Chaos (女はみんな生きている)

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_3154291.jpg
【あらすじ】 ある晩Hélène(Catherine Frot)と夫Paul(Vincent Lindon)の車に、怪しげな男たちに追われた血まみれの若い女が助けを求めて駆け寄ってきた。しかし面倒に巻き込まれたくないPaulは、無情にも走り去る。翌日いてもたってもいられないHélèneは、救急病院で瀕死の女をなんとか探し当てる。女はNoémie(Rachida Brakni)という名の娼婦で、どうやら組織に追われているらしい。Hélèneは家事も仕事もなげうって献身的に介護し、身体を張って追っ手から彼女を守った。やがて回復したNoémieから、衝撃的な打ち明け話を聞く。


e0059574_3155754.jpg
コミカルにスリリングにに進んでいく前半と、Noémieの口を借りたずっしり重い社会的メッセージを織り込んだ後半のバランスが絶妙で、最後まで片時も目が離せなかった。カタルシスをもたらしてくれるエンディングに、正義は勝つ!と溜飲を下げてくれる。少なくとも作品の中で、私たちは胸を撫で下ろすことができる。色んな女性が登場する中で、HélèneとNoémieにとても惹かれた。夫や息子からはまるで女中のような扱いなのに、声を荒げず表情を変えず、さらっと言い返すクールでカッコイイHélène!これがイタリア映画だったら、ヒステリックにキィキィ叫ぶLaura MoranteやGiovanna Mezzogiornoあたりが登場しそう(滝汗) 

あの晩Noémieを見捨てた、という良心の呵責をずっと引きずっていた。しかしそれ以上に、誰かの役に立ちたい。それによって自分が生きていることを実感したい。そんな気持ちがHélèneを突き動かして、あそこまで一途に深くNoémieに関わることができたのだ。Hélèneを演じたCatherine Frotのさっぱりとした風貌や仕草は、隣に住んでいる気さくなマダムな雰囲気で、従来のフランス人女優のアンニュイでコケティッシュなイメージを一新してくれ、とても好感が持てた。Noémieが不死鳥のように蘇っていく過程も素晴らしい。思わず応援したくなる。Noémieの圧倒的な存在感と意思、そして黒く縁取られた美しく大きな瞳。病院のベッドの上で、カッと見開いた目は怖かったぁ、プルプル。Paulを演じるVincent Lindonの、ダメっぷりがめちゃくちゃ面白い。ハマり役だ。

どうでもいいことなんだけど、Hélène&Paulの家に飾ってある、漢字の「福」の色紙が上下逆さ。それが妙に気になりました(^u^;)

製作国:France
初公開年:2001年
監督:Coline Serreau
キャスト:Vincent Lindon, Catherine Frot, Rachida Brakni, Line Renaud, Aurélien Wiik, Ivan Franek, Michel Lagueyrie ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-03 03:17 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Ovunque sei Grey's Anat... >>