Che Dio ci aiuti (神よ、われらを助け給え)

e0059574_1101318.jpg
モデナの街が、TVドラマの舞台としてデビューした。ローマでもフィレンツェでもヴェネチアでもトリノでもボローニャでもなく、モデナなんですよ。イタリア放送協会のRai Unoで、昨年12月15日より毎週木曜日の夜9時から放映中のChe Dio ci aiutiである。

主人公は修道女Angelaで、元カレには犯罪歴があるという型破りな彼女だが、シングルマザーなど若い女性が抱える問題に、厳しくも母性愛に満ちた心で真摯に取り組んでいる。そんな彼女が、ちょっぴり女ぐせの悪いMarco刑事(Massimo Poggio)と一緒に、毎回起きる事件を解決していく、というお話。2000年からやはりRai Unoで放映され、今年シーズン9に突入するTVドラマDon Matteoの修道女ヴァージョンというわけ。主人公Angelaに抜擢されたのは、『明日のパスタはアルデンテ』でエキセントリックな叔母Lucianaを演じたElena Sofia Ricci。


e0059574_111322.jpg
昨秋からモデナのローカル新聞には、ロケ中の様子やキャスト&市長の集合写真など、関連記事がよく掲載される。そう言えば娘が通学する際に使うバス路線が、昨秋何度か迂回運転したことがあった。撮影のための交通規制で、Rai Unoと大きく書かれたテレビ局の大型トレーラーや機材車やワゴン車が、あるときは大聖堂前に…


e0059574_1112518.jpg
またあるときは、聖アゴスティーノ教会(Sant'Agostino)前に横づけされ、スタッフを遠巻きに眺める市民が群がっていたという。私の友人の中には撮影の休憩時間を狙って、ElenaやMassimoからサインをもらったり写真を撮ってもらったりしている。もしKim Rossi Stuartさまだったら、仕事なんか放り出し、ファンの女性たちをなぎ倒して、サインもらってツーショット撮って喋りまくって、ドサクサに紛れてハグなんかもしたいんだけど。あ~あ、Kimさま、来ないかなぁ。


e0059574_1125386.jpg
今日はこのTVドラマのロケ地を紹介(^^) 大聖堂通り(Corso Duomo)に面して、ユーロ旗とイタリア国旗がはためく白っぽい門は、モデナのカトリック大司教館(Palazzo dell'Arcivescovado)である。


e0059574_1132626.jpg
この2階にあるベランダのアイアンの手すりに、白と青のPOLIZIAの看板がバーーン!と貼り付けられて、ドラマの中では警察本部になっている。


e0059574_114594.jpg
姑が録画したある夜のエピソードを早送りで見ていたら、Maseratiの旧ビルから警部がヒロインの修道女と出てきたシーンを発見。


e0059574_1143343.jpg
さらに警部たちが事件の鍵を握る人物の足跡を辿って行った先は、四つ星ホテルHotel Canalgrandeの…


e0059574_115340.jpg
この階段を上がって右に進んだところ(ここまではロケ)にあるエステサロン(ここからはスタジオ撮影)だった。


e0059574_1153117.jpg
そして犯人のアジトとなっていたのが、ポンポーザ広場(Piazza della Pompoza)向かって右奥の紅色の建物。この広場にパトカーで警部たちが颯爽と登場するのだが、見慣れたこの広場をドラマでみると、まるで初めて訪れたかのような不思議な感覚に陥る。さてこのTVドラマ、モデナの街おこしに貢献できるか?

製作国:Italy
公開年:2011年12月15日~2012年
監督:Francesco Vicario
キャスト:Elena Sofia Ricci, Massimo Poggio, Serena Rossi, Francesca Chillemi, Miriam Dalmazio, Giampiero Judica, Christian Ginepro, Enrico Mutti ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-01-18 01:17 | - Italian film | Comments(2)
Commented at 2012-01-19 05:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amore_spacey at 2012-01-20 01:03
☆ 鍵コメ様へ。
私もTVはニュースさえ見なくなってしまったので、このTVドラマも新聞や姑や友人から仕入れたネタしか知らないんです。Kimさまが出ていたら、観たんですけれどね(^^)

私はほとんど飲めません。アルコールの分解酵素が、体内にないようで、お猪口一杯で寝でしまいます。ワインのおいしい国に暮らしていながら残念です。ぜひお時間のある時に、上陸して下さいね。私も久しぶりにそちらに行きたくなっているところです。チャンスを逃さないように、計画たててみますね!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 最後の忠臣蔵 Lonely Hearts (... >>