神童

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_010116.jpg
【あらすじ】 音大を目指して浪人中のワオこと菊名和音(松山ケンイチ)と、神童と呼ばれて育った13歳の天才ピアニスト・成瀬うた(成海璃子)が出会う。このところ母親(手塚理美)の目を盗んではレッスンをさぼってばかりのうたは、愚直なまでにピアノに打ち込むワオを気に入り、彼の実家である青果店に入り浸るようになる。うたの応援もあり、翌春、ワオは首席で合格し、今は亡きうたの父で音楽家だった光一郎(西島秀俊)を知る御子柴教授(串田和美)のレッスンを受けることになる。


e0059574_0102363.jpg
主役の成瀬璃子ちゃん&松ケンや、脇を固める手塚理美・柄本明・吉田日出子・キムラ緑子が、自然体で安定した演技だった。璃子ちゃん、堂々として上手いね。ちゃらちゃらしたところがなく、かといって力みすぎでもなく、年齢相応に爽やかで感じがいい。鍵盤の上を軽やかに動く、彼女の手や指の形が綺麗だった。でも神童には見えなかったなー。

せっかく役者がいい演技をしているのに、この作品は一体何を描きたかったのか?さっぱり分からなかったのが残念。ピアノや声楽の吹き替えが、微妙にずれていたのも気になった。うたが世界的ピアニストの代役として急遽ステージに立つ。その場で楽譜をもらって、モーツァルトのピアノ協奏曲を演奏するクライマックス。って、そりゃ有り得ないでしょ?(Ф_Ф;) ずっと意味ありげに出てきたぬいぐるみ、あれが気になって気になって(^^) 素晴らしいピアノの演奏を聴くことができたのは、よかったかな。音楽は心を豊かにしてくれ、明日へのエネルギーを生み出してくれる♪

製作国:Japan
初公開年:2007年
監督:萩生田宏治
キャスト:成海璃子, 松山ケンイチ, 手塚理美, 甲本雅裕, 西島秀俊, 串田和美, キムラ緑子, 吉田日出子, 柄本明 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-15 00:10 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Un secret (秘密) ショック!キム様、間もなくパパ。 >>