アメリ Amelie

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_22524569.jpg
ものすごく薄幸な少女で、人生のどん底を歩んできたわけではないけれど、家族の愛情をたっぷり受けて育ったわけでもないアメリ。空想と現実の世界を行き来する彼女は、全てにおいてとてもエキセントリック。服もヘアスタイルも靴も、彼女の視線も趣味もこだわりも。そして同じマンションの住人に対する洞察力や観察力然り。彼女ならではの伏線が至るところに用意され、ある程度のオチは分かってしまうが、その描き方(画像の早送りは面白かった^^)がシュールで、「ああ、結末が知りたい!」という期待に胸が高鳴る。

音楽担当がYann Tiersen♪ って誰だっけ?どこかでこんなメロディー(←音が出ます!)を聞いたことがあるなぁ、と思ったら、『グッバイ、レーニン!』の音楽も担当していた。孤独な中にもオシャレ心とちょっとした悪戯心が混ざり合った、そんな雰囲気が伝わってくる。


e0059574_22531244.jpg
原色がやたら多かったのも、エキセントリックな雰囲気を増幅していた。それにしてもこんな真っ赤な寝室では、何だか落ち着かない。壁の色はもう少し穏やかな色が好きだなぁ。
 

e0059574_22534168.jpg
この小人のように、世界各国行きたいときに気軽にふっと出かけられたらいいな。どの役者さんも個性的でよかったけれど、この小人には、特別親近感賞を進呈したい。


e0059574_2254360.jpg
この作品の舞台となったアメリが働くモンマルトルのバールや、意地悪なおっちゃんあの八百屋さんに行ってみたい。噂によると、すでにパリの名所の1つになっているらしい。

製作国:France, Germany
初公開年:2002年
監督:Jean-Pierre Jeunet
音楽:Yann Tiersen
キャスト:Audrey Tautou, Mathieu Kassovitz, Rufus, Lorella Cravotta, Serge Merlin, Jamel Debbouze ...
[PR]
by amore_spacey | 2005-11-21 22:58 | - Other film | Comments(16)
Commented by 赤いイチゴ at 2005-11-22 03:26 x
この映画、何回みたでしょうか?
パリを舞台にした作品で、こんなに素敵に描かれた映画って
最近少ないなと思ってしまいました。
アメリも素敵、バールのみんなも、マンションの住人も
そしてセクシーショップで働く彼も。。。
音楽もとてもよかったです。サントラなんて出てるのかしら?
Commented by amore_spacey at 2005-11-22 15:00
赤いイチゴさんへ。
私もこんな感じの「お洒落でちょっとキッチュな映画」が好き。
パリの舞台にして、これだけエキセントリックに仕上げた作品も
珍しいですね。
オウドレ・トトゥもよかった。
彼女の次作は「ダヴィンチ・コード」でしたっけ?
これも楽しみ(^^)
Commented by (゜謎゜) at 2005-11-22 20:16 x
小さい妹はんどすなー。
手のひらサイズやて、どこでもポケットに入れて連れて行けますがな。
航空券は一人分お得!

情熱の赤、迸る赤。
眠れない。
Commented by nouilles-sautees at 2005-11-22 22:28
イアン・ティエルセンは一時はまりました。
たまたまライブで見たんですよ。それがよくてねぇ(しかも無料だった)。
アメリとはあんまり関係ないですが。

そうそう、グッバイ・レーニンの音楽もやってましたね。

アメリはマチュー・カソビッツが最高でした。そしてドミニク・ピノンも。

オードレィ・トトゥはこれで一躍スターになっちゃいましたが、私にはどうももう一つピンとこないんですよね、この女優さん。
Commented by 冷奴ミミ at 2005-11-23 00:31 x
ごめん、アメリ見たことないんぢゃ~。。観るべき? 「ダヴィンチ・コード」のイメージじゃないよなぁ、彼女もトム・ハンクスもヤダ~手足をバタバタ。。。ぜいぜい。。パリのお店でココアのみたいなぁ。
Commented by isaogermany at 2005-11-23 04:50
あぁこの映画大好きですよ。パリに遊びに行ったとき、アメリの喫茶店のモデルになったムーランルージュの近くのカフェにも行きました。なんていう名前だったかなぁ。去年の夏。思い出すとしんみりしてしまう。笑
Commented by amore_spacey at 2005-11-23 05:04
(゜謎゜)キャスティング・ディレクターへ。
小さいけどえろう要求が多てかなわんわ。
飛行機はシートちゃんと一人分とったらなあかんし
機内食にもうるさいし。

ワインの赤、紅白歌合戦の赤、猿のおしりの赤
Commented by amore_spacey at 2005-11-23 05:08
nouilles-sauteesさんへ。
この映画が大ブレイクして「アメリ」現象なるものが。って何?
ライブに行ったのですか?どこで?

同感!!!オードレイ、決して下手くそではないけれど
人気爆発で、あのイメージが強すぎて、なかなか脱皮が難しい?
「ダヴィンチ・コード」の彼女を見てみたい。
最初はルーブル美術館側がロケお断りって、
にべもなかったそうですね。
うんうん、カソビッツもよかった。
でもやっぱりホビットの小人爺ちゃんかなぁぁ(^^)
Commented by amore_spacey at 2005-11-23 05:11
冷奴ミミヅっ子洟垂れ奴へ。
わてが主演の「飴利」、一緒に昨日みましたがな。
いややなぁ、ミミヅっ子ちゃんたらもう忘れてしもて。
若いのに健忘激しいんやなぁ。かわいそ。

「ダヴィンチ・コード」、もう観ましたんかいな?
手ぇバタバタって、手旗信号でも送ってたんとちゃいまっか?
パリのお店やったら、やっぱり八丁味噌仕立ての
味噌汁飲みたいわーー。ジノリのお碗で。
Commented by amore_spacey at 2005-11-23 05:19
isaogermanyさんへ。
ムーラン・ルージュの近くということは
あのピンク街の近くってことでしょうか?(ん?記憶が定かでなくて…)
タバコ売りのあの会計のおばちゃん、いた?(笑)
ブラームス言うてたから、クラシック一筋に生きてるのかと思ったら
パリのアメリのバールに行っちまうなんて、ミーハーっち?!(笑)
ローマのカフェ・グレコみたく、大混雑してませんでしたか?
Commented by ミミヅク・頭の中に消しゴム at 2005-11-23 23:48 x
あり、そーだっけ。やっぱ脳みそ、探さないとヤバいわ。。まさか、ゴミに出してないだろーね。。味噌汁に入れたとか。。。ギャー。。お、「ダヴィンチ・コード」は原作読んだんや。。イメージ違いすぎ。
Commented by otto at 2005-11-24 01:11 x
Che sonno di film....

otto mereghetto
Commented by amore_spacey at 2005-11-24 02:17
パンツはき忘れたミミ奴へ。
「ダヴィンチ・コード」を読んだとな?
そっか、あん時はまだ脳みそがあったもんなー。
今は脳みそなしの生活で大変ぢゃな。

おお、どっかでミミちゃんの脳みそを見たなぁと思ったら
⑧大人のコーガンちゃんがくわえてたダネ。
ミミちゃんの脳みそ、意外にデカくて白いねーーー、ぎゃははっ。
Commented by amore_spacey at 2005-11-24 02:18
Caro 8,
Che noia che barba... per montare i raccordi...
Commented by isaogermany at 2005-11-25 06:58
そそ ピンク街の近くです^-^ あのカフェは、やっぱり映画で有名になったみたいで、観光客と思しきお客さんがたくさん来ていました。映画のカフェの雰囲気はそれほど残ってなかったなぁ、それはともかくコーヒー事体の味がよろしくなかったのが残念でした。
グッバイレーニンも見ないと行けませんね。ドイツ在住なら必見なのにまだ見てないです。
Commented by amore_spacey at 2005-11-26 00:02
isaogermanyさんへ。
やはり映画のロケ地はそういうことになるのですね。
あの八百屋さんも映画効果で商売繁盛してるかな?(笑)

そーーーです、グッバイレーニンは是非是非ご覧下さいね。
見れば見るほど味わい深いものがありますョ。
映像といい音楽といい役者たちといい、全てがよい!!

実はベルリンの壁崩壊までのいきさつを
歴史的に全然分かっていない私。ニュースで見て「ふ~ん」と思っただけ。
この映画でその頃の市民の日常生活を垣間見て
その当時ことをちょいと調べてみようかなと思いました。
   
  思っただけで、日常の雑事に埋もれたまま~(泣)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハッとするまなざし(男優編) ハッとするまなざし(女優編) >>