今度は愛妻家

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_0242953.jpg
【あらすじ】 かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介(豊川悦司)だが、ここ1年ほど全く写真を撮る事ができず、ぐうたらな毎日を送っている。妻のさくら(薬師丸ひろ子)はそんな俊介に文句を言いつつも、かいがいしく世話を焼くのだった。しかしある日女優志望の蘭子(水川あさみ)を家に連れ込んでいる俊介をさくらが目撃。彼女は夫に愛想を尽かして、旅行に出てしまう。その後しばらくは独身気分を満喫していた俊介だったが、なかなか家に帰ってこないさくらに苛立ちを覚え始める。


e0059574_0244827.jpg
この作品にはあるしかけがあって、それを境に今まで笑ってみてきた数々のエピソードが全く別の色を帯び始め、健気で明るくふるまいながらも心にすきま風を感じる妻や、大きな口を叩いているくせに切なくてやるせない夫の気持ちにじわっと涙するのだ。薬師丸ひろ子が可愛かった~♪ ほんとに可愛い奥さんだなぁ。


e0059574_0261580.jpg
女にだらしなくて自分勝手で扱いにくいんだけど、憎めないヤツ。そんなダメ男をやらせたらピカイチの豊悦。彼の内側から滲み出る男の色気にやられました(*^^*) あれはセクシーとかそういうのじゃない。脇役陣もいいね。若い頃は悪役に徹していた石橋連司が、最近は色んな役柄に挑戦して芸域を広げている。オカマの熱演に拍手。主役の2人がたびたび口ずさむ井上陽水の♪夢の中へ♪や、夜の下町に雪が降るエンドロールの景色とともに流れる♪赤い目のクラウン♪が心にじわりときて、気がついたら涙がぽろぽろこぼれていました。 

製作国:Japan
初公開年:2010年
監督:行定勲
キャスト:豊川悦司, 薬師丸ひろ子, 水川あさみ, 濱田岳, 城田優, 井川遙, 石橋蓮司 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-16 00:26 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 必死剣鳥刺し 江~姫たちの戦国~ 第11話 >>