平清盛 (第20~29話)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

人生色々、死に様(ざま)も人それぞれ。
e0059574_131938.jpg
まずはこのかた。納豆のようにネチネチした、とても面倒くさい藤原頼長(山本耕史)の成れの果て。クール&ダークが売りだったのに、流れ矢が首筋に刺さって血を見たとたん、腰を抜かし、「ヒーヒー」「ギャーギャー」わめきちらす。ジタバタあがいて、往生際が悪いったらありゃしない。ったく情けないヤツに成り下がったものよ。悪左府の名が泣く。頼みの綱はオトンしかおらん。なのにオトンにも見捨てられ、舌を噛んで自害。もう支離滅裂、メチャクチャな最期。肝っ玉の小さい輩だったのでございます。


e0059574_133477.jpg
お次は信西(阿部サダヲ)。 地下の穴に隠れていたところを、平治の乱の首謀者・源義朝+藤原信頼の兵士に見つかってしまうが、その場で潔く自刃。まったくぶれない最期。あとほんの少しで政権の座につく平家の重鎮として、活躍するはずだったのに。濃い阿部サダヲに似合わない、あっさりした最期に拍子抜け。


e0059574_134917.jpg
〆は平治の乱の首謀者・源義朝(玉木宏)。尾張にある舅の館にたどりついてかくまわれるが、舅の裏切りを察知。小雪の舞う中、義朝は正清と刺し違えて自害する。無念は残るが、戦国時代の武将らしいあっぱれな最期でございました。頼長・信西・義朝、三者三様の人生の幕引き。あなたはどれがお好き?


e0059574_191233.jpg
一方捕らえられた源頼朝(中川大志)は、京で清盛と対面。私の思い過ごしかもしれないけど、彼ってデビュー当時のLiv Tylerに似てませんか?


e0059574_14229.jpg
和久井映見ちゃんは竹野内豊とラブコメにも出てるけど、彼女が醸し出すしっとりした和風の雰囲気は、ぜったいに時代劇向きだと思うな。現代劇でも、家庭をしっかり守る堅実な奥様という役がぴったり。地味目だけど、存在感があるし年齢相応の色気もある。第28話で、ハンガーストライキ中にもかかわらず、うっかりお茶を口にしてしまい、「あっ」と言いながら着物の袖で口を押さえるシーンは、茶目っ気があって和みましたぞ(^^)  

このところキャストが次々に入れ替わっているから、話について行くのが大変。平△△とか源◎◎とか藤原XXとか、名前も微妙に似ていて、清盛や義朝や頼朝や義経などの重要人物以外は、覚えきれません(T^T) 私の好きな役者がどんどん退場して、寂しゅうなりましたなぁ。目ぼしい役者がいない今、何を楽しみに観たらよいのじゃ?

製作国:Japan(NHK)
放映日:2012年5月20日~7月22日
演出:柴田岳志
キャスト:松山ケンイチ, 深田恭子, 和久井映見, 尾美としのり, 玉木宏, 田中麗奈, 武井咲, 岡田将生, 中村梅雀, 井浦新, 松田翔太, 松雪泰子, 國村隼, 山本耕史, 堀部圭亮, 阿部サダヲ, 平田満, 藤木直人 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-08-20 01:10 | - Japanese film | Comments(4)
Commented by 松たけ子 at 2012-08-20 19:02 x
amoreさん、こんばんは!
残暑のキツい日本から、暑苦しいコメントすみません♪
清盛、amoreさんが途中イタイアされてないことが嬉しいです。世間からはすっかりソッポを向かれてしまってるダメ大河だけど、私は楽しんでます。
3人の死にざまの中では、義朝が好きかな。正清との刺し違えの自害には萌えました♪
私も和久井さん好きです。全盛期の頃の彼女に、大河ヒロインをやってほしかったなあ。
キャストがホント、とほほな状態になってますよね。民放の2時間ドラマのほうが豪華な時もあるし(涙)。

私も北の国からの人、苦手です。正直、気持ち悪い…
マット、幸せそうだなあ。マットみたいな奥さん、私も欲しいです(笑)。
Commented by turezure-italia at 2012-08-21 05:01
ちょっとちょっと~!玉木宏の写真、一体何があったんですか?!といった表情ですけど、きっと迫真の演技だったんですね。

「猫ひろしじゃないよ、玉木宏だよ」と小学生に言っていた彼は、こんな演技もできるようになったのだと、姉のように見守る私は非常に嬉しい!!

一方、穴の空いた風船、といった風情の山本耕史にはちょっと笑った!

和久井映見ちゃん、私も応援しているんですよ。しっとりとした上品さ、だけど芯の強さもある、そういうところがいいな、と思います!
Commented by amore_spacey at 2012-08-23 00:37
☆ 松子さんへ。
こちらも、もんのすごい残暑が厳しい毎日で、何もしなくても汗が胸の谷間(あるの?)を伝っていきます。私も玉木@義朝の最期には、唸りました。千秋先輩がここまで成長するなんて、ちょっと想像してなかったので、感動ひとしおでした(叔母のような感覚…) 私は和久井映見ちゃんの、おちょぼ口がすごく好きなんです。品があるというより、可愛らしい!さてこの先、新たに目ぼしいキャストの投入があるのでしょうか?ホント、何だかなぁ、な顔ぶれですね、クスン。

あ、よかった。北の国からの人って、子役の頃から人気があったみたいだから、あんなことを書いたら、非難轟々だろうな、なんて、ちょっぴりビビッてました。

マットはね、こんなに幸せなんだから、相手が誰であろうと、もういいんです。


             あ、でも… やっぱり ちょっと。
Commented by amore_spacey at 2012-08-23 00:42
☆ 徒然さんへ。
衝撃の画像でしょ!!! これが、テレビの画面に出たときには、かなりビビリました。迫真の演技。千秋先輩、今回は指揮棒ではなく刀で、武士らしいあっぱれな最期を遂げられました。山本耕史ってクールなイメージがあったので、あんなヘタレな姿にビックリしましたが、親近感もてました~♪

和久井映見ちゃんって、ちょっと年齢不詳なとこありませんか?妙に落ち着いているから、ラブコメをやると、ちょっとノリが悪いというのか…。ま、そこが、彼女らしくて、好感持てるんですけれどね^^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ステキな金縛り 白い春 >>