Thermae Romae (テルマエ・ロマエ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_0581448.jpg
【あらすじ】 古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、ローマ人の風呂好きに疑問を感じていた。絢爛豪華で巨大な浴場は、人で混み合い、のんびりと湯船に浸かる事も出来ない。あまりの騒々しさに湯に潜り、水中で考え事をしようと思ったルシウスは、突然、渦に巻かれ、気が付くと知らない浴場に出てしまった。そこにいたのは、見た事もない「平たい顔」の民族たち。おかしな浴場だったが、よく見るとそこは驚くような知恵と工夫に溢れていた。ヤマザキマリ原作の漫画を映画化。


e0059574_0582462.jpg
後半の途中で寝てしまった。「これ、面白いよ」という評判を聞いて、ものすごく期待していただけに、落胆は大きかった。何を期待していたんだろう?笑いのツボが違ったのかな?日本人離れした彫りの深い風貌のローマ族や、それに対する平たい顔族など、キャスティングやロケーションはよかったのに・・・。


e0059574_0583432.jpg
ローマのシーンの日本人キャストは日本語を話し、外人キャストは日本語に吹き替える。阿部ちゃんがタイムスリップした日本では、彼のセリフだけラテン語で字幕が入り、上戸彩がローマに行ったときには、BILINGUALの表示がスクリーン右上に出る、という言語上の処理も、重箱の隅っこ的に見れば、「それって逆だろ?」なんだけど、まぁいい。


e0059574_0584424.jpg
古代から未来にタイムスリップ(またはその逆)して、そこでカルチャーショックを受けるというのは、使い古された手法で、ぜんぜん目新しくない。だから風呂場の設備やグッズに、阿部ちゃんが大真面目に驚愕すればするほど、気持ちは冷めていきました。ごめん、阿部ちゃん。あなたが悪いんじゃない。脚本が悪いのよ、うんうん。原作はどうなのかしら?読んでないから分からないんだけど。

市村正親。彼の艶のある声や存在感は、さすが舞台劇の王者だ。途中で寝ちゃったけど、観終わったあと、「ああ、温泉に入りたい」「銭湯に行ってみたいなぁ。」としみじみ思った。銭湯未体験なので、銭湯に行ってフルーツ牛乳を飲むのが、次回の一時帰国の課題&楽しみです。

製作国:Japan
初公開年:2012年
原作:ヤマザキマリ
監督:武内英樹
キャスト:阿部寛, 上戸彩, 北村一輝, Kendall Carter, Walter Roberts, Ananda Jacobs, Manfred Wodarz, 竹内力, 宍戸開, 内田春菊, 笹野高史, 市村正親 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-11-14 00:59 | - Japanese film | Comments(4)
Commented by petapeta_adeliae at 2012-11-14 22:55
春に上映されて話題になったのですが、アッという間に終了し、
今月19日からレンタル開始になるということで楽しみにしています。
キャストは日本人にしては濃いお顔の方ばかりですよね。(笑)
Commented by amore_spacey at 2012-11-16 01:40
☆ ソーニャさんへ。
間もなくレンタル開始なんですね。私の場合は多分ちょっと疲れていたのと、笑いのツボが違ってしまったのとで、期待外れだったのですが、さらっと観るには楽しい作品だと思います。
Commented by ヤ倍晋三 at 2013-01-07 12:51 x
こんにちは。
のっぺりしてる僕が言うのもなんですが、70年とか80年代はこのような感じの人は当たり前のようにいた気がするんですが…
Commented by amore_spacey at 2013-01-10 01:00
☆ ヤ倍晋三さんへ。
いらっしゃいませ~♪&初コメありがとうございます。私も平たい顔族です。苦笑 今の若い人たちは、スタイルも顔立ちも素晴らしいですよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ゴーイング・マイ・ホーム 第1~5話 孤独のグルメ Season2 ... >>