スイートリトルライズ

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_1174051.jpg
【あらすじ】 人気テディベア作家の瑠璃子(中谷美紀)は、夫の聡(大森南朋)と結婚して3年目。周囲からは理想的な夫婦に見られるが、最近は体の関係がなくなり、聡は自室でTVゲームをする時間が多くなっていた。そんな時瑠璃子はベアの個展で春夫(小林十市)という青年と出会い、情熱的な春夫のアプローチによって2人は恋に落ちていく。一方聡は大学のサークルのOB会で、自分に好意を寄せる後輩・しほ(池脇千鶴)と再会する。そして彼女と情事を重ねるようになった。


e0059574_1175012.jpg
空気のような透明感のある江國作品。吟味して選んだお洒落なインテリア。刺激はないけれど、ナチュラルで穏やかな時間と空間。それが瑠璃子&聡の暮す家。だけど私には苦痛で退屈な家。自分の部屋にこもって、1人でTVゲームをする夫の聡って何なんだ?喜怒哀楽が全くない、枯れ木のような男。楽しいの?美味しいの?辛いの?怒ってるの?うちのハムスターでさえ、もっと感情のメリハリがあるのに。そんな男、早くやめちゃいなよ。結婚生活3年、夫婦喧嘩は全くなし?そりゃ変ではないけれど、仲がよいことにもならない。まだまだ若いはずの瑠璃子も、老けちゃってるし。です・ます調の他人行儀な会話には、もはや付いていけませんでした。

この夫婦には現実感やセクシュアリティというのが殆ど感じられなかった。人間の形をしたロボット。情事においても男女関係がもつ情熱や生々しさ、狂気や嫉妬がなく、いつもどこかで理性が働いている。折り目正しい。退屈。そんな中で衝撃を受けたのが、テディベアの目を縫い付けるシーン。あれは怖かった。

製作国:Japan
初公開年:2010年
監督:矢崎仁司
原作:江國香織
キャスト:中谷美紀, 大森南朋, 池脇千鶴 小林十市, 大島優子, 黒川芽以 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-09-14 01:20 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Agata e la temp... Public Enemy (公... >>