The Hobbit: An Unexpected Journey (ホビット 思いがけない冒険)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_1153022.jpg
【あらすじ】 甥のFrodo(Elijah Wood)が旅に出ることになる60年前、若きBilbo Baggins(Martin Freeman)は袋小路屋敷で平和に暮らしていた。しかしある日、魔法使いのGandalf(Ian McKellen)がBilboの前に現れて、彼の生活は一変する。突然やって来た13人のドワーフたち。それを率いるのはドワーフの王Thorin Oakenshield(Richard Armitage)で、彼の目的はかつてSmaugという竜によって奪われてしまったDwarfの王国Ereborの奪還だった。こうしてBilboとGandalfと13人のドワーフたちによる冒険の旅が始まる。


e0059574_116524.jpg
待ってました!ドワーフたちの新たな冒険が始まりましたぞ、ワクワク。『The Lord of the Rings』三部作で、Peter Jacksonが描くダイナミックな映像美に圧倒され、首を長くしてこのシリーズを待っていた。ああ、あの時の感動が蘇ってくる。馴染みの顔ぶれにここで再会できるのが嬉しい。90歳のChristopher Leeも元気な姿を見せてくれた。

旧三部作に比べると今回は地味なドワーフたちばかりの一団だが、BBCのSherlockでJohn Watsonを演じるMartin Freemanが、Bilbo Bagginsに大抜擢され、彼の大ファンの娘は大喜び。「マスコットにして、キーホルダーにつけて、持ち歩きたいくらい可愛い。」 ちょっとお気楽で頼りなさそうなドワーフだが、旅を通してきっと大きく成長してくれるに違いない。


e0059574_1163110.jpg
何が嬉しいって、大スクリーンでこの人に再会できたこと。Gollumの二重人格ぶりに磨きがかかり、さらに不気味で滑稽で哀しく可愛らしい。彼ほど人間臭いヤツっていない。善人になった時の大きく潤んだ瞳や、悪人になった時の表情や悪態ぶりがたまらなくいい。動きもさらに細やかになり、わたし的には最後の最後まで目が離せないヒトです。なぜか普通じゃないヒトに惹かれちゃう。苦笑  


e0059574_1173156.jpg
ちゃんとイケメンも発掘しておりますぞ。Thorin Oakenshieldを演じるRichard Armitage(中央)や、弓矢の名手Kiliを演じるAidan Turner(右)。2人とも目ぢからが凄いの(*^^*) 王国モノや戦闘シーンのある作品にこんな人たちがいると、ヴィジュアル的にとても嬉しい^^ それにしてもあんな終わり方だったので、次作が待ち遠しくてなりません。また監督のワナにまんまと嵌ってしまった。

製作国:USA & New Zealand
初公開年:2012年
監督:Peter Jackson
キャスト:Ian McKellen, Martin Freeman, Richard Armitage, Ken Stott, Graham McTavish, William Kircher, James Nesbitt, Stephen Hunter, Dean O'Gorman, Aidan Turner, John Callen, Peter Hambleton, Ian Holm, Elijah Wood, Hugo Weaving, Cate Blanchett, Christopher Lee, Andy Serkis ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-12-19 01:19 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 孤独のグルメ Season2 ... キツツキと雨 >>