洋菓子店コアンドル

私のお気に入り度 ★★★☆☆(72点)

e0059574_0161810.jpg
【あらすじ】 東京で人気の洋菓子店“パティスリー・コアンドル”に、恋人の海(尾上寛之)を追いかけて上京して来た少女・なつめ(蒼井優)が訪ねてきた。しかし恋人は既に店を辞め、居場所が分からない。行く宛のないなつめは、泊り込みで働かせてくれと頼み込んだ。シェフ依子(戸田恵子)は渋々雇うが、仕事はのろくスタッフのマリコ(江口のりこ)とも喧嘩ばかり。ある日なつめは、自分のケーキをスイーツ評論家の十村(江口洋介)に食べてもらう。しかし、あっさり「0点」と。その日からなつめはケーキ作りに没頭する。


e0059574_0163292.jpg
次々に出てくるジュエリーのようなケーキ。加賀まりこや蒼井優ちゃんたち、何ておいしそうにケーキを食べるんでしょう。フォークを口に運ぶ時の、至福の表情。作品の出来は今一つで、突っ込みどころも満載だけれど、素敵なケーキを観ることができた、それだけで幸せ♪ ケーキを作る時の、優ちゃんの真剣な眼差しや手つきや姿勢がいいなぁ。パワーあるダミ声も可愛いョ。不器用で一途な職人気質を一心に演じた江口のりこは、かなり損な役回りだったけれど、何だか憎めないよね。幾つになっても加賀まりこは可愛い。そして戸田恵子扮するシェフ依子の、なつめに対する飴と鞭の匙加減が、絶妙!こんなお姉さんが欲しかった。

些細なことなんですが、コアンドルは、Coin de rue と書くんですよね?これって Rue de Coin(コアン通り)の間違い?それとも語呂がいいからコアンドルにしたのかしら?

製作国:Japan
初公開年:2011年
監督:深川栄洋
キャスト:江口洋介, 蒼井優, 江口のりこ, 尾上寛之, 粟田麗, 嶋田久作, 加賀まりこ, 佐々木すみ江, 戸田恵子 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-09-28 00:21 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by xthneh5d at 2011-10-02 07:35
こんにちわー。
日本の友人お勧めのこの映画、まだチャンスがなくて未見です。
この夏の里帰りでは、ロケの行われたホテルで製作協力店のケーキも頂いて来ました。
しかしコアンドルがcoin de la rueのことだとは全く思いませんでした。
仏語では街角とか、この辺りみたいな感じみたいなのでしょうか。
昔住んでいたパリの街角を懐かしむ内容のシャンソンもありますよ。
Commented by amore_spacey at 2011-10-03 03:27
☆ xthneh5dさんへ。
うわぁぁ、この映画に登場したケーキを召し上がったんですね。もう見ているだけで、しあわせすぎて全身がとろけそうになりました。次回の一時帰国には、私も忘れないように食べに行かなくちゃ、メモメモ。ポスターをみるとコアンドル=coin de rueって書いてあったので、単純にそんな疑問を持ったのですが、街角的なニュアンスなら、この作品にぴったりですね。フランス語ダメダメなことが、バレちゃいました(滝汗)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Grey's Anat... The Kids Are Al... >>