Paris, je t'aime (パリ、ジュテーム)

ネタばれあり

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_0194063.jpg
【あらすじ】 愛をテーマにした6分前後の18のエピソードが、パリ20区のうちの18の区を舞台に21人の監督によって描かれている。1つのエピソードのラストシーンが次のエピソードの最初のシーンに重なり、バラバラに見える18のエピソードが連なっていく。


e0059574_0195736.jpg
一番心に残っているエピソードは、【5区セーヌ河岸】。2人の悪友と一緒にセーヌ河岸でナンパしていたFrançois(Cyril Descours)と、そんな彼の目の前で石に躓いて転んだアラブ系の若い女性Zarka(Leïla Bekhti)の淡い恋。Zarkaのパパの気の利いた台詞に顔がほころぶ。このFrançois青年を演じたCyril Descoursくんは、少年の面影を残しながら大人の男性に変貌しつつある時期で、なかなか色っぽくてスキスキ(*^^*) こんな素敵な息子がいたら、絶~対~に手放さないっっ!


e0059574_0202776.jpg
次に好きなエピソードは、【10区フォブール・サン・ドニ】。女優志望のFrancine(Natalie Portman)と盲目の学生Thomas(Melchior Beslon)の恋物語。途中でハラハラしたんだけど、ハッピーエンドでよかった(^^)


e0059574_0205247.jpg
じわっと涙したエピソードは、【19区お祭り広場】。 腹部を刺されて瀕死状態のHassan(Seydou Boro)とその応急処置にあたる医学生Sophie(Aïssa Maïga)の、悲しくせつない恋。ラストシーンの2杯のコーヒーに泣きました。


e0059574_021843.jpg
せつなくも心温まるエピソードは、【12区バスティーユ】。愛人のいる男(Sergio Castellitto)は妻(Leonor Watling)に別れ話を切り出そうとするが、そんな妻から逆に衝撃的な事実を打ち明けられる。そして男は決めた。末期の白血病を患った妻に添い遂げようと。


e0059574_0212170.jpg
最初から最後までイラついたエピソードは、【13区ショワジー門】。シャンプーのセールスマンMr. Henny(Barbet Schroeder)とチャイナタウンにある美容室のオーナーMadame Li(Li Xin)の奇妙奇天烈で全く意味不明な恋。ありゃ、何だったんだァ?【8区マドレーヌ界隈】に出没する吸血女のエピソードも、全く理解不能。


e0059574_0213897.jpg
クスッと笑えたのは、【20区ペール・ラシェーズ墓地】。結婚を1ヶ月後に控えたイギリス人カップルFrances(Emily Mortimer)とWilliam(Rufus Sewell)は、Oscar Wildeのことで喧嘩してしまう。置いてきぼりをくったWilliamの前に、Oscar Wilde本人が現れるなんて…ね。悪役専門?のRufus Sewellに、天然が少し入ると面白いキャラクターになるのね。【2区ヴィクトワール広場】でいきなりマジ顔のWillem Dafoeが、馬にのったカウボーイとして登場したのにはびっくり(≧∇≦) ところでMarianne Faithfullってどこに出てましたっけ?

製作国:France
初公開年:2006年
監督:Olivier Assayas, Christoffer Boe, Sylvain Chomet, Ethan & Joel Coen, Isabel Coixet, Alfonso Cuaròn, Richard LaGravenese, Vincenzo Natali, Alexander Payne, Walter Salles, Oliver Schmitz, Nobuhiro Suwa, Daniela Thomas, Tom Tykwer, Gus Van Sant, Wes Craven, Frédéric Auburtin, Gurinder Chadha, Christopher Doyle, Bruno Podalydès
キャスト:Marianne Faithfull, Steve Buscemi, Sergio Castellitto, Miranda Richardson, Javier Cámara, Juliette Binoche, Willem Dafoe, Nick Nolte, Maggie Gyllenhaal, Fanny Ardant, Bob Hoskins, Olga Kurylenko, Elijah Wood, Emily Mortimer, Rufus Sewell, Natalie Portman, Gena Rowlands, Ben Gazzara, Gérard Depardieu, Margo Martindale ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-04-06 00:22 | - Other film | Comments(2)
Commented by turezure-italia at 2012-04-11 04:37
短編好きの私には嬉しい映画かも?!1つのエピソードがたったの6分なんて、作る方としては難しそうですね。

私も「5区セーヌ河岸」とか、「10区フォブール・サン・ドニ」とか見てみたいです。映画に盲目の人を登場させる作品は、俄然見たくなります。大学時代の教授の持論「盲目の人を登場させる作品には優れたものが多い」がやたら頭に残っていて。理由は…あんまり覚えてませんが(苦笑)!
Commented by amore_spacey at 2012-04-12 03:56
☆ turezureさんへ。
たった6分だから役者&監督の腕の見せ所ですよね。ただ18のエピソードがダダダーーッと来るので、後半ちょっぴり集中力が低下する可能性はあるかも? Sergio Castellittoがなかなかよかったです。参加監督の中に日本代表Nobuhiro Suwa氏の名があるのですが、どんな監督なんでしょうね?盲目の人と言ったら、座頭市ですよねっっ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< FLOWERS - フラワーズ - アンフェア the answer >>