ツレがうつになりまして。

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_24114.jpg
【あらすじ】 漫画家の晴子(宮崎あおい)は、結婚5年目になる夫のツレ(堺雅人)とのんびりとした日々を送っていた。しかしある日超ポジティブな性格だったツレが、「死にたい」などと言い出す。病院での診察結果は“うつ病”。原因は仕事のストレスだと思った晴子は、ツレに会社を辞めさせる。ちょっとした事で落ち込んだり、急に気分がよくなったり、コロコロと体調が変わるツレ。そんなツレをゆっくり見守りながら、晴子はツレの様子をイラスト日記に綴っていた。


e0059574_2629100.jpg
大河ドラマ『篤姫』のあの2人が大スクリーンに戻ってきた~(^^) 宮崎あおい&堺雅人のほんわかした夫婦の姿が良かったな。晴子のことをハルさんと呼ぶ堺くんや、満員電車の中で号泣する堺くんに、胸きゅん♪ 漫画の連載を突然打ち切られたら、普通だったら自分のことで精一杯なのに、ツレを優しく見守る気持ちの余裕が、晴子にはあった。ガミガミ言わない。ヒステリックにならない。そういう人っているんですよね。だからツレは救われた。


e0059574_265847.jpg
イグアナのイグの存在も、ポイントが高い!笑ってるんだか悲しいんだかよく分からない。何も言わない。吠えたり噛み付いたりしない。ベタベタ甘えたりしない。勝手にノソノソ歩いている。同じ空間で自分の好きなことをやっている。そういう距離感が、うつ病を患う人には最高にありがたい。ちょっぴりイラついたのが、いつもハネているツレの毛の行方。何度も登場するから伏線になっているのかと期待していたのに。あれって単発ギャグだったの?それにしては寒すぎるかも。

製作国:Japan
初公開年:2011年
監督:佐々部清
原作:細川貂々
キャスト:宮崎あおい, 堺雅人, 吹越満, 津田寛治, 犬塚弘, 梅沢富美男, 大杉漣, 余貴美子 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-04-16 02:07 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by turezure-italia at 2012-04-16 16:51
私もこの2人好きです!特に宮崎あおいちゃんの方は、最近夫がらみのころでマスコミに取り上げられることも多く、それを見るたびに声援を送ってます。

晴子ってすごいですね。ツレが鬱になったらびっくりして自分もあたふたしちゃいますよね。人によっては悲劇のどん底…!ということにもなりえるというのに。すぐ会社を辞めさせて、エライなあ…。深刻な話も、そういう晴子のツレに対する態度とか、堺君のかわいらしさで、ほんわかストーリーになりますね。

最近知り合いになった人に、唐突に「キム・ロッシ・スチュアートってローマのどこに住んでるか知ってる?」と聞いてみたら、「知らないけれど自分の勤めているオフィスに撮影で来ていた。とっても感じのいい人だったよ」とのことでしたヨ。ローマで暮らしていると、確かにそういうこともあるのか!と思った次第です。
Commented by amore_spacey at 2012-04-18 02:43
☆ turezureさんへ。
私もあのゴシップを目にしてから、ますます宮崎あおいちゃんが気になって、頑張れ~!って応援しているんです。初めて見たときには、「何なんだ、この子どもは?」と思ったのですが、あのキュートな笑顔が彼女の魅力なんですよね。もし私が春子だったら、自分のことで精一杯で、ツレに暴言吐きまくるモラハラ妻になっていたと思います。それどころか、三行半を突きつけるかも?! ま、そうなってみないと分かりませんが。

ええーーーっ、な、何ですって?キム様がオフィスに来た、ですって?「知らないけど…」な~んてとぼけたこと言ってるとこが、何気にムカつきましたが(ええ、羨ましすぎて) 大昔パヴァロッティや奥さんのニコレッタに、モデナ旧市街でパッタリ会ったことがあるので、ローマでキム様に…という確率は高いですよね。私がローマに行ったときに、そういう超ラッキーなことがあるといいな(*^^*) どの界隈に住んでいるのか、リサーチお願いします!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Gosford Park (ゴ... Manuale d'a... >>