「ほっ」と。キャンペーン

孤独のグルメ Season2 第5話 神奈川県横浜白楽の豚肉と玉ねぎのニンニク焼き

私の大学生協万歳!!!度 ★★★★★(100点)

e0059574_19184914.jpg
井之頭五郎は細身ですらりと背が高く、歩くときも食べるときも姿勢がいい。心の中では独り言が怒涛のように流れているが、ポーカーフェイスを装うクールな男。傍目には何を考えている人間なのか、少々分かりにくいが、汁物や麺をすする音は、彼なら許せる。


e0059574_2224329.jpg
神奈川大学の白石教授。あの人には正解を言ってはいけなかったノダ。今日の五郎は人の心が読めず、もやもやが残る。口直しに神奈川大学生協のカフェ・シフォンとは、さすが五郎!私は大学の生協学食巡りが大好き。学食はB級グルメの王国。最近の大学のカフェは、めちゃくちゃお洒落なのだ。安い上にメニューも充実している。ここでも五郎の名言が炸裂、「フルーツのチームワーク^^」


e0059574_223140.jpg
昭和があふれた六角橋商店街のアーケード。勢いに負けて買った大きなマグロを片手に、そのままランチへGO!ではなく、2軒目?おやっ、今日は流れが違う。珈琲文明の仲見世ブレンドって名前が、お洒落なカフェにミスマッチ(^◇^) わっ、斉木しげるの一人芝居に五郎は金縛り?と思ったら、五郎の妄想だった。お腹がペコちゃんだから、妄想に走るのだ。さっさとランチに行こう!


e0059574_2232823.jpg
今回は神奈川県横浜白楽のキッチン友の豚肉と玉ねぎのニンニク焼き。入り口の岡持ちが決定打って、五郎の選択基準は時々???だが、気持ちは分かる。店内の他の客の話に思わず耳がダンボになったり、コメントしたくなる気持ちもよく分かる。心理テストは結果が気になるから、早く言って欲しいね。


e0059574_223403.jpg
具だくさんの豚汁は、寒くなるこれからの季節にぴったり。わが家は豚ばら肉の代わりにベーコンを使う。ベーコンから出る旨味が最高なんですよ。投入する野菜は、人参・じゃがいも・玉ねぎ(またはネギ)・ズッキーニ・大根・マッシュルーム・もやし・里芋や長芋やレンコン(手に入ったとき)。


e0059574_2235336.jpg
大好きなポテトサラダが、ハムのかげに奥ゆかしくひっそり。サンドイッチなどにもついてくるパセリを、あなたは食べる人?残す人?


e0059574_224996.jpg
炒めた玉ねぎがてんこ盛り。玉ねぎ何個分?玉ねぎの山の中から、宝が次々に出てくる。豚肉・ポテト・ソーセージ、そして最後はぞろぞろスパゲッティーまで登場。プチサプライズが嬉しいね。五郎の口から、「ビンビン」「おかずをご飯に乗せて食べる学生食い」「気分は学祭蒸気機関車」って、意味不明な名言が怒涛のごとく出る。今日はスペシャルな五郎だから(爆)


e0059574_2242173.jpg
【ふらっとQUSUMI】 今回は飲まないと冒頭で宣言したのに、女将さんに嵌められて、結局生ビールをゴクゴク飲んじゃう久住氏は、かわいいおっちゃんだ。お地蔵さんみたい^^


e0059574_2243659.jpg
ハンバーグの下に、ソーセージやポテトやピーマンやスパゲッティが隠れてるよ。ハンバーグのサイズも半端ない。


e0059574_2245221.jpg
んががぁぁァ、切り口なんか見せられた日にゃぁ、もう我慢できねぇぇぇ!!!


e0059574_22539.jpg
ベテカツは一口少々のサイズのカツらしいんだけど、出てきたのは細長くてデカい。見かけは海老フライのような肉のカツだよって、親父さん、うまいこと言う。海老フライかぁ、久しく食べてない。

製作国:Japan(テレビ東京)
放映日:2012年11月7日
原作:久住昌之
監督:溝口憲司
キャスト:松重豊, 入江雅人, 斉木しげる, 阿曽山大噴火, 久住昌之 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-11-12 02:27 | - Japanese film | Comments(4)
Commented by turezure-italia at 2012-11-14 06:58
こんばんは!

五郎は結構味噌汁もご飯も周りを気にすることなくすすりますよね。そこが結構良かったりして。五郎、男らしい!とかえって好印象。このソフトクリームもすすってましたよ。

タレの味がしみた玉ねぎがまたご飯に合いそう。イタリアって玉ねぎはあくまで味出しの脇役ですよね。炒めるとおいしいのに、なんていつも思います。ハンバーグ、美味しそう…。ハンバーグとご飯の組み合わせも大好き。神保町にあった「キッチンカロリー」を思い出します(本当に高カロリーだったと思う)。社会人になってからまた入ってみたけれど、安さと量の多さに妙に興奮して、五郎みたいに学祭蒸気機関車になりかけました。

あ、ちなみに私は、パセリは「使いまわしている」というウワサを信じて食べない派だったんですが、あの青臭い味が胃を清浄にしてくれそうだという私の思い込みで食べる派に変更しました。

amore家の豚汁、美味しそうですね!
Commented by petapeta_adeliae at 2012-11-14 22:52
神奈川大学のフルーツミックス¥200台でしたよね。
私学の割に安いです。

キッチン友のハンバーグにスゴい惹かれてしまいました。
バックナンバーも見ましたが、五郎さんランチの予算いくら
にしてるのかしら? ¥1000以下だととってもリアルだけど、
¥1800ぐらいの時もあるし。。。変なところが気になります。
Commented by amore_spacey at 2012-11-16 01:21
☆ turezureさんへ。
そうそう、卵かけご飯や丼物の終わりのほうは、箸でかき込みながらすすってますね。いつも食べ終わった茶碗やお椀に、ご飯粒が1粒もくっついてない、あの美意識もいいです。五郎には普通じゃない吸引力がある?(爆)

言われてみれば、イタリアでの玉ねぎの使い方は、ごく一部を除いて(コントルノ用の玉ねぎ丸焼きとか)大部分が旨味を出すための隠し味的な存在で、こんな主役を張ることってまずないですね。おおおぉ、コメントを読んでいたら「キッチンカロリー」にも行ってみたくなりました。ここも定食物が多いのかな?早大近辺や高田馬場の大通りにも、安くてボリュームたっぷりのお店が並んでますよね。うーん、ワタシも学祭気分になってきました(笑) パセリは使い回しされてると聞いてからは、食べなくなりました。豚汁にキャベツはダメでした。キャベツから苦味が出るようなんです。具沢山なのでお椀に盛り付けたとき、具の頂上が汁から出て干からびてます(苦笑)
Commented by amore_spacey at 2012-11-16 01:25
☆ ソーニャさんへ。
あのお値段は絶対にお徳ですよね。自分の大学だけではなくて、友人を訪ねると学食でランチというのが学生時代はよくありました。今でも一時帰国のときに、ちょっと学生気分になりたくて、財布にやさしい学食を利用します^^ 

五郎は追加オーダーの王者なので、普通に食べていれば1000円前後でも、2000円こえちゃったりしてますよね。ワンコインとは言わないけれど、あの量と質で1000円くらいなら説得力がありますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Thermae Romae (... Congratulations... >>