Chocolat (ショコラ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(94点)
チョコが食べたくなる度 ★★★★★(100点)

e0059574_084825.jpg
【あらすじ】 冬のある日フランスの小さな村に、謎めいた女性Vianne(Juliette Binoche)が娘と2人でやってきた。やがて彼女は教会の近くに、宝石のような素晴らしいチョコレートが並ぶ店を開く。訪れた客の好みをピタリと当て、チョコレートを勧める彼女の店はたちまち村の話題になった。が、奇しくも村はキリストの断食期。村の指導者Reynaud伯爵(Alfred Molina)は、なんとかしてVianneを村から追い出そうとする。


e0059574_085919.jpg
ブルゴーニュ州はディジョンの北西約40kmにある美しい村フラヴィニー・シュル・オズラン(Flavigny sur Ozerain)、その村にオープンしたショコラテリア。


e0059574_091449.jpg
敬虔なクリスチャンReynaud伯爵(Alfred Molina)は、チョコレートを悪魔の食べ物と忌み嫌い、Vianneを村から追い出そうとする。そんな彼は妻との関係に悩んでいた。


e0059574_092634.jpg
Vianneが心を込めて用意したホットチョコが楽しみなArmande(Judi Dench)は、糖尿病という健康上の問題だけでなく、娘との関係に悩んでいる。


e0059574_093731.jpg
ある日この村にジプシーの一団が流れ着いた。VianneはそのリーダーであるRoux(Johnny Depp)という男に心を奪われ、彼を店に招き入れる。


e0059574_094851.jpg
船上で一人静かにギターを奏でるジョニデ♪ あの頃の彼は最高によかったなァ。


e0059574_010161.jpg
Armandeの誕生日パーティーには、チョコレート尽くしのご馳走がテーブルに並んだ。ジョニデが手にするローストターキー?に、チョコレートソースの組み合わせ。あれを食べてみたい。


e0059574_0101614.jpg
夫の暴力を恐れ店に逃げ込んだJosephine(Lena Olin)は、Vianne母娘の生活に加わって店を切り盛りする。

ヴァレンタインデーでしたね。日本では熱いチョコレート商戦が繰り広げられたことでしょう。チョコと言ったら、この映画が真っ先に頭に浮かぶ。ジョニデがよかった。脇役にJudi DenchやAlfred MolinaやLena Olinという癖のある役者が揃ったことで、不思議な雰囲気が漂っていたっけ。『チャーリーとチョコレート工場』にも出ているジョニデは、Vanessa Paradisと結婚してチョコホリックになったのかしらん?^^

製作国:UK, USA
初公開年:2000年
監督:Lasse Hallström
キャスト:Juliette Binoche, Johnny Depp, Judi Dench, Alfred Molina, Lena Olin...


[PR]
by amore_spacey | 2011-02-15 00:10 | - Other film | Comments(4)
Commented by 赤メガネ☆ at 2011-02-15 02:22 x
あぁ、このジョニデったら、たまんないよねぇ~♪
チョコレート尽くしの料理は、まるで味の予測がつかず
気になるったらありゃしない(汗)

で・・・チャーリー“の”じゃなくて“と”だと思われ(笑)
Commented by amore_spacey at 2011-02-16 01:15
☆ 赤メガネ☆たんへ。
この時のジョニデは、もうたまらんデス。若かったし…(アタシも) でもチョコ製造部門で働いてる友人の話を聞くと、チョコのニオイが全身に染み付きそうで、頭クラクラだわぁ。あれれ、「チャーリーの」だとばかり思ってました。さっそく修正に参りますっ!アリガト。
Commented by 松たけ子 at 2011-02-16 20:53 x
amoreさん、こんばんは!

ショコラのジョニー、最高~♪ほんとあの頃が彼がいちばん好き!私も若かったです...
ビノシュのほうが年上かと思ったら、確か同い年だっけ?最強マンイーターなビノシュとの共演に、ジョニーも食われちまう!と戦々恐々でしたが、よく考えてみたらビノシュは若専、ジョニーはロリコン、まったく互いにタイプじゃなかったので、杞憂に終わりました♪
この映画、大好きな「存在の耐えられない軽さ」以来のビノシュとレナ・オリンの再共演が感慨深かったです。二人とも年取ったなあ、私も、と(涙)。
Commented by amore_spacey at 2011-02-18 01:16
☆ 松子さんへ。
ビノシュがずーっと年上だと思ってました。同い年だったような(歳の差があったとしても1~2歳) お姉さんに甘える弟…みたいな。ええ、テントの中でジョニデが彼女に絡むシーンなどは、「やめてぇぇぇ、私のジョニデに近づかないでぇぇぇ」状態で観てました。言われてみれば、余計な心配でしたね。『存在の耐えられない軽さ』観てないんです。私もオリンちゃんが好きなので、これから探して観てみますね♪ いつの間に私たちって年とっちゃったんでしょう?(ため息)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< James Francoおめでとう! Kiss me kill me... >>