江~姫たちの戦国~ 第11話

イチ抜けた度 ★★★★★(100点)

e0059574_05246.jpg
【あらすじ】 天正11年4月。江(上野樹里)たちは秀吉(岸谷五朗)の人質となって安土城へ入り、おね(大竹しのぶ)から京極龍子(鈴木砂羽)を紹介される。龍子は夫を秀吉に殺されたが側室になり、秀吉は優しい人と語るが、江たちは激しく嫌悪する。そんな時秀吉の工作で、織田信孝(金井勇太)が自害。それを聞いて激怒した信雄(山崎裕太)は、家康(北大路欣也)に打倒秀吉の戦を仕掛けようと持ちかける。一方茶々(宮沢りえ)の美ぼうに心を奪われる秀吉の様子に、「姉様を秀吉の毒牙から守る」と江は宣言する。


e0059574_053691.jpg
もうこの茶番劇にはついていけませぬ。「秀吉には徹底的に悪者になってもらう」という制作者の談話を読み、ここらで切り上げるのが潮時かと。あの秀吉がもっともっと我が物顔で大暴れするなんて…(絶句) すでに破綻をきたしているこのドラマの行く末が、ただただ心配でなりませぬ。誠に心苦しゅうございますが、第11話をもってリタイアさせて頂きとうございます。

製作国:Japan
公開日:2011年4月2日
演出:伊勢田雅也 他
キャスト:上野樹里, 宮沢りえ, 水川あさみ, 左時枝, 鈴木砂羽, 萩原聖人, 岸谷五朗, 大竹しのぶ, 石坂浩二,北大路欣也, 鈴木保奈美(語り) ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-15 00:06 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 今度は愛妻家 ぐるりのこと。 >>