Una vita tranquilla (穏やかな暮らし)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_163539.jpg
【あらすじ】 南ドイツはフランクフルトの近くで、ホテルとレストランを経営する50歳のRosario Russo(Toni Servillo)は、妻Renate(Juliane Köhler)と息子Mathias(Leonardo Sprengler)と穏やかに暮らしていた。しかしある日頑強な2人の若者が彼の元を訪れてから、平穏な日常にさざなみが立ち始める。Rosarioを演じたToni Servilloが、2010年ローマ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞。


e0059574_164825.jpg
Rosarioは一度死んでいる。1度目の人生は、ナポリの北にあるカゼルタの街で、カモッラ(camorra=南イタリアはカンパニア州、特にナポリを拠点とする暴力・犯罪組織)の幹部をやっていた。人も殺した。そんなヤクザな仕事から足を洗い過去を消して、新しい名前とアイデンティティを得た彼は、ドイツで第2の人生をやりなおす。順風満帆にみえた。しかし封印したはずの過去が、彼をしっかり捕らえて離さない。追い討ちをかけるように、すっかり記憶の彼方にあった息子Diego (Marco D’Amore)が、突然自分の前に姿を現す。Rosarioはしょせん、アリ地獄でもがくアリにすぎないのだ。


e0059574_17221.jpg
Rosarioのような過去の持ち主が、自分の足跡を消して生まれ変わろうなんて、そんなうまい話がどこにある?カモッラには血の繋がり以上の、恐るべきしがらみがあるというではないか。落とし前はちゃんとつけてもらおうじゃありませんか、の世界。そんなしがらみを断ち切るのは、容易なことではない。容易でないと言えば、コテコテのナポリ訛りの会話を聞き取るのも容易じゃありませんでした。字幕をつけて欲しかったね。

製作国:Italy, France, Germany
初公開年:2010年
監督:Claudio Cupellini
キャスト:Toni Servillo, Marco D'Amore, Francesco Di Leva, Juliane Köhler, Leonardo Sprengler ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-05 01:07 | - Italian film | Comments(2)
Commented by kaioko at 2011-05-05 08:50
こんにちは。
イタリア映画祭に行ってきました。
「穏やかな暮らし」は観ることができませんでしたが、カモッラ団のお話なのですね。
数年前に公開された「GOMORA」も今秋日本公開されることとなり、まだまだマフィア=ゴッドファーザーという認識の日本でこういう作品が公開されるのは意義あることかな、と思います。
こちらのブログで紹介されていた作品も観ることができました。
「Mine Vaganti」、「La prima cosa bella」がすごく面白かったです。
Commented by amore_spacey at 2011-05-07 00:50
☆ kaiokoさんへ。
お久し振りです(^^) イタリア映画祭に行かれたんですね。『Gomorra』は予告編を観てショックを受け、未だ観ていないんです。この手の作品は苦手で…。でも本作は過去に押し潰されそうになるRosarioの心の動きを追いかけていく、というので観ました。が、やはりああいう過去を背負っているので、全体のトーンは暗いですね。Toni Servillo、適役です!ご覧になった2本は、私も大好きですよ♪
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< きらきら光る Thor (マイティ・ソー) >>