Maurice (モーリス)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0275677.jpg
【あらすじ】 1909年、ケンブリッジ大学。キングス・カレッジの寮生Maurice Hall(James Wilby)は、同期生で優等生のRisley(Mark Tandy)と討論を交わすために訪れたトリニティ・カレッジで、討論のメンバーであるClive Durham(Hugh Grant)に出会った。知性に満ちギリシャの古典的理想主義と同性愛の信奉者である彼は、夏のある日Mauriceに愛を告白した。


e0059574_0281685.jpg
これはまさしく竹宮恵子の『風と木の詩』の世界だった。印象派の絵のような映像の中で、英国の名門ケンブリッジに通う若くて美しい青年たちの同性愛が描かれる。ただし時代は1910年。当時同性愛は犯罪とみなされ、捕まれば投獄された。そんな社会的背景の中で、Mauriceは同性を愛する気持ちに真正面から向き合うがために葛藤し続ける。Cliveは名誉と出世を選び普通に結婚生活も営み同性愛に蓋をして生きていく。自分からMauriceに告白しておきながら、要領よくさっさと結婚して安全なところに身を落ち着かせたCliveは狡いかも知れないが、心の底で引きずり続けるものがあったに違いない。苦悩し続ける彼らが、もし現在のゲイパレードを見たら、どう思うのだろう?

製作国:UK
初公開年:1987年
監督:James Ivory
原作:E.M Foster
キャスト:James Wilby, Hugh Grant, Rupert Graves, Denholm Elliott, Simon Callow, Ben Kingsley, Helena Michell ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-21 00:32 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 犯人に告ぐ オカンの嫁入り >>