赤い指~『新参者』加賀恭一郎再び!

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_148432.jpg
【あらすじ】 公園のトイレで女児の絞首死体が発見され、近所の住宅地に住む前原家に捜査のメスが入った。事件の解明とともに、元刑事である加賀恭一郎(阿部寛)の父親(山崎努)との関係、加賀と青山亜美(黒木メイサ)との出会い、加賀の従弟・松宮脩平(溝端淳平)が刑事になった理由、そして加賀と松宮のすれ違いの謎などが、徐々に明らかになっていく。


e0059574_1485497.jpg
『新参者』シリーズは一貫して家族をテーマにしてきたが、今回はいじめや認知症者を抱える家族の崩壊と、どの家庭に起こり得る現代社会の問題を取り上げている。その家庭にある根本的な問題は、当事者にはなかなか見えない。たとえ見えたとしても心に蓋をして、崩壊した家庭で寝食をともにする。この事件を担当するのが加賀刑事。母の愛を知らないまま大人になった彼は、事件が起きるたび自分に言い聞かせてきたことがある。「刑事とは事件を解決するのではなく、人を助けることである。」という父の言葉を。それを体言して見せてくれたのが、この作品だった。「そんなの理想じゃん?」と言ってしまえばそれまでだけどね。

刑事というのは因果な仕事だ。乃南アサの音道貴子シリーズに登場する音道刑事のように、不規則でハードな仕事を家族に理解してもらえず(仕事と結婚したのか?と言われてしまう)離婚に至ったり、複雑な人間模様を知り過ぎて人が嫌になり結婚に踏み切れなかったりする刑事がいるのも現実である。「人は嘘をつく」に始まるこのシリーズはどれも好きだが、唯一心にひっかかっているのは阿部ちゃんが終始クールだったことか。あれだけストイックだから、泥酔したらタガが緩んで大暴れするタイプかも(Ф_Ф;)

製作国:Japan(TBS)
公開年:2011年1月3日
プロデューサー:伊與田英徳
原作:東野圭吾
キャスト:阿部寛, 黒田メイサ, 溝端淳平, 松重豊, 杉本哲太, 西田尚美, 富田靖子, 佐々木すみ江, 山崎努 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-02-07 01:49 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 127 hours (127時間) Outsourced (アウト... >>