Fucking Amal / Il coraggio di amare (ショー・ミー・ラヴ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_38364.jpg
【あらすじ】 スウェーデンの片田舎にある、糞ったれのような小さな街Amal(=Fucking Amal)に暮す、Elin(Alexandra Dahlström)と2年前ここに引っ越してきたAgnes(Rebecka Liljeberg)。おしゃれで可愛いElinの学校での会話といえば、パーティーやファッションや男の子のことばかり。なんの知性も感じられない友だち連中にも、彼らと何ら変わらない自分にも、うんざり。一方両親の愛情に包まれて育ったAgnesは、内気で地味で、そんなクラスの雰囲気に馴染めず、友だちが1人もいない。ある日退屈を持て余したElinは姉のJessica(Erica Carlson)と一緒に、招待状をもらったAgnesの誕生日会にでかけた。そこで起きた小さなハプニングをきっかけに、2人は徐々に親しくなっていく。


e0059574_384926.jpg
主役の2人の少女が、とても魅力的である。冴えない少女Agnesを演じるRebecka Liljebergの、パツンと切ったおかっぱや強い意志を感じさせる聡明な瞳。ブロンド髪のセクシーなElinを演じるAlexandra Dahlströmの、ぷるんとしたさくらんぼのような唇や谷間くっきりの豊満な胸。ふっとした表情は、Scarlett JohanssonとMena Suvariを足して2で割ったような、一歩誤ればちょっぴり淫らな感じ。きっちり描き分けられたキャラが光っていた。

まるで対極にいるようにみえるが、実は2人とも自分の居場所を探してもがいている。コレを互いの中に見つけた。だから惹かれあっていったんだろうね。男の子たちの下らない薄っぺらな会話、ちっとも分かっていない親の提案やナンセンスな慰め、友だち連中の噂話や余計なお節介、ダサくて田舎くさいこの街、全てにう~んざり。監督が丁寧に描き出す思春期の女の子の心模様に、「そうそう、そうなのよね」とすんなり共感できる。この年代の同性愛は、大人の同性愛とはかなり違う。好意を寄せる同性の友だちのそばに居たい&独占したい。そしてこれを公言することで、死ぬほど退屈な暮らしからやっと抜け出せる。「私たちはあなたたちとは違うのよ」「ちょっぴり大人なのよ」という優越感も得られる。可愛い。そっと見守ってあげたい友情だな。

製作国:Sweden
初公開年:1998年
監督:Lukas Moodysson
キャスト:Alexandra Dahlström, Rebecka Liljeberg, Erica Carlson, Mathias Rust, Stefan Hörberg, Josefine Nyberg ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-08-31 03:09 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Alza la testa (... The debt (ザ・デット) >>