プリンセス・トヨトミ

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_035611.jpg
【あらすじ】 会計検査院の調査官、松平元(堤真一)・鳥居忠子(綾瀬はるか)・旭ゲーンズブール(岡田将生)の3人は、実地検査のため大阪にやってきた。チームリーダーの松平は、調査に入った謎の財団法人OJO(大阪城址整備機構)に、奇妙な違和感を覚える。質問をぶつけても、のらりくらりと説明をかわす職員に、不信感は増すばかり。調査を進めるうちに松平は、400年もの間大阪が守ってきた“秘密”を知る。一方、空堀中学校に通う大輔(森永悠希)と茶子(沢木ルカ)は幼馴染。長い間女の子になりたいと思っていた大輔は、セーラー服姿で登校することを夢に見て、実行に移す。しかし、彼を待っていたのは壮絶ないじめであった。


e0059574_0354844.jpg
初めてこの作品を観たときには、後半で睡魔に襲われ、撃沈。数ヶ月あいだをおいて再びトライ。今回もまた同じところで睡魔に襲われたけれど、「今度こそ!」と腿をつねりながら(笑)最後まで頑張って観た。その前に原作を読み始めたものの、こちらは半分も読まないうちに放棄。とことんこの手の作品は、私はダメなんだということがよく分かった。だいたい、このカタカナのタイトルからして、気に入らない。


e0059574_036164.jpg
エレベーターに乗り込んでくる大阪のおばちゃんたちや、ソフトクリームやアイスキャンディーをおいしそうに舐める気だるそうな堤さんや、お好み焼きのキャベツを黙々と刻む中井貴一の姿や、岡田将生くんのあひるの唇が、妙に印象に残っている、くらいか?堤さん&中井貴一氏という素晴らしいキャストを起用したのに、何だかとても残念な仕上がり。観終わったあと、たこ焼き・お好み焼き・串カツが食べたくなった。

製作国:Japan
初公開年:2011年
監督:鈴木雅之
原作:万城目学
キャスト:堤真一, 綾瀬はるか, 岡田将生, 和久井映見, 中井貴一, 沢木ルカ, 森永悠希, 笹野高史, 玉木宏, 平田満, 菊池桃子, 江守徹 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-08-06 00:36 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Always 三丁目の夕日&#... 麒麟の翼 ~劇場版・新参者~ >>