寝ずの番

私のお気に入り度 ★★★☆☆(68点)

e0059574_0373674.jpg
【あらすじ】 上方落語界の稀代の噺家・笑満亭橋鶴(長門裕之)が、今まさに臨終のときを迎えようとしていた。見守る弟子たち。なんとか師匠のいまわの願いを叶えようと、耳を近づけ聞き取ったのは「そそが見たい」との言葉。一同驚きつつも、おとうと弟子・橋太(中井貴一)の嫁・茂子(木村佳乃)を説得。茂子は師匠をまたぎ、そそをお見せした。が、師匠は言った。「わしはそとが見たいと言うたんや…」。そしてご臨終。通夜には師匠ゆかりの人々がわんさわんさと集まり、想い出話は尽きることがないのだった。


e0059574_037539.jpg
物語が進むにつれてどんどんエスカレートする下ネタに、胸焼けしてちょっぴり不快にすらなったんだけど、ふっと思った。あんな風にお通夜やお葬式をしてもらったら幸せだろうな。いや、私だって下ネタが嫌いな訳ではありません。あの雰囲気の中にいたら、三味線に合わせて一発歌ったかもしれません。だって、あの木村佳乃が、スカートまくり上げて、あんなことしちゃうんですから。何でもあり&バカバカしいことOK、なロケ現場の雰囲気に、普段はちょっと真面目そうな役者さんたち(例えば笹野高史)も、気がついたらうまく乗せられちゃったんでしょう。監督、お見事!

それにしても中井貴一さん、あなたって人はサプライズてんこ盛りです。髪型から役柄に至るまで、カメレオンのような人。今回は夏の甲子園に出場する野球児な風貌が、新鮮でした。ハンカチ王子のような貴方が、下ネタを連発。その意外性が面白いんです。 


e0059574_0381475.jpg
私、冨司純子が好きなんです。丁寧に歳を重ねている。着物がよく似合う。仕草が粋。心の中にある大人vs子どもや、男気vs女気のバランスが絶妙。そんな彼女の手にかかると、下ネタさえ上質なエピソードに早変わり。彼女がいてくれたから、この下ネタ満載の作品が暴走せずに済んだのでしょう。うまく歳を重ねた色気のある女優さんと言えば、加賀まりこもその一人。ピリッとした中に小悪魔のようないたずらっぽい雰囲気があっていい。男性ファンの多い吉永小百合は、なぜか好きになれないのデス。

製作国:Japan
初公開年:2005年
演出:マキノ雅彦(=津川雅彦)
キャスト:中井貴一, 木村佳乃, 長門裕之, 富司純子, 岸部一徳, 笹野高史, 堺正章, 高岡早紀, 笑福亭鶴瓶, 浅丘ルリ子, 米倉涼子 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-09-05 00:40 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 結婚できない男 ガリレオ >>