Alza la testa (頭を上げて)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(72点)

e0059574_0423273.jpg
【あらすじ】 造船所で働く熟練工のMero(Sergio Castellitto)は、アルバニア人の女性との間にできた1人息子Lorenzo(Gabriele Campanelli)を、男手一つで育てている。かつて彼が果たせなかったボクシング・チャンピオンになる夢を息子に託して、日々トレーニングを重ねていた。ところが息子がルーマニア移民の少女と出会ったことから、父と息子は対立し、二人の運命は予期せぬ方向へ進んでいく。Meroを演じたSergio Castellittoは、2009年ローマ国際映画祭で最優秀男優賞に輝いた。


e0059574_0424713.jpg
この作品は、移民問題・脳死・臓器移殖・トランスジェンダーなど、世界中の国が多少なりとも抱えている社会問題に目を向けながら、父子の関係や自分自身との関係を濃く激しく描いている。非常に衝撃的・激的でハイテンポな展開に、後半は付いて行けなかった。Sergio Castellittoが演じる頑なで心を閉じた親父の、星一徹のような暴走ぶりが、何とも凄まじく哀しい。


e0059574_043849.jpg
一流のボクサーになることが息子の幸せになる、と信じて疑わない哀れな父親。それが仇となってしまった。息子の気持ちを汲んでやろうともしないで、勝手に怒りを爆発させ、勝手に落胆し、勝手に哀しんでいる。これじゃ、まるで1人芝居。作品の言わんとするところは分かる。息子の心臓を移植されたSonia(Anita Kravos)に出会って、Meroは自分自身を見つめるようになる。息子のために、と自分が今までないがしろにしていたことや、脇に押しやって蓋をしてきた感情に、ようやく向き合う。本来の自分を取り戻していく姿は、感動的であり救いのあるフィナーレだった。けれどSergio Castellittoの演技が上手すぎるために、彼1人が頑張っているかのような不調和を感じた。ラストシーンは全く独りよがりの自己満足で、どうしても共感できない。

製作国:Italy
初公開年:2009年
監督:Alessandro Angelini
キャスト:Duccio Camerini, Gabriele Campanelli, Sergio Castellitto, Giorgio Colangeli, Augusto Fornari, Anita Kravos...


[PR]
by amore_spacey | 2011-09-03 00:45 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 百万円と苦虫女 Fucking Amal / ... >>