20年後の君へ

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_345738.jpg
【あらすじ】 澤田雄一郎(中井貴一)は、一流商社で海外インフラビジネスを手がけるエリートサラリーマン。 ある日バングラデシュに出張で訪れた雄一郎は、アメリカにいるはずの娘、麻理子(忽那汐里)と遭遇する。 驚く父に、麻理子はバングラデシュの子どもたちを支援するNGOを主催している石川(向井理)の元でボランティアをしていると告げる。 「バングラデシュの人たちを豊かにするために何かをしたい」と夢を話すが…。


e0059574_35942.jpg
「またか」と思うようなよくある話だけど、最後に流れたテロップで、これが実話から着想を得た作品であることを知った。だったらドキュメンタリー仕立てのほうがよかったな。ドラマにするとどうしても口当たりよく味付けされ、都合のいいように編集されてしまう(=安易なハッピーエンド)。「な~んだ、いつものパターンか」と、たいして感動することなく見終わってしまう。それがとても残念。たとえ最初から結末が分かっていても、当事者が語るのと、役者の口を借りて語らせるのとでは、重みも深刻さも費やすエネルギーも全然違う。有り難味や達成感や幸せの度合いは、もっとちがうような気がする。当事者の生の声を、ちらっとでもいいから聞きたかったな。

今回はいつもの中井貴一(=生真面目なサラリーマン)を見ることができたので、安心した。彼の原点は、何だかんだ言っても真面目なキャラ。幾つになっても綺麗な原田美枝子は、歳を重ねるにつれてますます可愛らしい女性になってきた。憧れるわぁ。

製作国:Japan(TBS)
放映日:2012年7月1日
演出:石井康晴
主題歌:桑田佳祐 「愛しい人へ捧ぐ歌」
キャスト:中井貴一, 坂口憲二, 向井理, 忽那汐里, 田中圭, 浜田学, 岡本玲, 平泉成, 豊原功補, 原田美枝子 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-03-04 22:25 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by 松たけ子 at 2013-03-04 19:43 x
amoreさん、こんばんは!

お!このドラマ、リアルタイムで観ました!何か懐かし!
非ファンには区別がつかないと言われている(?)向井理と田中圭が、まさかの共演!と楽しみにしてたのですが、劇中ふたりは顔を合わせずガッカリ。兄弟役で再共演してほしいなあ。できれば、内館牧子先生のドロッドロ系ドラマで。ついでに坂口憲二も加えて。
坂口ケンちゃんと伊藤海猿が再共演(「天体観測」懐かし…)するドラマ、4月から始まりますね。観ようか観まいか迷ってます。amoreさん、ご覧になる?ゲイカップルのラブストーリー、ではなく、刑事ものだそうです。前者なら絶対観るんですが(笑)。
Commented by amore_spacey at 2013-03-07 01:01
☆ 松子さんへ。
やっぱり向井理と田中圭って、すごく似てますよね。向井くんのほうがいいけど。坂口憲二は『最後から2番目の恋』で初めて観たのですが、役柄のせいか何なのか?うーーーん、あんまり好きになれないタイプかも。そういえばここでも中井貴一と共演してますね。若い頃の伊藤くんは頼りなげで、風が吹いたら20mくらい吹き飛ばされそうなかんじだったけれど、なかなか男前になってきましたよね。>前者なら絶対観るんですが(笑)>←松子さん、素直で好きっ^^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Chocolate (チョコレ... RIII - Riccardo... >>