草刈民代, 谷原章介, 峰竜太
【第七章・刑事の息子】 早乙女太一, 大迫一平, 元井須美子
【第八章・清掃会社の社長】 和田正人, 吉井怜
【第九章・民芸品屋の客】 速水もこみち, 田村泰二郎, 栗原大河 
【最終話・日本橋の刑事】 みのもんた, 速水もこみち


e0059574_12493.jpge0059574_131718.jpg
ところで…速水もこみち(1984年8月10日)とお騒がせなFabrizio Corona(1974年3月29日)なんだけど、この2人って↑↑↑ 放つオーラが似すぎてる(≧∇≦)


[PR]
by amore_spacey | 2011-02-04 01:05 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Outsourced (アウト... Mesrine: Part 2... >>