Donnie Brasco (フェイク)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_253873.jpg
【あらすじ】 Donnie Brascoという偽名を使って、ブルックリンを拠点とするマフィア組織に潜入したFBI捜査官Joe Pistone(Johnny Depp)。彼は組織の中のひとりBenjamin Lefty Ruggiero(Al Pacino)に気に入られ信用を得て、組織の中枢へと上り詰めていく。LeftyはそんなDonnieに夢を托し再起をかける。しかし潜入捜査6年目を迎えたある日、DonnieにFBIから撤退命令が下った…。囮捜査官として6年もの間マフィア組織に潜入し、アメリカ5大ファミリーのひとつを壊滅に近い状態に陥れたJoseph D. Pistoneの著書に基づく実話を映画化。


e0059574_26136.jpg
この作品が公開された当時、Al Pacinoが57歳でJohnny Deppが34歳。JohnnyはAl Pacinoの単なる引き立て役?と懸念したが、いやいや、対等に渡り合って素晴らしかった。都合が悪ければ身内さえ簡単に消した『ゴッドファーザー』の冷酷非情なMichael Corleoneを演じたAl Pacinoが、本作品では万年チンピラで人生の下り坂を転げ落ちていく初老のマフィアを好演。実の父親のように優しくDonnieに接するLeftyが、一方ではドラッグに溺れた息子に心を痛め、自分を越えてのし上がった若いボスの下でコマネズミのように働く悲哀に、心の中でむせび泣く。そんな人生の負け犬を、Al Pacinoらしく丁寧に演じてくれた。かっこいいだけのJohnnyとは、桁違いの厚みがある。でもくたびれた赤のジャージに老眼鏡をかけて、TVの動物番組を嬉しそうに見るAl Pacinoの姿を観た時には、「そこまでやらなくても…」と胸が痛くなった。

イタリア語版のAl Pacinoの吹き替えは、彼の強い希望によりGiancarlo Gannini様が担当。もちろんGiancarlo様も大好きなんだけれど、Al Pacinoの顔にGiancarlo様がダブって見えるのが難点かな。ラストシーン前に家を出て行くAl Pacinoの一挙一動、そして扉を閉める彼の背中に漂う哀愁に、目頭が熱くなり鼻の奥がつーん。

製作国:U.S.A.
初公開年:1997年
監督:Mike Newell
キャスト:Al Pacino, Johnny Depp, Michael Madsen, Bruno Kirby, James Russo, Anne Heche, Zeljko Ivanek ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-02-06 02:10 | - Other film | Comments(4)
Commented by turezure-italia at 2012-02-06 06:22
アル・パチーノ、いいですよね。年をとればとるほど深みが出てきたような気がします。アル・パチーノと渡り合う34歳のジョニーも見もの。

友人が昨年からNYに住んでいます(もともとNYに若い時に住んでいた人だけれど、75歳でゼロからやり直すと言って家(近年は日本に住んでいた)を全部売り払って移住)。リトル・イタリーという地区だそうで、よくマフィア関係の人が打ち合いして死んでいるそうです。映画の中だけじゃないんだ、現実にそうなんだな、なんて思いましたよ。
Commented by 松たけ子 at 2012-02-06 21:50 x
amoreさん、こんばんは!

フェイク、懐かしっ!この頃のジョニーがいちばん好きかも。奥さんと階段でメイクラブシーンがセクシイでした♪今のジョニーなら絶対ヤらないシーンだし。
ジョニーのイタリア語吹き替えも有名スターなのでしょうか?
Commented by amore_spacey at 2012-02-08 01:56
☆ 徒然さんへ。
アル・パチーノは私の大好きな(最近熱が冷めてちょっとテンション落ちてますけど…)ケヴィン・スペイシーさまの大先輩でありよき同僚であり友人で、Actors Studioにゲスト出演した時には、リクエストに答えて、アルパチーノの物真似を披露しましたが、本人以上にそーーくりでした(爆) だからNY在住のアメリカ人には、イタリア人=マフィア、の公式が出来上がっちゃってるのかしら?ナポリで打ち合い中の流れ弾に当たって、無関係の人が怪我をしたり命を落したりというニュースを日本の両親が聞いて、心配するのに似てますね。モデナは最近マフィアより'Ndranghetaの活動が目だって、問題になってます。

Commented by amore_spacey at 2012-02-08 01:59
☆ 松子さんへ。
そうなの、この頃のジョニデって全てがシャープで切れ味がいいんですよね。とくに冒頭でアップになる彼の目。あの目ぢからにノックアウトです。あのメイクラブ・シーンは、背中が痣だらけになりそうで、理想的な場所とは言えませんが、若い2人だからあんなアクロバット的なことができるんですね。ジョニデの吹き替えは、兄弟姉妹もいとこたちも声優という一族に育った方で、なかなかいい声ですよ(*^^*)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 平清盛 (第2~5話) 日輪の遺産 >>