恋文 ~私が愛した男~ 全10話

私の呆れました度 ★★★★☆(99点)

e0059574_110794.jpg
【あらすじ】 出版社で働く竹原郷子(水野美紀)は、中学の美術教師をしている1つ年下の夫・将一(渡部篤郎)と結婚して10年。小学3年生の息子・優(すぐる 泉澤祐希)と3人で平穏な暮らしをしていた。しかしある日、夫は差出人名が田島江津子(和久井映見)の手紙と家の窓ガラスに桜の花びらを残して、とつぜん家を出て行った。江津子は将一の昔の恋人で、余命6か月の難病で入院していたのだ。


e0059574_1131367.jpg
自分の夫を余命6ヶ月の元カノに貸し出す?挙句の果て離婚?で、また再婚?って、何なんだ、これはぁ! 「ごめん」で済むなら、法律や警察はいらない。だいたいこんな話が成立してしまうこと自体、ありえない。『とんび』を観たあとだけに、リアリティのないぐちゃぐちゃしたシチュエーションや優柔不断な将一にはイライラしっぱなし。10円ハゲができました。人生舐めるんじゃない!内野聖陽と2人でリミニの海岸を走りながら、アドリア海に沈む夕陽に向かって叫んじゃうぞー。彼ならとっくの昔に、卓袱台ひっくりかえしてるよ。「とーちゃんはなぁ、将一をそんな風に育てた覚えはないっ!」「金輪際、実家の敷居をまたぐな」と拳を震わせながら、突き放したに決まっている。


e0059574_1132519.jpg
「将一には子どもっぽいところがあり…」って、、、子ども以下なんだよ、おいっ。勘弁してケロね。ミスターアンニュイ@渡部篤郎がダメ男をやれば、天下一品だったはずなのに、走らせれば首がぐらぐら、歩かせりゃ腰がふにゃふにゃのこんにゃく男。『外事警察』の時とぜんぜん違うじゃないか。ありゃあ、別人だったのか?それでもまだ渡部篤郎がいいと思う私の頭ん中って? 苦手な寺尾聰が、今回はちょっと良かったな。いしだあゆみの痩せ方が、、、コワイ。

製作国:Japan
放映日:2003年10月8日~12月10日
演出:新城毅彦, 酒井聖博
原作:連城三紀彦
脚本:岡田惠和
キャスト:渡部篤郎, 水野美紀, 和久井映見, 要潤, 国分佐智子, 能世あんな, 岡本信人, いしだあゆみ, 寺尾聰 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-03-13 01:15 | - Japanese film | Comments(4)
Commented by petapeta_adeliae at 2013-03-13 12:49
いつもの"お気に入り度”の他に”私の呆れました度”が
あったんですね。(笑)
連城三紀彦って流行った覚えかあります。それも読んだ
記憶があるのに。。。
能瀬あんな以外、ワタシでも知っている役者名ばかりで
作品自体よりギャラ予算飛んで行きそう。あらすじだけでも
苛々感が伝わり、笑っちゃいました(^_^;)
Commented by amore_spacey at 2013-03-15 00:36
☆ ソーニャさんへ。
第91回直木賞を受賞した連城三紀彦の作品を映画化したそうです。原作は読んでいませんが、もしドラマそのまんまの作品だったら、また10円ハゲが出来ちゃうかもしれないので、読みたくないなぁ、なんて思ったりしています。レビューを書きながら、憂さ晴らしをしてしまいました、ゴメンなさい!
Commented by 松たけ子 at 2013-03-16 14:40 x
amoreさん、こんにちは!
ありえない人間関係ですよねえ。あの人も大事この人も大事、な人っていますけど、そういう愛って質も量も薄くて少なくなる。私は一人だけに迷わずたっぷり愛を注ぎたいタイプですわ。
渡部あつろう、ブレイク前が好きでした。可愛かった。今はシワクチャの梅干し顔…すっかり芸能界のオトナの事情のせいで干されてた水野ミキ、最近ちょこちょこ復活?和久井映見は大好きなんだけど、最近は良い作品に恵まれてなくて残念です。
ルビーの指輪、こないだカラオケで歌いました♪
Commented by amore_spacey at 2013-03-18 01:09
☆ 松たけ子さんへ。
これね、突っ込みまくって観てましたョ。だからものすご~く疲れました。という私はブログ上では浮気性で、色んな国の男優をつまみ食いしてますが、実生活ではあれもこれも同時進行で器用にこなしていく人間ではないので、当然ながら恋愛においても1人に全てを注ぎたいタイプ。だから男性にとってはけっこう重くてうざいかも。それから歳のせいか?浮気や不倫が、超面倒くさい、ってのもあります。そんなヒマがあったら、別のことを色々やりたいなって。

私は梅干顔の渡部篤郎が好きです。『外事警察』を観て惚れ直しました(*^^*) クールな水野美紀も好感度高いです。あら、何かスキャンダラスな事件に巻き込まれたのですか?♪ルビーの指輪♪をカッコつけて歌う寺尾聰をみると蕁麻疹が出ちゃいますが、この作品の彼はすごくよかったです^^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Del perduto amore La lingua del s... >>