Contagion (コンティジョン)

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_19429.jpg
【あらすじ】 香港出張からミネソタの自宅に帰って来たBeth Emhoff (Gwyneth Paltrow)が、謎の疾病で急死した。やがて彼女の幼い息子Clark(Griffin Kane)も同じ症状で死亡。香港、ロンドン、東京などの各都市でも同じ症例での死亡者が発生し、死者はどんどん増えていった。報告を受けた世界保健機関(WHO)や疾病予防管理管理センターは、直ちにその病気の調査に乗り出す。しかし感染の広がりは抑えられず、人々の間にはウイルスと共に恐怖心も蔓延していく。


e0059574_1101053.jpg
豪華すぎるキャストをどう料理するのか興味があったが、各々のキャラクターを過不足なく描きながら、主役と脇役の境界線をきっちり引いた演出が素晴らしかった。Gwyneth Paltrowがあっさり退場したのには驚いたな。『アウト・ブレイク』のように、未知の病原体の脅威に立ち向かう人々の姿を描いた作品は多いけれど、本作品ではウイルス以上に怖い社会現象に言及している。それは『誰も守ってくれない』にも登場する、ネット社会の風評。フリーランスのジャーナリストAlan(Jude Law)がブログ上で発信した不確かな情報によって、人々はパニック状態に陥ってしまう。


e0059574_110546.jpg
不気味な役に抜擢されると、Jude Lawって水を得た魚のように生き生きして見えるんだけど?悪役を演ずるのは、役者の醍醐味なのかしら?妻だけは守ろうとした自分のエゴを恥じて、疾病予防センターのEllis Cheever博士(Laurence Fishburne)が自分用のワクチンを、オフィス清掃スタッフの子どもに渡すシーンに、じ~ん。『ラス・ヴェガスをブッつぶせ!』の頃より、Fishburne氏の顔が小さくなってる?^^ みなさん、帰宅後は手洗い&うがいを励行しましょう。

製作国:U.S.A.
初公開年:2011年
監督:Steven Soderbergh
キャスト:Gwyneth Paltrow, Marion Cotillard, Kate Winslet, Jennifer Ehle, Josie Ho, Matt Damon, Laurence Fishburne, John Hawkes, Jude Law ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-01-27 01:11 | - Other film | Comments(4)
Commented by レイネ at 2012-01-27 21:18 x
映画館で予告編は観たんですが、オランダではロードショーになったんだろうか。未見です。
しかし、キャストが凄すぎますね。その中で、ジェニファー・イーリーやマット・デイモンはちゃんとした役貰えてるのか、ちょっと心配になります。
ジュード・ロウは、基本的に変人・奇人役が似合う人だと思います。
Commented by turezure-italia at 2012-01-29 09:21
こんばんは。

Soderbergh監督ものですね。この監督といえば、やはり「セックスと嘘とビデオテープ」、そして「セックスと嘘とビデオテープ」、といえばジェームス・スペイダー…。(結構好きです、彼)。Soderberghはインディペンデント系だと思ってたけれど、「オーシャンズ11&13」も監督しているし、この映画もキャストを見ると売れ筋路線。自分の認識を改めようと思いました。

Gwynethが久々の印象。もう映画に出演する気がないのかと勝手に思ってました。なんかパッとしないですよね?なんてこの映画を見てから言った方がいいかな?!
Commented by amore_spacey at 2012-01-30 04:34
☆ レイネさんへ。
でしょう?こんな豪華キャストをてんこ盛りにして、コケたりしなかったのかしら?な~んて素人な私の懸念は、杞憂に過ぎませんでした。Matt Damonは一市民の代表&Gwyneth Paltrowの夫として、Jennifer Ehleは医師として登場します。『Road to Perdition』でJude Lawと衝撃的な出会いをしたので、あの時のトラウマを今も引きずってマス。Sherlock HolmesシリーズのWatson役は、平凡だな…なんて思ったりしています。
Commented by amore_spacey at 2012-01-30 04:40
☆ 徒然さんへ。
『セックスと嘘とビデオテープ』未見です( ..)φメモメモ 『オーシャン』シリーズは、寝ぼけまなこのまま機上でちら見しただけなので、実はストーリーを把握できてません。汗 Gwynethがあまりにもあっけなく退場したので、ビックリでした。それよりもかなり衝撃的なシーンが登場するので、そっちにもビックリ。デビュー当時はお嬢様のキャッチフレーズで売り出していたけれど、最近そういうのに疲れたのか?夫のChris Martinをみていてミュージカルに目覚めたのか?TVドラマの『Glee』に特別ゲストとして登場。歌って踊って…と、アレは彼女自身が楽しんでますね♪ 昔に比べると、丸み&人間味が出てきたような気がします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Pink SUBARU (ピン... White collar Se... >>