Manuale d'am3re (昼下がり、ローマの恋)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_0583750.jpg
【あらすじ】 ローマの賑やかな通りに、気さくなAugusto(Michele Placido)が管理人を務めるアパートメントがあった。このアパートに住むSara(Valeria Solarino)と結婚するつもりの青年弁護士Roberto(Riccardo Scamarcio)は、トスカーナ地方の農場に立ち退き交渉のため出張する。そこでRobertoは、美しいMicol(Laura Chiatti)に一目惚れし、滞在を延長して素晴らしいひとときを過ごす。『イタリア的、恋愛マニュアル』のGiovanni Veronesi監督が送るシリーズ第3弾。


e0059574_125477.png
恋は理屈ではなく突然始まる若者カップルの第1話、刺激的な恋にはリスクがともなう中年カップルの第2話、そして恋に年齢は関係ない中年&熟年カップルの第3話と3つのエピソードが展開する。が、Carlo Verdoneおじちゃま大奮闘の第2話(↑画像左)以外は、メッチャつまらなかった。Donatella Finocchiaro扮する女ストーカー(↑画像右)、ありゃ凄い!ホント、刺激的な恋には落とし穴ありだな。苦笑

第1弾『イタリア的、恋愛マニュアル』のあの新鮮さやコミカルな面白さが失われ、本作品はひたすら時間を埋めるだけの物語がだらだらと続く。第2弾『モニカ・ベルッチのイタリア的、恋愛マニュアル』の頃からすでにその兆候はあったんだけど、第3弾は完全自爆ですね。相変わらずMonica姐は大根役者だし、日本語タイトルは超ベタだし。
 

e0059574_0591948.jpg
腐っても鯛?的なRobert De Niroの扱いに、ワタクシ異議あり!出演OKした彼も彼だけどね。Monica姐が相手役と聞いて、食指が動いたのかしら?それじゃ、単なるスケベオヤジ?久しぶりにRobertがイタリア語を喋っているのを聞いたなァ(^^) Carlo Verdoneが公開前に、「世界のRobertと同じ空間を共有することができるなんて、俳優をやってて良かった。俳優冥利に尽きる。」とTV番組のインタビューで大感激していたが、彼だって監督の端くれなんだから、煮ても焼いても食えないこの脚本にどうして噛み付かなかったんだろう?痛すぎる作品でした。これを観た人たちは、「イタリアンな陽気で明るい恋物語っていいな。元気になれる!」な~んて、またステレオタイプな勘違いをするんだろうな。イタリアン=明るい、って大間違いではないんだけど…。

製作国:Italy
初公開年:2011年
監督:Giovanni Veronesi
キャスト:Robert De Niro, Monica Bellucci, Riccardo Scamarcio, Michele Placido, Laura Chiatti, Valeria Solarino, Donatella Finocchiaro, Carlo Verdone, Daniele Pecci ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-04-14 01:05 | - Italian film | Comments(2)
Commented by turezure-italia at 2012-04-15 03:55
また続編が作られたんですか?!もういい加減にしてほしいですよね~。私はシリーズ第1弾しか見てないんですが、もはや見なくてもいいみたいですね!第1弾は、あのジャスミン・トリンカに一目ぼれする情けない顔の俳優がとっても苦手でした。でも全体的には交換が持てる映画でしたのにねえ。。

モニカは、やはり役者というより、オブジェでしたか。私は彼女の主演作「マレーナ」を見た時はどうしようかと思いましたよ。あの監督、この人をオブジェに映画を撮りたかったんだな…と思って。特にビビったのが、モニカが上半身脱いでレモンを半分に切って体になすりつけていたシーンかな。。。

なんて、勘繰りすぎですかね。スカマルチョは別の映画で堪能しようと思います。
Commented by amore_spacey at 2012-04-16 02:30
☆ turezureさんへ。
「こりゃ、ひどい!」という噂は聞いてましたが、期待を裏切らない駄作でした。シリーズ第一弾に出ていたJasmineちゃん、自然体で爽やかな彼女が結構すきかも(最近見ないけど)。それってSilvio Muccinoのことですよね。私もすごく苦手。名前を聞いただけで蕁麻疹出てきちゃう。

Monicaはもはや客寄せ用の猿、ですよね。ってあんまりな言い方でしょうか?汗 彼女の熱狂的なファンがいるから、まだまだ使えるってとこなんでしょうね。オブジェ!←これ、すごく気に入りました(≧∇≦) 監督の特権で、脱がせたりヤラせたりできちゃうことってあるから…(笑) 『マレーナ』は予告を観て、ほぼストーリが分かっちゃいますよね。未見です。『Mine vaganti』『La Prima Linea』『Mio fratello e' figlio unico』を観て、Scamarcioって実は気骨のある男じゃないかなと思いました。彼自身もラブロマンス路線より、ドキュメンタリー路線に方向転換したいんじゃないのかな?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ツレがうつになりまして。 My week with Ma... >>