「ほっ」と。キャンペーン

孤独のグルメ Season2 第10話 北区十条の鯖のくんせいと甘い玉子焼き

e0059574_1281477.jpg
コート姿の五郎もなかなか渋いじゃないか。あんな薄っぺらいコートで、寒くないのかな?冬の一時帰国は15年前。うぅぅ、日本の冬の寒さが思い出せない。


e0059574_1285971.jpg
こんなに寒い日だから、スイーツ・タイムはお汁粉とか和菓子に熱いお茶といきたいところなのに、十条のだるまや餅菓子店の女将さんの勢いに流されて、栗がのった特製かき氷なんか頼んじゃった。かき氷のサイズがでか過ぎる!見ただけで、こめかみがキーーーン☆ 「びっ栗」「くり アローン」と、この期に及んでもオヤジギャグ。五郎は不死鳥。


e0059574_1292611.jpg
今回は北区十条の田や(たや)の鯖のくんせいと甘い玉子焼き。なんだけど、仕事中に赤い提灯を見た瞬間、五郎の腹減りセンサーが作動してしまった!途中で仕事を放り出して飯屋探しって、いいのか?


e0059574_129448.jpg
ここのメニューは70種類。毎日1品ずつ食べても、全部制覇するのに2ヶ月以上かかるよ。お通しのオクラがいいな。オクラ・納豆・山芋・里芋・もずく・メカブなど粘々系、大好き。


e0059574_130551.jpg
今日も頼み過ぎる五郎。主菜は①鯖のくんせい②かきフライの中から1つじゃないか?と思うんだけど、五郎の胃袋は鉄人だな。


e0059574_1302785.jpg
子どものころ鯖の味噌煮が嫌いだった。母はしょうがをたくさん入れる人だから、鯖の脂身が溶け出して不気味な光沢を放つどろっとした赤味噌や、ツーンとしたしょうがの強烈な味がダメだった。酢でしめた鯖寿司は昔から大好き。くんせいも美味しそう。


e0059574_1304962.jpg
これはあってもなくてもいいかな。キムチで蕁麻疹が出て以来、禁キムチ、トホホッ。


e0059574_13195.jpg
かきフライにも嫌な思い出。高2のある夜、母が作ったかきフライにあたって、私だけリバースしちゃった。両親と妹は全く平気。翌日数学のテストがあるというのに、テスト勉強どころじゃなくなり、テストの結果は欠点だったよ~ん。


e0059574_1314533.jpg
だからわたし的にはかきフライの代わりに、どんぶり鉢にてんこ盛りのとんぶりしらすを食べたい。


e0059574_132387.jpg
追加オーダーは五郎のなくて七癖(苦笑) うちのイタリア人家族は、甘い玉子焼きがダメ。お店から出たら日がとっぷり暮れちゃったけど、途中で放り出した仕事はどーすんの?


e0059574_1323117.jpg
【ふらっとQUSUMI】にまたゲストが復活っ。しかもすごく苦手な斎藤清六、うぅぅ orz ... みずこぶしんこって緑色のおたまじゃくしみたいだけど(汗)、山菜の仲間なんですか。ゲテモノかと思いました、スミマセン。


e0059574_132571.jpg
生のタコに触ったことがないし、たぶん一生触れないはず。ぬるっとした感触を想像しただけで、毛が逆立ってしまう。でもこうして丁寧に盛り付けされたら、真っ先に箸でつつく私(・・;


e0059574_1332250.jpg
セリの根っこを食べないと、きりたんぽを食べたことにならないんですね。φ(..)メモメモ

製作国:Japan(テレビ東京)
放映日:2012年12月12日
原作:久住昌之
監督:溝口憲司
キャスト:松重豊, 松金よね子, 川俣しのぶ, ALISA(Lucky Color's), 山口美也子, 嶋田久作, 久住昌之, 斎藤清六 ...



 
[PR]
by amore_spacey | 2012-12-21 01:34 | - Japanese film | Comments(4)
Commented by turezure-italia at 2012-12-21 05:36
こんばんは!Natale前で、お忙しいころではありませんか?ラストスパートでプレゼントをそろえているイタリア人が多いですね。

今回のかき氷は、夏とかに出てきたらすごくおいしそうなのに。でも手間がかかるんでしょうね、栗餡を作るの。栗餡だけいただきたいです、渋い緑茶かほうじ茶と。

私は鯖の味噌煮は大好き!でも少しでいいです。鯖はなぜか胃にもたれちゃって。脂のせいですね。この燻製はすごくおいしそう!だからこそ、五郎には、この燻製を生かしたおかずを選んでいただきたい!だって、燻製とカキフライじゃ喧嘩しますよね。ホント、どちらかにしろ!って感じです。ももハムキムチは合うのか?燻製に(合わないこともないかもですけど)。五郎だからこそ、敢えて苦言を呈したいと思います。

冬の東京の寒さは、とにかく風が強くて乾燥して、北海道出身の友人曰く、「東京の寒さは骨まで凍みる」。あんなコートでは、やってられません。北海道は屋内は暖かいし、外も空気が冷たいので、しのぎやすいんだそうです。きっとモデナもそういう寒さなのかな、と想像しています。

たこ美味しそうですね!


Commented by amore_spacey at 2012-12-24 02:26
☆ turezureさんへ。
プレゼントは早々と用意できたのですが、ただいまクリスマス当日に食べるケーキを焼いています。その合間にちょっと記事更新^^ turezureさんはいかがですか?

そっかー、栗餡だけ頂くという方法がありますね。栗餡の入った栗饅頭もいいです。鯖の味噌煮を今食べれば、きっと「なかなかおいしい」と思えるはずですが、なぜか自分で作ってみようという気になれません。なのにもっと手間隙かかる鯖寿司はちょくちょく作ったりしています。この頃五郎はちょっと暴走してますよね。変な演技にイラッと来る場面もあったりして。苦笑 

冬の東京で思い出しましたが、西新宿などのビルの谷間を吹き抜ける冬の風は、ほーんとに冷たくて骨身に凍みました。今日のモデナは曇り空。ホワイト・クリスマスはちょっと無理かも?素敵なクリスマスをお過ごし下さいね。
Commented by petapeta_adeliae at 2012-12-24 23:57
こちらのお店は吉田類の酒場放浪記でも紹介されていました。
江東区砂町銀座でおでん?を買っていた時に店内から
おいでおいでしてたオジさん(吉田類)です。

みずこぶしんこってどんな味なんだろう?
寒くなると蛸しゃぷが食べたくなります。
エミリアさん同様、ソーニャも斎藤清六がかなり苦手です。(汗)
男性は一輪挿しの桔梗が宜しいかと。
五郎の注文はいつも二人分より多いかも。
Commented by amore_spacey at 2012-12-28 02:15
☆ ソーニャさんへ。
別の番組にも登場したお店なんですね。みずこぶしんこって、ちょっとケーパーにも似ているかな?と思います。見ただけでは食感や味がちょっと想像できませんよね。人が食べているのを見て思わず五郎が追加注文するのは、お馴染みのシーンではありますが、一人前をじっくり味わって食べてほしいなという気持ちもあったります。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< The Cold Light ... The Hobbit: An ... >>