Ovunque sei

私のお気に入り度 ★★☆☆☆(55点)

e0059574_0103076.jpg
【あらすじ】 Matteo(Stefano Accorsi)は35歳の医者。妻のEmmaエマ(Barbora Bobulova)との関係は冷え切っていたし、自分自身のキャリアや収入にも関心はなく、人生に疲れていた。ある日彼は若い救急隊のボランティアElena(Violante Placido)に出会い、間もなく彼女に惹かれていった。同じ頃Emmaは、Matteoと同じ病院の内科医Leonardo(Stefano Dionisi)と関係を持ち始めていた。ある夜MatteoとElenaが乗っている救急車が、Leonardoの車に押されて橋の上で横転してしまった。事故により死に直面したMatteoは、愛の意味を再認識する。


e0059574_0104018.jpg
何だ、こりゃ?監督の自己陶酔&自己満足な作品?娘Violanteや弟Donatoまで総動員させた、Placido一家の家内制手工業?台詞の一つ一つが陳腐で笑える。話題を呼んだラストシーンだけど、あの意味は?どうしてもやらせてくれ!とStefano Accorsiが泣きついたのか?妻を演じたBarbora Bobulovaって、ヘアスタイルや髪の色やメイクで七変化する大竹しのぶみたいで、結構好きなんだわぁ。

製作国:Italy
初公開年:2004年
監督:Michele Placido
音楽:Ludovico Einaudi
キャスト:Stefano Accorsi, Barbora Bobulova, Violante Placido, Stefano Dionisi, Valentina Lodovini, Donato Placido ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-05 00:11 | - Italian film | Comments(2)
Commented by レイネ at 2011-10-06 19:48 x
クローデル監督作品のTous les Soleilsに主演していたステファーノ・アッコルジは、ほのぼのした雰囲気で好感度抜群。眼鏡かけてて冴えない風貌で、恋愛にもあまり積極的でないけど、人間味に溢れてて、バロックを専門とする音楽学教授という設定がばっちり合ってました。
もっと、彼の出演作品(沢山ありそう)を見てみたいと思ってたところですが、これはどうもイマイチのようですね。そして、彼はイタリアでは2枚目俳優なんですね。。。人気ある人ですか?
Commented by amore_spacey at 2011-10-07 03:16
☆ レイネさんへ。
Stefano Accorsiはフランス人モデル&女優のLaetitia Castaと事実婚で、フランスに住んでいるようですね。ジェラートのCMで一躍有名になった頃はとても可愛かったのに、最近あの三白眼とM字型デコがますます進行して、苦手になってきました。

http://www.imdb.com/name/nm0009629/
↑私の独断によるお勧めは、Saturno Contro(2007)、Un viaggio chiamato amore(2002)、Le fate ignoranti(2001)、L'ultimo bacio(2001) 、Jack Frusciante è uscito dal gruppo(1996) です。国内外でとても人気があり、この先楽しみな役者さんですョ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Si puo' far... Chaos (女はみんな生きている) >>