La kryptonite nella borsa (バッグにはクリプトナイト)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_045648.jpg
【あらすじ】 1970年代のナポリ。9歳のPeppino(Luigi Catani)は、パパAntonio(Luca Zingaretti)・マンマRosaria(Valeria Golino)・若き叔父Salvatore(Libero De Rienzo)・若き叔母TiTtina(Cristiana Capotondi)・祖母と、ちょっと騒々しくも微笑ましい大家族に囲まれて暮らしている。そんなPeppinoには、自分がスーパーマンだと信じている風変わりな従兄Gennaro(Vincenzo Nemolato)がいた。しかしPeppinoの心の支えだったGennaroが突然事故死する。その上Peppinoのマンマは夫の浮気を目撃したショックで、寝込んでしまう。そんなこんなで家族の調和が崩れ始め、Peppinoは先行き不安な生活に向き合うことになる。タイトルのクリプトナイトは、スーパーマンの唯一の弱点となる鉱物の名前。


e0059574_0451689.jpg
物語がどっちに向かっているのかさっぱり見当がつかず、「何だかなぁ?」ともやもやしているうちに作品が終わった。70年代に流行ったヒッピーやファッションや音楽は十分堪能できるが、う~む。Luca ZingarettiはIl Commissario Montalbanoの警部役で、つるんとしたやかん頭がトレードマークとして定着しているだけに、本作品のような中途半端に髪のある彼って、イタリアの磯野波平?な感じで、違和感あるな。妙に中年の嫌らしさが漂ってるし(苦笑) Capotondiちゃんは、いつ見てもキュートで可愛い(*^^*)

製作国:Italy
公開年:2011年
監督:Ivan Cotroneo  
キャスト:Valeria Golino, Luca Zingaretti, Cristiana Capotondi, Libero De Rienzo, Luigi Catani, Vincenzo Nemolato, Fabrizio Gifuni ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-09-17 00:46 | - Italian film | Comments(2)
Commented by turezure-italia at 2012-09-19 05:09
下の写真、本当にLuca Zingarettiですか?衝撃です。始めは「へんなおっさん」とスルーしてました。Montalbanoの頭の方がいいですね。本当に波平みたい。。

Valeria Golinoも久々に見たけど、なんだか貫録でちゃって。仕方がないか、彼女のイメージは私の中では20数年前(汗)の時の映画雑誌の付録・「俳優名鑑」の中の写真で止まっているもんな…。

なんて、映画自体とは全然違う部分に反応してしまいました。
Commented by amore_spacey at 2012-09-21 00:35
☆ turezureさんへ。
あなた、誰?ですよね。中途半端に髪が似合っていればそれなりに納得するのですが、これはちょっとなぁ…でした。別の映画でもロンゲのヅラをかぶっていましたが、山下達郎とかミュージシャンの喜多郎タイプの強烈なロンゲ・ヅラが結構似合っていました^^ 

『レイン・マン』の頃からValeria Golinoは、ほとんど歳取ってない?なんて思っていましたが、かすれた低音の声には貫禄を感じます(>_<)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Silenced (Do-ga... わが母の記 >>