毎日かあさん

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_2532079.jpg
【あらすじ】 サイバラ一家に今日も朝が来た。締め切りに追われる人気漫画家サイバラ(小泉今日子)は母トシエ(正司照枝)に起こされ、6歳の息子のブンジ(矢部光祐)と4歳の娘フミ(小西舞優)を保育園に送り届けたと思ったら、息つく間もなく夜まで続く仕事につく。ある日アルコール依存症で入院中の夫のカモシダ(永瀬正敏)が、勝手に退院してきてしまう。最初は大人しくしていたものの、次第に酒の量が多くなり、妄想がひどくなるカモシダ。サイバラはとうとう彼に離婚届を渡すのだが…。


e0059574_2533950.jpg
この作品の原作は未読だけれど、『この世でいちばん大事な「カネ」の話』で、西原理恵子の半生を知った。怒涛のような人生を送っているのに、この淡々とした展開は何なのだ?サイバラかあさんは、もはや諦めと悟りの境地なのか?おろおろしたり慌てたりしない。何があってもどーんと構えている。でも子どもが行方不明になった時の慌てぶりや切れっぷりに、かあさんの子どもへの深い愛情を感じて、うるうるっ。


e0059574_2535552.jpg
2人の子どもたちがあどけなくて可愛かったな。「おとさん」「おかさん」と呼ぶフミの愛らしさに、アタシはとろけそうになっちゃった。幼い2人が父親に会いに行くシーンには、涙がじわ~。どうしようもないダメ男なんだけど、子どもたちにとってはかけがえのない父親。そんな父親があっけなく逝ってしまった。もちろん子どもたちだって悲しい。でも初めて涙を流すかあさんを見て、何とか元気づけようとする健気な2人に、心臓わしづかみでした。カモシダの撮った写真が流れるエンドクレジットは、亡くなってもなお生き続けるカモシダの魂を象徴したような、余韻のあるフィナーレだった。ところで西原理恵子の漫画って、絵柄がやけに汚くないですか?だから読む気がどーも起きないんです。

製作国:Japan
初公開年:2011年
原作:西原理恵子
監督:小林聖太郎 
キャスト:小泉今日子, 永瀬正敏, 矢部光祐, 小西舞優, 正司照枝, 古田新太, 大森南朋, 田畑智子, 光石研 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-12-01 02:55 | - Japanese film | Comments(4)
Commented by xthneh5d at 2012-12-01 23:06
こんにちは。
これ、機内のプログラムで見ましたが、意外な拾い物(タイトルでバカっぽいと勝手に思っていた)で驚きました。
勝手な思い込みはだめですねー。
キョンキョンもよかったし、公開時は話題づくりに利用された感のある元夫の永瀬もよかったし、子役もよかったし。
西原さんの漫画って内容と絵柄のずれが面白いですよ。
次回はぜひパーマネント野ばらも映画と漫画と見比べてみてください。
Commented by 松たけ子 at 2012-12-02 19:48 x
amoreさん、こんばんは!

最近キョンキョン、よく働いてますよね。今度はNHKの朝ドラにも出るとか。「迷宮のアンドローラ」とか「木枯らしに抱かれて」とかが好きです。カラオケで歌うと、若い子らとのジェネレーションギャップが顕著に♪
私も西原恵理子の絵、苦手で読む気が起きないです。似た系統の倉田真由美は嫌いじゃないけど。西原さん、YES!高須クリニックの院長と付き合ってるんでしたっけ?
キョンキョンの元夫、最近見ないですね。昔、いっぱいCMに出てましたよね。

↓アルゴ、私も観たいです!ベンアフ、超苦手でしたが、いい感じに年とったみたいですね。三谷こうき先生は、裏方に徹してほしいかも…
Commented by amore_spacey at 2012-12-03 02:03
☆ xthneh5dさんへ。
西原さんの原作を映画化したなんて直前まで知らなかったので、家族愛に満ちたハッピーエンドの話なのかなと思っていました。えーーっ、キョンキョンって結婚してたんですか?で、離婚したんですかー?元夫ってモンチッチ・・・じゃなくて長瀬正敏なんですかぁぁ。ああああああ、もうビックリ。知らなかった。そりゃ、話題づくりに事欠きませんね。えーーーっ、パーマネント野ばらの原作も西原さんなんですか?今日はビックリだらけです(O_o) 毛筆で書き殴ったような黒っぽい汚い?絵柄に圧倒されて、どうしても読めないんですが、「騙されたと思って読んでみて」って友人たちに言われたので、騙されてみることにします^^ 
Commented by amore_spacey at 2012-12-03 02:09
☆ 松子さんへ。
上の方へのコメレスにも書きましたが、私、キョンキョンが結婚→離婚してたことも、元夫が長瀬正敏だったことも、西原さんが院長と付き合ってることも、なーんにも知りませんでした。

キョンキョンは家族モノに登場する確率が高いですね。女優としてだけでなく、NHKのドキュメンタリー番組ではナレーションも担当してますし、活躍の場が広い!自然体の彼女だから、好感が持てますもの~^^  アルゴ、ぜひ大スクリーンで観て下さい。これを観たら、ベンアフのことをきっと見直すはずです。三谷先生は、裏方専門に決まり!ですね。笑
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 孤独のグルメ Season2 ... 孤独のグルメ Season2 ... >>