L'amore ritorna

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_2311680.jpg
【あらすじ】 南イタリアの小さな村を飛び出て映画の世界に飛び込み、押しも押されぬベテラン俳優になったLuca(Fabrizio Bentivoglio)。彼の次なる夢は映画督としてデビューすることだった。その作品の撮影は順調に進んでいたが、ある日とつぜん病に倒れ、精密検査の結果、入院することになった。俳優になることだけを夢見て突っ走ってきた彼は、あらゆるしがらみを断ち切ってここまで来たが、入院中には生まれ故郷から両親、別れた前妻Silvia(Margherita Buy)や若い恋人Lena(Giovanna Mezzogiorno)、監督や役者やアシスタント(Antonio Prisco)、そして親友のGiacomo(Sergio Rubini)らが、入れ替わり立ち代わり病室に見舞いにやってきた。しかし彼は撮影中の作品のことが、気になって仕方がない。


e0059574_2313177.jpg
なんとも摩訶不思議な作品だった。冒頭のシーンが、このあとどう繋がっていくのか?途中で何度も出てくる白いドレスの少女は誰?その意味は?そんな疑問や、過去と現在と非日常的なシーンが交錯して、シュールな雰囲気を醸し出しつつ、話はちゃんと中心軸に戻ってくる。役者になることだけを夢見て、ただ前を向いて走ってきたLucaが、初めて歩みを止めた。誰にもある人生の休憩時間。そして疎遠になっていた人々と再会を重ねるにつれ、役者でも監督でもない、肩書きのないありのままの自分を受け入れていく。その過程を演じるFabrizioがいい、彼のまなざしがとてもいいのだ。子どものように泣きじゃくったり怒り狂って携帯を叩きつける。喜怒哀楽が炸裂した彼に萌え~♪


e0059574_2314381.jpg
業界が映画だけに、彼を取り巻く人間模様がこれまた異色で波乱万丈。何と言っても前妻MargheritaとGiovannaの対決、これは見ものでした。今回は若さと舌の回転速度で、Giovannaが圧勝(笑) あそこで誰も仲裁に入らなかったら、流血戦は不可避でした。Michele Placidoお得意の機関銃の喋りは、深刻な雰囲気の中だっただけに、素っ頓狂で笑える。彼のややKY的な喋りや、妙にトーンの高い声が好きなんだなぁ。実生活で元夫婦だったSergio RubiniとMargheritaは、離婚後もよく共演している。痩せて貧弱で見栄えのしないSergioは、迫力に欠け鑑賞向きではないが、何度も繰り返して観たくなる作品が多い。彼は噛むほどに味わいのあるスルメのような人。←褒め言葉デス。

製作国:Italy
初公開年:2004年
監督:Sergio Rubini
キャスト:Fabrizio Bentivoglio, Margherita Buy, Antonello Fassari , Darío Grandinetti, Mariangela Melato, Giovanna Mezzogiorno, Michele Placido, Antonio Prisco, Sergio Rubini ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-02-11 02:31 | - Italian film | Comments(2)
Commented by turezure-italia at 2013-02-18 07:23
MargheritaとGiovannaはここで既に対決していたんですね!Giovannaが圧勝か…。実際にあったら、Margheritaは氷のような恐ろしさで最後に勝利を収めそう…。なんて想像してしまいました!

これはなかなか面白そうな作品ですね!機会があったら見てみたいです。

ルームメイトがテルミニ駅で、AccorsiとPierofrancesco Favinoを見たことがあるって話を聞いて、いいなあ、と思いましたよ。Stefanoに挨拶してみたらしいですよ。こんばんは、程度のものだけれど、ちゃんと返してくれたって言ってました。いいなあ~。ローマにいるんだから、そういうことがあってもいいのになあ、なんて思います。
Commented by amore_spacey at 2013-02-21 02:31
☆ turezureさんへ。
いつだったかのコメント欄で、MargheritaとGiovannaとLaura Moranteのヒステリー云々の話を書いた時には、まさか彼らの対決が実際にあったなんて知らず、この作品を観てびっくり仰天でした。迫力ありましたよ。このシーンだけでも見る価値があるかも?笑 LucaとGiacomoの関係が、なんだかイタリア人らしいなと思いました。

ローマに暮らしていれば、そういうことが日常生活の中で普通に起きるから、羨ましいですよね。熱しやすく冷めやすい私は、いまFabrizio Bentivoglioに一筋!彼もファンと普通に接してくれそうな気がします(*^^*)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Cape No.7 (海角七号... 臨場 劇場版 >>